モーリタニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

モーリタニアの世界遺産、一覧

モーリタニア・イスラム共和国の首都はヌアクショットで公用語はアラビア語、宗教はイスラム教。通貨はウギア (MRO)で物価は安いが観光客用の施設であるホテルやレンタカーなどはヨーロッパ並みに高い。国土は日本の約3倍位の大きさでその9割以上はサハラ砂漠となっている。
治安はマリとの国境付近に外務省から退避勧告が出ている。

サハラ砂漠は憧れの地のひとつなので可能であればモロッコ辺りを旅する際に寄ってみたいと思う。

世界自然遺産

バンダルギン国立公園

英名:Banc d’Arguin National Park
渡り鳥の楽園
1989年、世界自然遺産に登録 / (ix)(x)

バンダルギン(バン・ダルガン)国立公園は、ティミリス岬を中心とする国立公園で約半分は海域となっている。ティドラ島、ニルミ島、ナイル島、キジ島、アルガン島などを含む砂州は、渡り鳥の楽園となっておりユネスコの世界遺産に登録されている。オオフラミンゴ、モモイロペリカンなどの鳥類が多い。

世界文化遺産

ウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落

英名:Ancient Ksour of Ouadane, Chinguetti, Tichitt and Oualata
サハラ交易の中継基地でイスラム教第7の聖地
1996年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)(v)

モーリタニア北西部、アドラル高原にあるウワラタは12世紀頃からサハラ交易の中継基地として栄えた町で、シンゲッティはイスラム教第7の聖地となっている。12世紀に作られたモスクを中心に伝統的集落、クサールの遺構が残っている。他の中継都市と共に『ウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落』として世界遺産に登録された。

公開日: : 世界遺産

関連記事

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷 | キューバの世界遺産

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷 | キューバの世界遺産

2107年1月13日〜16日 ビニャーレスからハバナに戻った俺たちは、ハバナで一泊して

記事を読む

パオアイのサン・オウガスチン教会の正面

フィリピンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

2014年、6月に『ハミギタン山岳地域野生動物保護区』が世界遺産として登録。 フィリピ

記事を読む

カンボジアの世界遺産

カンボジアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

カンボジアには10数年前に一度、行った事がある。当時、バンコクから『アンコール遺跡群』のある

記事を読む

コートジボワールの世界遺産、一覧

コートジボワールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

コートジボワール共和国の首都はヤムスクロで公用語はフランス語。宗教はイスラム教が約38%、キ

記事を読む

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

『サン・ジミニャーノ歴史地区』13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産

サン・ジミニャーノ歴史地区 Historic Centre of San Gimignan

記事を読む

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 英名:Kremlin and Red Square, Mo

記事を読む

アイルランドの世界遺産、一覧

アイルランドの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

アイルランド共和国は、アイルランド島にある国で、北東にある北アイルランドはイギリスの一部とな

記事を読む

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 Historic Centre of Kraków 1978年、世界文

記事を読む

シエンフエゴスの歴史地区 | キューバの世界遺産

シエンフエゴスの歴史地区 | キューバの世界遺産

2017年1月16日〜17日 トリニダからシエンフエゴスまでは、宿で呼んでもらったタク

記事を読む

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) Duomo (S. M

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑