マリ共和国の世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

公開日: 世界遺産

マリ共和国の世界遺産、一覧

マリ共和国の国土の1/3はサハラ砂漠で首都はバマコ。公用語はフランス語で通貨はCFAフラン (XOF)。宗教は人口の約90%がイスラム教。外務省によると中部から北部にかけて「退避勧告」が出ている、特に北部のサハラ砂漠地帯はアルジェリアと同様にISISの活動地域になっているので旅行は控えた方が良さそうだ。

世界文化遺産

ジェンネ旧市街

英名:Old Towns of Djenné
泥で出来ている特徴的な建築物群
1988年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)

モプティ州にある都市で、ジェンネの泥で出来ている特徴的な建築物群がユネスコの世界遺産に登録された。この街は13世紀頃より金の中継地として繁栄した交易都市で、15世紀から16世紀にかけてイスラム教の中心地となった。見所はジェンネ旧市街の象徴といえる泥の建造物、ジェンネの大モスクで1280年ごろに巨大な泥塗りのモスクが建てられた。マリでもっとも行きたい世界遺産のひとつ。

トンブクトゥ

英名:Timbuktu
かつて黄金郷と呼ばれるほど栄えた町
1988年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)(v) / 危機遺産

トンブクトゥは、砂漠の民トゥアレグ族の都市で、モスクや聖廟を含むトンブクトゥの歴史地区がユネスコの世界遺産に登録された。この街は13世紀頃より塩と金の交易で莫大な利益を生んだ。帝国はその富を見せつけるために行くさきざきで金をばらまき、最盛期には「トンブクトゥは黄金郷」とまで言われるようになった。

アスキア墳墓

英名:Tomb of Askia
ソンガイ帝国最盛期の皇帝アスキア・ムハンマドの墓地
2004年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv) / 危機遺産

アスキア墳墓は、ガオ地方にある15世紀末の遺跡で、伝統的な泥の建造物群の優れた例証としてピラミッド状の墓、2つのモスク、墓地とその周辺が世界遺産に登録されている。この墓はソンガイ帝国最盛期の皇帝アスキア・ムハンマドの墓地だと考えられている。

複合遺産

バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)

英名:Cliff of Bandiagara (Land of the Dogons)
断崖に住むドゴン族の居住地域
1989年、複合遺産に登録 / (v)(vii)

バンディアガラの断崖は、モプティ地区にある標高差500m、幅は150kmもある断崖で、ドゴン族居住地域となっている。この地域は1300年頃からドンゴ族が住みはじめ、キリスト教やイスラム教に帰依することなく、ドゴン人独特の神話を守り続けた。

公開日: : 世界遺産

関連記事

ボツワナの世界遺産、一覧

ボツワナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ボツワナ共和国の首都はハボローネで公用語は英語、ツワナ語。通貨はプラ (BWP)で宗教は伝統

記事を読む

セネガルの世界遺産、一覧

セネガルの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

セネガル共和国の首都はダカールで、かつてのパリ・ダカール・ラリーの終着点として知られている。

記事を読む

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 Holy Trinity Column in Olomouc

記事を読む

南ラグーンのロックアイランド群 | パラオの世界遺産

パラオの世界遺産 | 南ラグーンのロックアイランド群

出典:LuxTonnerre 写真はロックアイランド群のミルキーウェイ パラオ共和国

記事を読む

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 | ドイツの世界遺産

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 | ドイツの世界遺産

11月29日 ベルリンから日帰りで世界遺産『ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群』へとや

記事を読む

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 英名:Kremlin and Red Square, Mo

記事を読む

パレスチナの世界遺産、一覧

パレスチナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

パレスチナ自治政府の首都はエルサレムで最大の都市はガザ。公用語はアラビア語で通貨は新シェケル

記事を読む

マラッカの街並

マレーシアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

マレーシアには2回ほどいった事がある。一昨年にもマレーシアのボルネオ島に行っているが残念なが

記事を読む

ブルノのツゲンドハット邸(トゥーゲントハット邸) | チェコの世界遺産

ブルノのツゲンドハット邸(トゥーゲントハット邸) | チェコの世界遺産

ブルノのツゲンドハット邸(トゥーゲントハット邸)への行き方 11月12日 ブルノ

記事を読む

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

グアテマラ東端部、イサバル県のモタグア川中流域にある古典期に繁栄したマヤ遺跡、キリグア(Qu

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑