プエルトガレラでの生活

公開日: フィリピン

プエルトガレラの夕日

プエルトガレラの生活はとてもまったりとしていて、毎日夕日を眺めている。昼間はけっこう暑いが夜はマニラと違ってそんなに暑くない。小山の中腹に住んでいるので周りには何も無く海から気持ちのよい風が吹いて来る。

一番近くの売店まで歩いて十分以上掛かる為に普段はお金を使う事もない。

1つ難点をあげるとすれば今は深刻な水不足の為にシャワーが使えない。汗だくでシャワーが浴びられないのはけっこうキツいが夕食の後に車でシャワーを浴びに行く事が出来る。一日一回の楽しみだ。

本当はいつでもそこに行けばシャワーが浴びられるのだけれども山を20分くらい歩かないと辿り着けない場所にあるので昼間、歩いて行っても帰ってくる頃にはまた汗だくになってしまう。

シャワーと言っても単なる公共の水場で、屋根も無い小屋っぽい場所にホースが一本あるだけ。それでもちょっと冷たい水を浴びるのはとても気持ちがよい。

野外シャワー

ある日、授業で先生が昨日の夕食の後は何をしていた?と質問してきたので昨日はシャワーを浴びに行ったよと話した。そこはどんな場所だ?と質問されたのでホースでシャワーを浴びたと言ったら先生が笑いながら

『それはシャワーじゃない、ホースだ』と言ってきた。

いや、そんな事わかってるよ、でも俺らにとってはそれが唯一のシャワーなんだ。

水不足は確かに問題だけれどもけっして悪い事だけではない、良い事もある。水不足なので当然、トイレの水も節約しているので男は見晴らしの良い丘の上から遠目に海を眺めながら立ちションをしている。

ここは男なら誰でも一度はここから放尿してやりたいぜ!と思うようなベストプレイスで、時と場合によっては金を払っても良い。実は昔、ここに来たときもここから立ちションしたら最高だろうなぁと思っていたが、大人のたしなみとして止めておいた。それが今では合法的にOKとなり解禁された。最高だ。

野外トイレの風景

この贅沢なロケーションをトイレに使っている。

このトイレは確かに最高なのだけれども全く雨が降らないので、サンサンと降り注ぐ太陽によって最近、もぁ〜っと香るようになってきた。早く雨が降って欲しい。

ちなみにこの場所は雨期になると一面に蛍がが飛び交いとてもロマンチックな場所となる。俺たちが帰る前には蛍が出てきて欲しい。

フィリピンでは停電や水不足などがすぐに起きる。日本と違ってまだ原始的な生活がすぐそこにあり、電気の無い家に住んでいる人も沢山いる。俺にとってそう言う事はあまりストレスにならず、ま、しょうがないかな程度の問題だけれどもWi-Fiが遅い事はストレスとなっている。

シャワーよりもWi-Fiの速度がストレスになってしまう俺は、まだまだIT体質から抜け出せていない。

公開日: : フィリピン

関連記事

ハンギング・コフィン

フィリピンの秘境サガダのエコーバレーにあるハンギング・コフィン

サガダの安宿で出会った欧米人夫婦とトレッキング Sagada | Echo Valley

記事を読む

プエルトガレラで英語の語学留学

プエルトガレラで英語の語学留学

現在、プエルトガレラと言う場所で英語留学をしている。ここはマンツーマンの個人レッスンが受けら

記事を読む

ビガン到着

ラオアグからビガンの安宿、ビガンホテルまでの道のり

朝、八時半にラオアグ(ラワグ)のホテルをチェックアウトして世界遺産の街ビガンを目指すためにバ

記事を読む

フィリピンの食事

フィリピン料理の感想

フィリピンの代表的な食事と言ったら、レチョン(子豚の丸焼き)・シシグ(刻んだ豚の顔の

記事を読む

パオアイのサン・オウガスチン教会の正面

フィリピンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

2014年、6月に『ハミギタン山岳地域野生動物保護区』が世界遺産として登録。 フィリピ

記事を読む

マニラに到着

マニラに到着 | 旅立ち編

旅立ち 朝六時、眠たい目をこすりフラフラしながら起きると窓の外は薄暗く、シトシトと雨が

記事を読む

プエルトガレラ

世界で最も美しい湾のひとつ、フィリピンのプエルトガレラ

プエルトガレラはセブ島やボラカイ島など有名リゾートと違い、まだそのままのフィリピンの生活が残

記事を読む

プエルトガレラの海の洞窟

海の洞窟と水族館のようなシュノーケリング | プエルトガレラ

プエルトガレラはユネスコのサポート機関から「世界で最も美しい湾のひとつ」と認定されていている

記事を読む

フィリピンの旅 | まりこの感想

フィリピン留学 数年前に3カ月間の大好きなフィジーへ英語の短期留学を経験していた私

記事を読む

フィリピンで語学留学と世界遺産を巡る46日間の旅 | 冒険の記録

フィリピンで語学留学と世界遺産を巡る46日間の旅 | 冒険の記録

8月11日 朝、気持ちよく晴れた青空を見上げると1羽の白い鳥が南国の木のあいだを羽ばた

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑