南米の旅、まずはメキシコ

公開日: メキシコ

南米の旅、まずはメキシコ

2016年8月31日

7月の中頃にオセアニアの旅から帰国して早、一ヶ月半。長かった俺たちの夏休みも終わり、いよいよ最終章、南米の旅が始まる。

今までに数十カ国を旅して来たけれども南米はハードルが高い。日本から遠いと言う意味でも、危険と言う意味でもアフリカと双璧をなす冒険の地だ。しかも、言葉がスペイン語。正直、スペイン語とか『ハスタラビスタ、ベイビー(ターミネーター2の決め台詞)』位しか知らない俺には言葉の壁が一番キツい。思いだせばロシアの旅は、すごく楽しかったけれども何言ってるのかさっぱりわからず苦労した。

俺たちは既に一年以上、旅をしている。働いていた当時に思い焦がれた『旅に出てぇーっ!!!』と言う欲求は既に満たされている。今は、そこまで旅したいと言うほどではない。不思議な事に働いてもいいかなとすら思える。

南米に行くのは大変だし、お金も掛かる。正直なところ、もういかなくてもいいかな?って言う気持ちもあった。すっごい悩んだ挙げ句、スーモで賃貸を探してみたり、リアルに社会復帰を考えてみたりもした。でも、人生で長期の旅に出るのはそれなりに大変な事だ。これから先、子供が出来たとしたらもっと大変だ。

今ならまだ半年くらい旅をする時間もお金もある。
昔から自ら望み、やっと手に入れた機会だ。

この機会をモノにしないで何が男なのだろうか?
俺の大好きな漫画『ガンダム ORIGIN』で、ランバ・ラルが妻のハモンに言う台詞がある。

ランバ・ラルの名言

流石、ランバ・ラル先輩!

今なら南米の旅に出る事が出来る、人生では今しか出来ない事を優先してやるべきだ。先延ばししちゃダメだ。実際にいくと決めると一気に面倒くさい作業に追われる事になる。

航空券は?宿は?現地の治安は?
またあの重い荷物を背負って、訳わからん町を彷徨うの?

誰に頼まれた訳でもなく、誰かの役に立つ訳でもなく、なんのしがらみもなく
俺たちが好きで始めた事だし、やりたくてやっている

でも、実際に準備に取りかかると

期待 < 不安 < 恐怖 < 責任 とプレッシャーが強くなってくる。特に責任と言うプレッシャーはかなり大きい。一人で旅をしていた時は 期待 < 不安 くらいしかなかった。それでも行ける機会があるのに行かないと言う選択肢は無い。 そんな訳で、成田から飛行機で約13時間以上かけてメキシコシティーに到着。二週間ほどメキシコを観光したあと、グアテマラまで飛んで一ヶ月くらいスペイン語を勉強しようかと思っている。 さぁいよいよ中南米の旅が始まるぜ!

公開日: : メキシコ

関連記事

メキシコの治安

メキシコの治安と物価 | 14泊15日の滞在費は6万6千円

2016年8月31日〜9月14日 結論から言うとメキシコの物価はかなり安く、満足度もか

記事を読む

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

俺たちは今までに約100件もの世界遺産をハントして来た。そんな俺たちが今までにハントした中で

記事を読む

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

メキシコシティの治安と物価 2016年9月1日 メキシコと日本との時差14時間、

記事を読む

古代都市テオティワカン | メキシコの世界遺産

古代都市テオティワカン | メキシコの世界遺産

2016年9月7日 雨期のメキシコで俺たちは、ずっと晴れの日が来るのを待っていた。メキ

記事を読む

メキシコシティにあるアステカ遺跡『トラテロルコ三文化広場』

メキシコシティにあるアステカ遺跡『トラテロルコ三文化広場』

9月9日 メキシコ人類学博物館で沢山の刺激を受けた俺は、メキシコシティ内にあるアステカ

記事を読む

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

俺は、サンクリストバル・デ・ラスカサスと言う町が好きだ。 自由な空気が流れ、オシャレな

記事を読む

ベカン遺跡(Becán)

カラクムル近郊にあるマヤ遺跡、ベカン遺跡(Becán)とバラムク遺跡(Balamku)が意外と凄かった

話は少し前後して、11月22日 俺たちは、カラクムル遺跡を目指してベリーズからメキシコ

記事を読む

メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

Museo Nacional de Antropologia 2016年9月7日

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これから中米の遺跡を旅する人は絶対によった方がいい博物館、それがメキシコ人類学博物館。ここに

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑