モーリシャスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

モーリシャスの世界遺産、一覧

モーリシャス共和国はインド洋のマスカレン諸島にある国で首都はポートルイス。言語は主にフランス語だがほとんどの人が英語も話せる。通貨はモーリシャス・ルピー (MUR)で物価は日本よりは安め。クーリー(労働移民)として渡ってきたインド人が多く人口の約7割近くを占める。また、治安も良くビーチリゾートとして有名。日本人にはあまり馴染みの無い国なので行ってみたい。

世界文化遺産

アプラヴァシ・ガート

英名:Aapravasi Ghat
インドからやってきた労働者の迎え入れに使われた建造物群
2006年、世界文化遺産に登録 / (vi)

アプラヴァシ・ガート(アープラヴァシ・ガート)は、首都ポートルイスにある1834年〜1910年まで主にインドからわたってきた労働者の迎え入れに使われてきた建造物群の総称でユネスコの世界遺産に登録されている。当時、イギリス人の農園主たちが奴隷に代わる労働力として移民を受け入れた。彼らは「クーリー」と呼ばれ、この施設は当時「クーリー・ガート」と呼ばれていた。アプラヴァシ・ガートとはヒンドゥー語で「移民の駅」と言う意味。

ル・モーンの文化的景観

英名:Le Morne Cultural Landscape
ラグーンで囲まれた楽園
2008年、世界文化遺産に登録 / (iii)(vi)

モーリシャスの南西端に位置する半島、ル・モーン・ブラバンにある文化的景観がユネスコの世界遺産に登録されている。半島はラグーンで囲まれており中でも玄武岩のル・モーン山からの見晴らしは美しく観光名所ともなっている。18~19世紀頃には逃亡した奴隷が隠れ場所として使用していた。美しいビーチに乗馬、パラセイリング、ウィンドサーフィンなどのアクティビティが楽しめる、まさに南の国の楽園の様な場所なのでぜひとも行ってみたい世界遺産のひとつ。ただし、お金は掛かりそうだ。

公開日: : 世界遺産

関連記事

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

平泉の世界遺産『平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群』

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 英名:Hiraizumi - Te

記事を読む

ルクセンブルクの世界遺産、一覧

ルクセンブルクの世界遺産、一覧

上の写真はラピュタっぽい世界遺産『ルクセンブルグ市』 出典:Misty ルクセンブル

記事を読む

2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』の衝撃的な結末

2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』の衝撃的な結末

レンゴン渓谷の考古遺産は2012年に登録されたばかりの新しい世界遺産で、"マレーシア政府観光

記事を読む

ドイツにある世界遺産一覧

ドイツの世界遺産、一覧 全44カ所のリスト

2019年、世界遺産の多いい国ランキングで弟4位の世界遺産大国ドイツ。イタリア、スペイン

記事を読む

セネガルの世界遺産、一覧

セネガルの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

セネガル共和国の首都はダカールで、かつてのパリ・ダカール・ラリーの終着点として知られている。

記事を読む

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

モスクワ北東に点在する古都群「黄金の環」の中で最大の街、ヤロスラヴリ。1000年の歴史を誇る

記事を読む

マルタの世界遺産、一覧

マルタの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

マルタ共和国は、地中海に位置する小さな島国で、首都は世界遺産にもなっているバレッタ、 公用

記事を読む

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 英名:Forest of Bialowieza 1979年、世界

記事を読む

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

1月16日〜21日 夜行列車に乗ってカイロからルクソールへとやってきた。この町は古代エ

記事を読む

レバノンの世界遺産、一覧

レバノンの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

レバノン共和国の首都はベイルートで公用語はアラビア語だがフランス語もわりと使われている。中東

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑