エルサルバドルの世界遺産

公開日: 世界遺産

エルサルバドルの世界遺産

エルサルバドル共和国の首都はサンサルバドルで公用語はスペイン語。米州大陸部全体で最小の国家だが人口密度は米州最高の国家となっている。通貨はUSドルが使用されている。この国は12年も内戦が続いてた国で現在の治安はギャングの抗争が絶えず非常に悪いと言われている。治安の悪さからあんまり行きたいと思わない国のひとつ。

中南米では現地近くで旅人からの生の情報を集めながら恐る恐る旅をしようと思う。ぼられたり、詐欺にあったりと言うのは注意のしようもあるが、有無を言わさない力ずくの強盗は出会ったら終わりなのでとても恐ろしい。

世界文化遺産

ホヤ・デ・セレンの古代遺跡

英名:Joya de Cerén Archaeological Site
マヤの庶民の生活がわかる遺跡
1993年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)

ホヤ・デ・セレンの古代遺跡は、ラリベルタ県で1976年にペイソン・シーツによって発見された古代マヤ文明時代の村の考古遺跡でエルサルバドル唯一の世界遺産。先コロンブス期のマヤ農耕民の集落が火山灰層に埋もれたまま保存されてた事から「メソアメリカのポンペイ」の異名を持つ。ホヤ・デ・セレンはスペイン語で「セレンの宝石」と言う意味。この遺跡は600年頃の火山の大噴火によって埋没したと考えられている。他の立派なマヤ文明の遺跡とは違い、マヤの庶民の生活がわかる遺跡となっている。

公開日: : 世界遺産

関連記事

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 英名:Church of the Ascension, Kol

記事を読む

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 Historic Centre of Kraków 1978年、世界文

記事を読む

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

サンサンと降り注ぐ太陽の光がベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場を強烈に照らし、なんとも神々し

記事を読む

スペインの世界遺産、一覧

スペインの世界遺産、一覧 全45カ所のリスト

スペインは2016年、世界遺産の多いい国ランキング弟3位の世界遺産大国で圧倒的な数の文化遺産

記事を読む

世界遺産

2018年に新しく追加された世界遺産、19件

2018年6月24日~7月4日 バーレーンのマナマで開催された第42回世界遺産委員会で登録

記事を読む

イルカ自然保護区

トトロの森みたいなイルカ自然保護区 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

この記事は、2016/05/05に書いた"世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミ

記事を読む

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

12月4日 ヴェネツィアから電車で約1時間で行ける世界最古の植物園、パドヴァの植物園(オル

記事を読む

世界一おおきな砂の島『フレーザー島』 | オーストラリアの世界遺産

世界一おおきな砂の島『フレーザー島』 | オーストラリアの世界遺産

オーストラリア、クイーンズランド州にある世界でもっとも大きな砂島、フレーザー島(Fraser

記事を読む

モーリシャスの世界遺産、一覧

モーリシャスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

モーリシャス共和国はインド洋のマスカレン諸島にある国で首都はポートルイス。言語は主にフランス

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑