カメルーンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

カメルーンの世界遺産、一覧

カメルーン共和国の首都はヤウンデで、公用語はフランス語と英語。通貨はCFAフラン (XAF)で宗教はキリスト教が約70%、イスラム教が約20%。治安はあまり良く無く、特に北部では日本の外務省より退避勧告が出ている。また、エボラ出血熱流行国付近にある国なので今回の旅行では行かない事にしているが世界遺産だけは軽く調べておく。

世界自然遺産

ジャー動物保護区

英名:Dja Faunal Reserve
アフリカで手つかずの自然が残る最大の熱帯雨林
1987年、世界自然遺産に登録 / (ix)(x)

ジャー動物保護区は5260km2に及ぶ自然保護区で、アフリカで手つかずの自然が残る最大の熱帯雨林となっており、首都ヤウンデの東南にある。ニシローランドゴリラ、マンドリル、コロブスやタラポイン、マンガベイ、アンテロープ、アフリカスイギュウ、イボイノシシ、モリイノシシ、ヒョウ、シタツンガやボンゴ等が生息している。また、1500種類以上の植物が生息している。

サンガ川流域の3カ国保護地域

英名:Sangha Trinational
三ヶ国の国立公園によって構成された世界遺産
2012年、世界自然遺産に登録 / (ix)(x)

サンガ川流域の3カ国保護地域は、コンゴ盆地の国際的な自然保護区でカメルーンのロベケ国立公園、コンゴ共和国のヌアバレ=ンドキ国立公園、中央アフリカ共和国のザンガ=ンドキ国立公園の三ヶ国の国立公園によって構成された世界遺産で、ニシローランドゴリラ、マルミミゾウなどの希少動物たちが生息している。

公開日: : 世界遺産

関連記事

世界遺産

2015年に新たに追加された世界遺産リスト

2015年6月に文化遺産23件、自然遺産0件、複合遺産1件の計24件が登録され、世界遺産の数

記事を読む

クリシュナのバターボール

クリシュナのバターボール | マハーバリプラムの世界遺産

クリシュナのバターボールは、インド南部タミル・ナードゥ州カーンチプラム県にある世界遺産で、一

記事を読む

イルカ自然保護区

トトロの森みたいなイルカ自然保護区 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

この記事は、2016/05/05に書いた"世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミ

記事を読む

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群

世界10カ国をまたぐ珍しい世界遺産『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群 Struve Geodetic Arc 北

記事を読む

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

12月8日〜9日 俺たちは、メキシコシティから日帰りで行く事も出来る世界遺産『プエブラ

記事を読む

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) Duomo (S. M

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

12月4日 ヴェネツィアから電車で約1時間で行ける世界最古の植物園、パドヴァの植物園(オル

記事を読む

パラグアイの世界遺産

パラグアイの世界遺産

パラグアイ共和国の首都はアスンシオンで、公用語はスペイン語、グアラニー語。宗教の選択は自由だ

記事を読む

セーシェルの世界遺産、一覧

セーシェルの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

セーシェル共和国は、インド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国。首都はヴ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑