旅の開放感 | Young Age Vol.09

公開日: タイ ヤングエイジ

ヤングエイジ09

2001年6月27日

当初の目的地であるチャウエンビーチを目指す事にした。
突発的なスコールにやられ偶然にも泊る事となったトムの宿は居心地がよく、ついつい長居してしまった。

今にして思えば、その場所が気に入ったのならば居たいだけいればいいのだが当時はまだ、旅の本質は移動する事だと信じ込んでおり先を急いた。

15年後、この場所は思い出のかけらも見当たらなくなってしまっていると言うとこには当然、気がつかない。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

旅の開放感 | Young Age Vol.09

朝、トムとブルース・ウィリス似のイギリス人に別れを告げ宿をチェックアウトした。
たった三日だったが馴染みの顔ができると移動するのが寂しい。

気を取り直してバックパックを背負い、バスが出ているラマイビーチに向かって歩き出した。
たった1キロの道のりだが南国の太陽は容赦無く降り注ぎ、暑さにやられクラクラしてきたので木陰に腰をおろす。

そう、俺は一人で旅をしている。
疲れたら休めばいい。
眠ければ宿を探せばいい。
無理をする必要は全くない。

ふと、ものすごく自由な気持ちになった。

東京で働いていた時、昼休憩は1時間だとか、小休憩は10分だとか沢山のルールを決められていた。
冗談じゃねーっつーの!

馬鹿馬鹿しいとか思いながらもお金のためにルールに従っていた。
やってられっかボケぇ!

今は全部、俺の時間。
これが俺の人生。

一人でタバコをふかしながら思わず笑ってしまった。
はたから見たらただの危ないやつ。

元気を取り戻した俺はまた歩き始めた。

ラマイビーチの入り口で朝食を取る事にした。
相変わらずチャーハンしか頼まない。

食堂の店員が俺のことを知っていると話しかけてきた。
「俺も同じ電車でスラタニに来て、同じフェリーでサムイ島まで帰って来たんだよ」
「これからどこに行くんだい?」

サムイ島も意外と狭い。
「チャウエンビーチに行くんだ」
と答えると

それなら安いピックアップバン(乗り合いタクシー)で行くといいと言って車を捕まえてくれた。
この島の人々は親切な人ばかりだった。

チャウエンビーチでは、旅の地図帳に載っていた安宿のチャーリーズハットバンガローに泊る事にした。
宿の店員は無愛想で、料金は個室で一泊200バーツ(600円ちょっと)。

トムの宿と同じ料金だが部屋は狭く、明かりが少ない。今にして思えばトムの宿はかなり快適だったが、荷物を背負って他の宿を探すのも面倒だったのでそのまま泊る事にした。

隣の部屋に泊まっている白人と2、30分くらい小話をして町に出た。
下手くそながらにも1対1なら英語で会話できる自分が誇らしかった。
こう言うことがしたくて英語を一生懸命に勉強したのだから。

内心、ようやく俺の時代がやって来たのだと感じていた。

あ〜、旅とはなんと素晴らしいものだろう
ガキの頃からスナフキンに憧れ、24歳にしてやりたかったことの一つを今、している。

人間、本当にやりたいと思った事は出来る。
何かの本で読んだ言葉を思い出す。

人間、想像できる事はやれば大体できる。
出来ない事は想像すら出来ない。

素晴らしい名言だ。

あとがき

日記を読んでいてまず思い出す事は、毎日毎日、携帯電話を売りながら仕事に時間を飲み込まれる日々が嫌で嫌でたまらなかったのだなと言うこと。日々のストレス、そして旅に出てからの開放感。しきりに俺の時代だとか俺の世界だとか俺の人生が始まったみたいな事が書かれている。

旅に出たくらいじゃ人生は変わらない。
でも、人生を変えるきっかけを掴むこともある。

若い時なら影響も大きい。

事実、俺はこの旅をきっかけに人生が拓けた。
退屈で仕方のなかった携帯販売の仕事を辞めてWEB制作の勉強を始めた。

今は、この旅の後に学んだ技術のおかげで飯が食えている。
10数年後には世界中を旅行することが出来たのはこの旅があったからだ。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

公開日: : 最終更新日:2018/11/16 タイ ヤングエイジ

関連記事

マーライオン

インドネシアのバタムアイランドへ | Young Age Vol.23

写真は2016年に撮影したセントーサ島にある最大サイズのマーライオン 2001年 ま

記事を読む

バンコク・カオサンロード

微笑みの国へ | Young Age Vol.02

2001年6月20日 デジタルがアナログを駆逐する少し前の時代。 人々は、フィルムカ

記事を読む

ペナン島のウォールアート

マレーシアの首都クアラルンプールへ | Young Age Vol.16

ペナン島での日々 2001年7月11日 マレーシアに入国したはいいが、特に興味の

記事を読む

パンガン島へ | Young Age Vol.11

写真は2016年に撮影したパンガン島の綺麗な海(バンタンビーチではない) 2001年6

記事を読む

ジャラン・ジャクサ

旅人の街、ジャランジャクサ | Young Age Vol.30

1998年 日本の初出場となったフランスW杯 中田のプレーは海外のクラブに認められ、イタ

記事を読む

ジャカルタ到着

レボリューション! | Young Age Vol.29

2001年7月23日 アップルが音楽業界を牛耳る前 人々はディスクマンやMDプレイヤ

記事を読む

シンガポール

俺はいったいこんな所で何をしているんだろう? | Young Age Vol.21

2001年7月18日 安っぽい金属製パイプの二階建てベッド 俺はシンガポールの安宿で

記事を読む

タイの物価と治安 | 18泊19日の滞在費は約11万6千円、飛行機代が約6万円

2016年6月19日 〜 7月7日 1バーツ = 3.1円で計算 マレーシアを抜

記事を読む

ヤングエイジ12

タオ島 | Young Age Vol.12

写真は2016年パンガン島にて 2001年7月1日 いよいよ七月に入った。 け

記事を読む

ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシアの世界遺産)

ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシアの世界遺産)| Young Age Vol.34

プランバナン寺院群を散歩をしていると不意に 『写真をとりましょうか?』 と流暢な

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑