モーリシャスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

モーリシャスの世界遺産、一覧

モーリシャス共和国はインド洋のマスカレン諸島にある国で首都はポートルイス。言語は主にフランス語だがほとんどの人が英語も話せる。通貨はモーリシャス・ルピー (MUR)で物価は日本よりは安め。クーリー(労働移民)として渡ってきたインド人が多く人口の約7割近くを占める。また、治安も良くビーチリゾートとして有名。日本人にはあまり馴染みの無い国なので行ってみたい。

世界文化遺産

アプラヴァシ・ガート

英名:Aapravasi Ghat
インドからやってきた労働者の迎え入れに使われた建造物群
2006年、世界文化遺産に登録 / (vi)

アプラヴァシ・ガート(アープラヴァシ・ガート)は、首都ポートルイスにある1834年〜1910年まで主にインドからわたってきた労働者の迎え入れに使われてきた建造物群の総称でユネスコの世界遺産に登録されている。当時、イギリス人の農園主たちが奴隷に代わる労働力として移民を受け入れた。彼らは「クーリー」と呼ばれ、この施設は当時「クーリー・ガート」と呼ばれていた。アプラヴァシ・ガートとはヒンドゥー語で「移民の駅」と言う意味。

ル・モーンの文化的景観

英名:Le Morne Cultural Landscape
ラグーンで囲まれた楽園
2008年、世界文化遺産に登録 / (iii)(vi)

モーリシャスの南西端に位置する半島、ル・モーン・ブラバンにある文化的景観がユネスコの世界遺産に登録されている。半島はラグーンで囲まれており中でも玄武岩のル・モーン山からの見晴らしは美しく観光名所ともなっている。18~19世紀頃には逃亡した奴隷が隠れ場所として使用していた。美しいビーチに乗馬、パラセイリング、ウィンドサーフィンなどのアクティビティが楽しめる、まさに南の国の楽園の様な場所なのでぜひとも行ってみたい世界遺産のひとつ。ただし、お金は掛かりそうだ。

公開日: : 世界遺産

関連記事

マルボルクのドイツ騎士団の城 | ポーランドの世界遺産

マルボルクのドイツ騎士団の城 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区の世界遺産をハントした後、次の世界遺産『マルボルクのドイツ騎士団の城』を目

記事を読む

チャド共和国の世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

チャド共和国の世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

チャド共和国の世界遺産 チャドって何処? って思う人も多いと思うけれどもチャドは北ア

記事を読む

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

5月3日 世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』の構成資産である、コッカトゥー島、ハイド

記事を読む

世界遺産

2016年に新たに追加された世界遺産リスト

2016年に新たに追加された世界遺産リスト 2016年7月にトルコのイスタンブールで開

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 Holy Trinity Column in Olomouc

記事を読む

スリランカの世界遺産一覧

スリランカの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

インドの右隣にある島国、リランカ民主社会主義共和国。通称セイロン島はあの有名な紅茶セイロンの

記事を読む

ウクライナの世界遺産、一覧

ウクライナの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ウクライナは1991年のソ連崩壊に伴い独立した国で、現在はロシアとの間にクリミア問題を抱えて

記事を読む

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 英名:Old City of Zamość 1992年、世界文化遺産に登

記事を読む

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

2016年1月4日〜6日 世界遺産『アイット-ベン-ハドゥの集落』の見学を終えた足でワ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑