アンゴラの世界遺産『ンバンザ=コンゴ、旧コンゴ王国の跡』

公開日: 世界遺産

ンバンザ=コンゴ、旧コンゴ王国の跡 | アンゴラの世界遺産

アンゴラの世界遺産

2017年にポーランド・クラクフで行われた世界遺産委員会で『ンバンザ=コンゴ、旧コンゴ王国の跡』がアンゴラで初めての世界遺産に登録された。

アンゴラは旧ポルトガル植民地で1961年から始まるアンゴラ独立戦争で1975年に独立した。しかし、独立ごも2002年まで内戦が続き、内戦終結後は石油やダイヤモンドなどの豊富な資源で急激な経済発展を遂げた。ポルトガル語で、通貨はクワンザ (AOA)、宗教はキリスト教(主にカトリック)が半数以上で残りは土着宗教。

ンバンザ=コンゴ、旧コンゴ王国の跡

英名:Mbanza Kongo, vestiges of the capital of the former Kingdom of Kongo

ンバンザ=コンゴは、アンゴラ北西部ザイーレ州の州都で14世紀〜19世紀にかけてコンゴ王国の首都だった場所でサン・サルヴァドール(ポルトガル語)と呼ばれていた。15世紀にポルトガル人がやってきてヨーロッパの石造建築方法が取り入れられた。主な産業は金と奴隷でポルトガルからは陶器などが輸入された。また、1483年にやってきたポルトガル人により、国王がカトリックに改宗した。

この街はブラックアフリカ最古の教会だとも言われる1549年に建設された大聖堂の廃墟もある。(ンクルンビンビ nkulumbimbi)

アンゴラの物価

旅行者が気になる点と言えば物価の高さ。発展途上国の割に物価が高く、世界一、物価の高い国とまで言われている。公式レートと実際に取引されているレートの差が2倍以上あると言われ、公式レートで換金してしまうとかなり高くつくそうだ。

ネットで調べた情報によるとノートが2000円とかハンバーガーが数千円とか『嘘だろ?』みたいな値段設定になっている。実際に行けば、おそらくそこまでは高くないのだと思うけれども、物価が高いことは事実のようで東京以上に高いと言うことは覚悟しないといけない。

そう考えるとわざわざ行きたい国だとは思えない、多分、行かないかな。

アンゴラの治安

アンゴラは決して治安がいいとは言えない。長く内戦が続いていた為に撤去されていない地雷が沢山あるし、交通マナーが悪い為に交通事故が多発している。また、首都のルアンダなどでは強盗などの凶悪犯罪も起きているので、夜は出歩かない方が無難。ただ、気をつければ旅をできないほど治安が悪いと言うことはないそうだ。首都のルアンダなどはあの悪名高いケニアのナイロビくらい治安が悪いそうだ。

公開日: : 世界遺産

関連記事

イルカ自然保護区

トトロの森みたいなイルカ自然保護区 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

この記事は、2016/05/05に書いた"世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミ

記事を読む

世界遺産

2015年に新たに追加された世界遺産リスト

2015年6月に文化遺産23件、自然遺産0件、複合遺産1件の計24件が登録され、世界遺産の数

記事を読む

キプロスの世界遺産、一覧

キプロスの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

キプロス共和国はトルコ、南の東地中海にあるキプロス島にあり、1974年以来、南北に分断されて

記事を読む

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

リガ歴史地区 Historic Centre of Riga 1997年、世界文化遺産に

記事を読む

大政奉還が行われた二条城 | 世界遺産『古都京都の文化財』

大政奉還が行われた二条城 | 世界遺産『古都京都の文化財』その13

龍安寺を出た後、預かっていてもらった荷物を取りに仁和寺へ戻り、二条城を目指す。仁和寺から二条

記事を読む

世界遺産

2017年に新しく追加された世界遺産、21件

ポーランドのクラクフで開催された2017年の世界遺産委員会で登録された新たな世界遺産、文化遺

記事を読む

マケドニアの世界遺産 | オフリド地域の自然遺産及び文化遺産

マケドニアの世界遺産 | オフリド地域の自然遺産及び文化遺産

写真は世界遺産に登録されているスヴェーティ・ヨヴァン・カネオ聖堂とオフリド湖 出典:Ele

記事を読む

石庭で有名な龍安寺 | 世界遺産『古都京都の文化財』

石庭で有名な龍安寺 | 世界遺産『古都京都の文化財』その12

小雨が降る中、金閣寺から龍安寺へ。龍安寺は仁和寺と金閣寺の間にあるので距離にして1.5キロ位

記事を読む

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

12月23日 オコシンゴでトニナ遺跡を見た後、俺たちはユネスコの世界遺産『古代都市パレ

記事を読む

タリン歴史地区(旧市街) | エストニアの世界遺産

タリン歴史地区(旧市街) | エストニアの世界遺産

世界遺産のあるタリンの旧市街は、港から徒歩圏内にあり、フィンランドから日帰りで気軽に観光する

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑