ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

公開日: スペイン 世界遺産

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

バルセロナを代表する建築物と言えばもちろんサグラダ・ファミリアをはじめとする『アントニ・ガウディの作品群』だがバルセロナには、もう一人の巨匠が作り上げた世界遺産がある。

バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院

Palau de la Música Catalana and Hospital de Sant Pau, Barcelona
20世紀初頭のバルセロナにおけるアールヌーボー様式
1997年、世界文化遺産に登録 2008年に登録内容が変更

建築家リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー(1850~1923年)によって、モデルニスモ(アールヌーボー)の様式で建設されたカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院は20世紀初頭のバルセロナにおけるアールヌーボー様式を伝えるものとして世界遺産に登録された。

なんとこれらの作品を作り上げたリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーは、後に最大のライバルとなるあのアントニ・ガウディの師匠でもあったのだ。彼の信念は「芸術は人を癒す」という事で、建物を使用する人々への深い愛情がその建築にこもっていると言われている。

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)

1930年に完成したこの病院は、2009年まで診療がおこなわれていたが老朽化のために閉鎖された。現在は8ユーロで見学が可能となっている。

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)

サグラダ・ファミリアの近くあり、徒歩で見学に行くことが可能。ただ、俺たちはサグラダ・ファミリアに圧倒されまくってしまったのでサン・パウ病院は外から見学するだけとなってしまった。

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)

入場料の8ユーロは地味に痛い。バルセロナの世界遺産はこの『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』と『アントニ・ガウディの作品群』に含まれる9件の建物が登録されているがどの建物も10〜20ユーロ前後の料金が掛かる。俺たちは二人なので全部に入場していたら3〜4万円相当の入場料が掛かってしまう。

バルセロナはマジで入場料高すぎ・・・

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)

そんな訳でサン・パウ病院は外観だけ楽しむ事にした。

カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)

建築家リュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネー(Lluís Domènech i Montaner)によってムダルニズマの様式で設計されたコンサートホール。

カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)

入場料は21ユーロ。マジで高すぎ・・・
本当は、カタルーニャ音楽堂には入ろうかと思っていたのだがガウディ建築がすご過ぎて、ついカサ・バトリョに行ってしまった為にこちらは入場出来なくなってしまった。

カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)

中はこんな感じらしい。
かなり豪華で期待していたんだけどカサ・バトリョを見たいと言う欲求の方が強くて今回は断念。

カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)

外から見える中。頑張ってこれだけ写真撮れた。

カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)

こんな感じの場所にある。ここは結構入ってみたかったのだけれども二人で5千円とか考えると気軽には入れないのが辛いところ。世界遺産は全部で1000件以上あり、その大半は複数の建物でひとつの世界遺産だ。つまり、数千件以上もの建物が登録されていると言う事になる。せっかくなのでと全部に入場していたら入場料だけで数百万円ではすまない為に俺たちは、なるべく入場料は払わない事にしている。

そんな訳で結局『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』はどちらも中に入れなかった。バルセロナの観光料金は俺たちにはマジで高すぎる。

公開日: : スペイン 世界遺産

関連記事

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

コンゴ民主共和国は1997年に国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。首都はキン

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

海岸寺院

世界遺産の町、マハーバリプラムの海岸寺院

南インドで最初の石造寺院と言われる海岸寺院 8世紀になるとインドの建築様式が石窟寺院か

記事を読む

ガーナの世界遺産、一覧

ガーナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ガーナ共和国は西アフリカにあるイギリス連邦加盟国で公用語は英語、首都はアクラ。ダイヤモンド、

記事を読む

メキシコの世界遺産一覧

メキシコの世界遺産、一覧 全34カ所のリスト

中南米で最も世界遺産の多い国、メキシコ。 オルメカ文明、古代マヤ文明、アステカ文明、冒

記事を読む

ケニアの世界遺産、一覧

ケニアの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

ケニア共和国は旧イギリス植民地だったので公用語が英語で比較的、旅行がしやすい。元々の言語は「

記事を読む

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

サンサンと降り注ぐ太陽の光がベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場を強烈に照らし、なんとも神々し

記事を読む

聖ヴァシーリー聖堂(聖ワシリイ大聖堂)

ロシアの世界遺産、一覧 全26カ所のリスト

2016年の世界遺産の多い国ランキングでは第9位の世界遺産大国ロシア。特に行ってみたいと思っ

記事を読む

ムルシ族

エチオピアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

エチオピア連邦民主共和国は、モロッコと並びアフリカ大陸でもっとも世界遺産の多い国で、アフリカ

記事を読む

ラオスの世界遺産

ラオスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ラオスには2カ所の世界文化遺産がある。いつの日かたっぷりと時間をかけてラオス2カ所、タイ5カ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑