シャシャマネからわずか24時間でバンコクに辿り着く

公開日: エチオピア タイ

バンコクのカオサンロード

シャシャマネからアディスアベバまでのミニバン

2月22日

早朝よりミニバンに乗ってアディスアベバへ。料金はひとり140ブル(約760円)、タコ詰めのハイエースで、4人がけの後部座席に5人も乗せられた。相変わらずエチオピアの陸路はキツイ・・・

アディスアベバのバス停は、街までかなり遠くの場所にあり、バスを乗り換える必要がある。俺たちは、面倒くさいからタクシーで、地球の歩き方に載っていたタイトゥホテルまで行くことにした。

バスを降りるとワラワラと人が寄ってくるけれども、どのタクシーも言い値がべらぼうに高い。でも、もう疲れていたので、230ブルで行ってくれると言うタクシーに乗り込んだ。するとタクシードライバーと俺らにまとわりついていた男が、言い争いをはじめた。

大声で怒鳴り合いながらタクシードライバーが、その男を振り切りった。俺たちがどうしたんだ?と聞くと、あの男が、俺たちを紹介したから金をよこせと言ってきたらしい。手を挙げて、このタクシーを止めたのは俺たちなのに・・・

この国は、何にもしていないのに、まとわりついてお金だけ請求する輩が多くてゲンナリとする。

タイトゥホテルで航空券のブッキング

老舗のタイトゥホテルは、老舗と言うだけあってボロい。料金は200ブル〜800ブルくらいまでのランクがあって、俺たちが泊まる事にした部屋は420ブル(約2200円)。値段のわりにボロくて、前日まで泊まっていたシャシャマネのリフトバリーホテルが恋しくなった。

アディスアベバでやりたい事は、特になかったので早めにバンコクへの航空券を取る事にした。
久し振りのWi-Fiだ、そう言えばアルバミンチ以降、南エチオピアではネットが繋がらなかった。

タイトゥホテルで、遅めの昼食をとりながらバンコク行きの航空券を探すと、なんと翌日の0時過ぎのフライトが空いている。

翌日と言うかほぼ今夜だ。

タイトゥホテルで一泊分の料金を払ってしまったけれども、もうエチオピアはお腹いっぱいだ。

よし、決めた!
もうバンコクに行くぞ!

俺たちはシミエン国立公園の頃からの念願だったバンコクへ、その日のうちに向かう事にした。

試験導入中の世界遺産ハンター冒険マップに今回のルートを引いてみた。

バンコクパラダイス

まさかシャシャマネを出てから24時間以内にバンコクまで辿り着けるとは思っていなかった。

バンコクのスワンナプーム空港に到着すると安堵の気持ちに包まれた。バンコクは何度も来ているので勝手が分かるし、この国ではもう、むやみやたらと話しかけられる事も無い。日本人なんか珍しくも無い。

久々のブッキングドットコムで、ちょっと贅沢なバスタブ、プール付きのサービスアパートメントを予約した。お値段はたったの1100バーツ(約3500円)。

ウォーターフォード リゾート

値段のわりに快適だったので、次回もバンコクに行く際には、ここに泊まろうと思う。

タイの飯は安くてうまい

そして何とっても飯だ。
タイ飯は安い上にうまい!

やせ細った身体にタイ飯が染み込む
エチオピアの飯は、味のわりに高かった。

やっぱりバンコクは最高だ!
俺が今まで行った国の中で、もっともコストパフォーマンスの高い国はタイだと思う。

さらに!この疲れた身体を癒すのはタイマッサーだ!
わずか200バーツ(約700円)で、なんと一時間もタイマッサージを受ける事が出来る。

エチオピアに比べるとまるで天国だ!

うっひゃー
最高だぁー!

タイの世界遺産、一覧

公開日: : 最終更新日:2019/02/13 エチオピア タイ

関連記事

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

2月19日 朝から車を押しがけし、砂埃にまみれて数時間、ブルジャンプとむち打ちのイベン

記事を読む

ヤングエイジ

長旅を楽しむコツ | Young Age Vol.10

2001年6月28日 旅は最高に楽しかった。 俺は絶好調だった。 ただ、最高の

記事を読む

今、旅人の間で世界一の絶景として注目される場所のひとつ、『エチオピアのダナキル砂漠』初日 | 鏡張りのソルトレイク編(塩湖)アサレ湖

今、旅人たちの間で世界一の絶景と注目される『ダナキル砂漠ツアー』| 鏡張りのアサレ塩湖編

ダナキル砂漠ツアー 最近は日本人の間で世界一の絶景としてボリビアにあるウユニ塩湖上げる

記事を読む

カイヤファール(keyafer)のマーケット

カイヤファール(keyafer)| バンナ族のマーケット

午前中、ムルシ族の村を見学したあとカイヤファール(keyafer)のマーケットへと向かった。

記事を読む

ヤングエイジ09

旅の開放感 | Young Age Vol.09

2001年6月27日 当初の目的地であるチャウエンビーチを目指す事にした。 突発的な

記事を読む

ミドルエイジ

ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く その後

ダイビングのライセンスを取ったその後 もうすぐ帰国、、、 2008年09月20日

記事を読む

逃げ出した先の楽園

逃げ出した先の楽園 | Young Age Vol.07

1998年 ベルセルク16巻でガッツは言いました。 逃げ出した先に 楽園なんてあり

記事を読む

コ・サメット

旅の終わりにバンコクでオフタイム | 7泊8日の贅沢な旅費は約5万5千円 + 飛行機代が15万円

サメット島にて 2016年2月23日〜3月1日 最高に楽しかったけれどもボロクソに疲

記事を読む

パンガン島へ | Young Age Vol.11

写真は2016年に撮影したパンガン島の綺麗な海(バンタンビーチではない) 2001年6

記事を読む

ミドルエイジ

ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く | ヤングエイジ外伝 「ミドルエイジ」

2001年7月 初めてタオ島に来た時、いつかダイビングのライセンスを取るのだと心に決めた。

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑