ビガンから天空都市『バギオ』経由で欧米人バックパッカーに人気の『サガダ』までの道のり

公開日: フィリピン

ビガンから天空都市『バギオ』経由で欧米人バックパッカーに人気の『サガダ』までの道のり

7月29日(水)

世界遺産の街ビガンからフィリピンの避暑地として有名なバギオを目指して10時にバスで出発。料金は338ペソ、所要時間は約6時間。数年前の地球の歩き方によると270ペソ位となっていたので値上がりしたのかちょっといいバスに乗ったのかもしれない。

ビガンからバギオを経由してサガダへの地図

俺たちが目指す目的地は世界遺産のある『バナウェ』。地図で見るとビガンからそんなに離れていないように見えるがここは山岳地帯で道がないので一旦、バギオまで出てバナウェを目指すと言うのが一般的なルートとなっている。

俺も最初は地図で見て、ビガン、バナウェと軽い気持ちでまわろうかと思っていたがよくよく調べると結構大変な道のりとなる。そんな訳で特に用がないバギオを経由してバナウェを目指す事となった。

バギオ(Baguio)

バギオはフィリピンの避暑地として栄えた街で標高1500mにある天空都市だ。

天空都市バギオ

たかだか標高1500m位で天空都市は言い過ぎだろうと思っていたのだがバスで山をひたすら登りバギオ付近に来ると雨が降ってきて辺り一面、霧に包まれた。まるで雲の中のようで正しく天空都市。

天空都市バギオ

よくもこんな山の上に人口30万の都市を作ったもんだと感心していたが街につくにつれて昔の香港のクーロン城のようなスラムが広がっていた、漫画に例えるなら大友先生の世界観。

天空都市バギオ

バギオは夏の避暑地で気温16℃だが山の上にある優雅な避暑地とはまるで違い、常に交通渋滞で空気が汚染されていた。こんなに狭い山間の土地にこれだけ人が住んだらどう考えても住みやすいとは思えない。もともと世界遺産のあるバナウェに行くための中継地として寄っただけだったので、面白そうなら二泊しても良かったのだがあまりにも空気が悪い為に一泊だけして早々に立ち去る事を決めた。

唯一よかったのはコリアンフードの通りがあってそこでサムギョプサルが食べれた事。お店の人がチゲっぽいスープまでサービスしてくれて二人で約400ペソ(1100円位)。久し振りにうまい飯が食えた。

7月30日(木)

朝10:30にバギオ発のザガダ行きのバスに乗り込んだ。バスはエアコン無しのオンボロバス、この旅いちばんの長旅にいちばんのボロバスときたもんだ。料金はひとり220ペソ、所要時間約7時間の割には安いかもしれないがハードなバス旅になる事を覚悟しなければならなかった。

山岳地帯は涼しいのでエアコンが無い事は特に問題では無いのだがバギオ街は排ガスが酷くてかなり辛かった。1時間もしないうちに排ガスエリアを抜けたのでボロバスでも快適な旅となった。

バギオからサガダへの道中

途中、山に掛かる虹まで見られると言うおまけ付き。フィリピンは今、雨期なので結構な確率で虹を見る事が出来る。

道中はひたすら山道でいろは坂なんて目じゃないくらいずっと曲がりくねった道を行く。幸いな事に俺たちはバス酔いしない体質なので助かったがバス酔いする人にこのルートはかなりキツい。

段々畑を営む人々、サガダまでの道のり

ひたすら山道をバスは行くのだがよくもこんなところに住むなと言うような山道に沢山の民家があり、山を切り開いて段々畑を作って生活を営んでいる。フィリピンは暑いから山岳地帯しか育たない野菜とかを栽培しているのかもしれない。

13時前に最初の休憩所に着き、結構美味しいシュウマイを食べられた。値段は4個で27ペソ(約75円)、結構高い。

石垣で出来たライステラス

途中、石垣のライステラスを見ることができ、バナウェとはまた違った雰囲気を味わえる。

山道をひたすら何時間も走り見渡す限り風景は山しか無い。どんな秘境に向かっているんだと期待に胸を躍らせながら17:00前にようやくサガダに到着。

6時間ちょっとの長旅で結構疲れた。二日連続で6時間以上のバス旅はなかなか堪えたがサガダは予想以上に面白そうな町で、さすがは欧米人バックパッカーに人気があると言われるだけありそうだった。あいつら結構良いところ知っているし。

実際、次の日には早速トレッキングに行ったのだけれどもめちゃくちゃ楽しかった。トレッキングの記事はまた後日。

公開日: : フィリピン

関連記事

フィリピン人の生活と家畜と常識

犬食べる?フィリピン人の生活と家畜とペットと常識

アイビー12歳。 彼女は学校から帰ってきたらペットの山羊『ミー』の世話をするのが日課だった

記事を読む

ジップライン

ジップライン | ターザンのように山から山へ飛んで行くアクティビティ

土曜日、相変わらず天気はよくない。この一週間は晴れわたる青空を見ていない。平日は基本的に勉強

記事を読む

フィリピン留学〜2回目〜 | まりこの感想

フィリピン留学〜2回目〜 | まりこの感想

2回目のプエルトガレラ留学へ 常々、英語は勉強しなきゃと思っている私ですが、勉

記事を読む

プエルト・プリンセサからお手頃価格で行ける1島1リゾートホテル、ドスパルマス

プエルト・プリンセサからお手頃価格で行ける1島1リゾートホテル、ドスパルマス

Dos Palmas Island Resort and Spa 憧れはあるがなかなか

記事を読む

プエルトガレラの学校からの眺め

プエルトガレラからマニラ経由でラオアグ(ラワグ)まで移動

今朝はとても天気が良く、庭から眺める海の色が美しい青色に輝いていた。この風景も見納めになると

記事を読む

ビガン歴史都市 | 16世紀のスペイン統治時代の街並みが今も残る世界遺産

ビガン歴史都市 | 16世紀のスペイン統治時代の街並みが今も残る世界遺産

ビガン歴史都市 英名:Historic Town of Vigan 第二次世界大戦の

記事を読む

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

ホテルの朝食の絶望的な不味さに挫折して朝食はコーヒーと目玉焼きのみとなった。フィリピンの食事

記事を読む

フィリピンのめちゃくちゃ可愛い子犬

フィリピンの可愛すぎる子犬と子猫の写真 | プエルトガレラ

土曜日、フィリピンに入国してから既に三週間が過ぎ去ってしまった。留学生活も残すところ後、一週

記事を読む

プエルトガレラ

世界で最も美しい湾のひとつ、フィリピンのプエルトガレラ

プエルトガレラはセブ島やボラカイ島など有名リゾートと違い、まだそのままのフィリピンの生活が残

記事を読む

フィリピンの食事

フィリピン料理の感想

フィリピンの代表的な食事と言ったら、レチョン(子豚の丸焼き)・シシグ(刻んだ豚の顔の

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑