ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

公開日: エチオピア 世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域

1979年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)

17世紀〜18世紀にかけてゴンダール期の首都だった場所で、歴代皇帝が居城や聖堂を建造した王宮群。

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

2月14日

前日にシミエン国立公園のトレッキングを終えた俺たちはそのまま世界遺産のある町、ゴンダールまでダイレクトに送ってもらった。デバルクからゴンダールまでは車で約2時間、ツアーオーガナイザーのギンベイたちの車で一緒に来たのでとても快適だった。料金はツアー代金に含まれているとの事で無料。

ギンベイの拠点はデバルクよりゴンダールのようで、その後も何回か町で会った。その度に何か困った事は無いかと世話を焼いてくれ、色々と教えてもらった。

前日までのトレッキングでドロドロに疲れ果てていたので午前中はゆっくりと寝て、午後からゴンダール城を目指す。料金はひとり200ブル(約1100円)で、最新版の地球の歩き方に記載されている料金の倍になっている。

いくらなんでも高すぎだろ・・・
京都のお寺よりも高い金額だ。

そうは言ってもゴンダールまでわざわざ来ておいて世界遺産をハントしないって選択肢は無い。渋々ながら二人分の400ブル(約2200円)を払う、この金額は俺たちの泊まってたホテルよりも高い金額だ。

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域

敷地内に入るとまるでヨーロッパのような風景が広がっていた。俺たちはヨーロッパでも散々世界遺産をまわっていたがアフリカでこう言う風景を見るとなぜかテンションが上がる。はっきりとわかっている訳ではないがインドの建築家によって建築されたと言われている。

この日は天気も良く、前日までのハードなトレッキングから一転してほのぼのとした世界遺産観光。敷地内をゆっくりと散歩するとまるでヨーロッパに戻ってきたかのような安堵感がある。

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域

主な建造物は『ファシリデス帝の宮殿、城、聖堂、修道院など』、『ヨハンネス1世の図書館』、『イヤス帝の宮殿』、『ダウィト3世帝の歌の館、宴の館』、『バカッファ帝の謁見の間、皇妃メントゥワブの宮殿』などなど。

マリちゃんが地球の歩き方を片手に、これは何とかの城だとか宮殿だとか調べていたけれどももう殆どわからない。

バカファ王の宮殿(Bacaffa's Palace)

バカファ王の宮殿(Bacaffa’s Palace)

バカファ王の宮殿(Bacaffa's Palace)

バカファ王の宮殿の内部
地球の歩き方の紹介文が『イタリア人がコンクリートで天井を修復したため、当時の面影がまったく残っていない。』とか書いてあって、思わず笑っちゃったのでよく覚えている。

ヨハンネス1世の図書館(Library of Emperor Yohannes 1)

ヨハンネス1世の図書館(Library of Emperor Yohannes 1)

ヨハンネス1世は貧しい人を助けた事で有名な人でこの図書館も『愛の寺』と呼ばれていたそうだ。そんな訳でこの図書館をバックに結婚写真を撮っているカップルが何組もいた。

特に日曜日だった為に結婚式でこの場所におとづれるカップルも多く、大盛況だった。

ゴンダール

最後に記念撮影をパシャリとやってゴンダール城を出る。

ゴンダール城の入場料はかなり高く感じるが、敷地内はヨーロッパみたいな雰囲気でとても良かった。

ファシリデス王のプール

ファシリデス王のプール
ゴンダール城を出た後はトゥクトゥクに乗ってファシリデス王のプールにやってきた。トゥクトゥクの料金は片道20ブル〜40ブル程度。入場料はゴンダール城と共通なので入り口でチケットを見せれば入る事が出来る。

水が貯められていなかったので何だかなぁ〜と言った感じ。まぁこれはオマケみたいなもんだし、今日の世界遺産ハントはこれにて無事、完了。

エチオピアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

公開日: : 最終更新日:2016/03/16 エチオピア 世界遺産

関連記事

世界遺産

2017年に新しく追加された世界遺産、21件

ポーランドのクラクフで開催された2017年の世界遺産委員会で登録された新たな世界遺産、文化遺

記事を読む

トシェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂 | チェコの世界遺産

トシェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂 | チェコの世界遺産

トシェビーチへの行き方 11月14日 トシェビーチはブルノからテルチに来る途中に

記事を読む

南アフリカの世界遺産、一覧

南アフリカの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

南アフリカ共和国は、アフリカ大陸最南端にあり、1994年までアパルトヘイトがおこなわれていた

記事を読む

『アクスムの考古遺跡群』とオベリスク | エチオピアの世界遺産

『アクスムの考古遺跡群』とオベリスク | エチオピアの世界遺産

メケレからアクスムまでのバス 2月6日 ダナキル砂漠ツアーのあとにマリちゃんが体

記事を読む

ニジェールの世界遺産、一覧

ニジェールの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ニジェール共和国の首都はニアメで公用語はフランス語、通貨はCFAフラン (XOF)。心配なの

記事を読む

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

12月4日 ヴェネツィアから電車で約1時間で行ける世界最古の植物園、パドヴァの植物園(オル

記事を読む

タジキスタンの世界遺産、一覧

タジキスタンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

出典:Irene2005 タジキスタン共和国の首都はドゥシャンベで公用語はペルシア語の

記事を読む

ジャランジャクサ

プランバナン寺院群(インドネシアの世界遺産)| Young Age Vol.33

2001年7月25日 早朝、ジョグジャカルタに着いた俺は、人力車に乗ってウィスマカジャ

記事を読む

エチオピアの地図

エチオピアの国内線に安く乗る方法(飛行機)

2月15日 俺たちがエチオピアに入国してから既に半月以上の時間が経っていた。俺たちは空

記事を読む

コートジボワールの世界遺産、一覧

コートジボワールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

コートジボワール共和国の首都はヤムスクロで公用語はフランス語。宗教はイスラム教が約38%、キ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑