ルクセンブルクの世界遺産、一覧

公開日: 世界遺産

ルクセンブルクの世界遺産、一覧

上の写真はラピュタっぽい世界遺産『ルクセンブルグ市』
出典:Misty

ルクセンブルク大公国の首都は世界遺産にもなっているルクセンブルグ市で、通貨はユーロ。公用語はフランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語の3つとされているが英語も通じるので旅行しやすい。国土は小さいが非常に豊かな国で世界でもトップレベルの金持ち国家なので当然、物価も高いがフランスやドイツと同じくらい。また、裕福な国なので治安も良く旅行者には嬉しい限り。

安宿はドミトリーのユースホステルで20ユーロ位のがあるがいつも混んでいて予約を入れないと泊まれなそう、アゴダで調べたら安いホテルで60ドルちょとのがあったので二人ならばこちらでもいいかもしれない。隣国からの日帰り旅行も出来そうだがせっかくなのでゆっくり滞在したいと思う。

世界文化遺産

ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群

英名:City of Luxembourg: its Old Quarters and Fortifications
森と川と城と街が調和した美しい歴史都市
1994年、世界文化遺産に登録 / (iv)

ルクセンブルク大公国の首都ルクセンブルク市にある旧市街と要塞が世界遺産に登録されている。旧市街は森と川と城と街が調和した美しい歴史都市で『ヴェンツェルの環状城壁』、『ノートルダム大聖堂』、『大公宮殿(旧市庁舎)』などの見所がある。
アクセスはベルギーの首都ブリュッセルから電車で約3時間、ドイツのコブレンツ (Koblenz) からルクセンブルク市へ電車で約2時間、ヨーロッパは鉄道で移動出来るのがありがたい。

かなり美しい街との評判なのでゆっくりと散歩したいと思う。特にラピュタっぽいヴェンツェルの環状城壁のあたりは散歩には最適そう。レンタル自転車もあるようなのでサイクリングするのも良い。

公開日: : 世界遺産

関連記事

マカオ歴史市街地区

マカオ歴史市街地区 世界遺産、全30カ所のリスト

マカオ歴史市街地区は約400年掛けて出来た中国文化と西洋文化との融合で、町中至る所に中世の雰

記事を読む

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

2016年1月4日〜6日 世界遺産『アイット-ベン-ハドゥの集落』の見学を終えた足でワ

記事を読む

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

2017年2月25日〜28日 パラカスから12:00のバスに乗って16:15に中南米の

記事を読む

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

11月17日 農村的なバロック様式の建物が並ぶ町、ホラショヴィツェに行ってきた。この町

記事を読む

映画ロード・オブ・ザ・リングのロケ地にもなった世界遺産『トンガリロ国立公園』

映画ロード・オブ・ザ・リングのロケ地にもなった世界遺産『トンガリロ国立公園』

2016年5月14日 世界遺産ハンター的にはニュージーランド観光のメインともなる世界遺

記事を読む

タリン歴史地区(旧市街) | エストニアの世界遺産

タリン歴史地区(旧市街) | エストニアの世界遺産

世界遺産のあるタリンの旧市街は、港から徒歩圏内にあり、フィンランドから日帰りで気軽に観光する

記事を読む

世界遺産

世界遺産が多い国ランキング2019年 全167ヶ国

2018年6月24日~7月4日 バーレーンのマナマで開催された第42回世界遺産委員会で登録

記事を読む

クスコ市街 (City of Cuzco) | ペルーの世界遺産

クスコ市街 (City of Cuzco) | ペルーの世界遺産

太陽の帝国インカ クスコはインカ帝国の首都だった場所で、伝説によると、創造神ビラコチャ

記事を読む

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

5月3日 世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』の構成資産である、コッカトゥー島、ハイド

記事を読む

イルカ自然保護区

トトロの森みたいなイルカ自然保護区 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

この記事は、2016/05/05に書いた"世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑