世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

公開日: メキシコ 世界遺産

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

メキシコシティの治安と物価

2016年9月1日

メキシコと日本との時差14時間、さすがの俺でも時差ボケボケ。結局、日本から13時間以上も掛けて乗ってきた飛行機では、4本ぶっ続けで映画を見ていたからほとんど寝れなかった。(しかもその内2本はインターステラーとホビットと言う約3時間物の超大作)最近はLCCばかりで全然、飛行機で映画が見れなかった俺は、ここぞとばかりに映画を見ていた。

そんな訳で8月31日はホテルについて早々、寝てしまったので9月1日は朝、4時から起きている。眠たいのだか眠たくないのか、もう良くわからん状態。

メキシコの治安

治安面などで心配していたメキシコシティは思ったよりも素敵な街で、昼間に出歩くには治安の心配はいらなそうだった。イメージは極悪な国だがはっきり言ってマニラやエチオピアのアディスアベバの方がずっと治安が悪い。麻薬組織との壮絶な抗争と残虐な殺人事件ばかりが報道されているのでビビるが普通に昼間に出歩く分には何の心配もなさそうだ。

嬉しいのは物価の安さで、小さいタコス一個で7ペソ(約40円)とか信じられないくらいに安くて美味い。俺たちが泊まっているホテルもボロいと言えばボロいがモーテルみたいな大きな部屋で一泊約1600円でしょぼいけど朝食もついている。これは下手をすればフィリピンよりも物価が安くて快適に過ごせると言う事で、モロッコやフィジーよりも先進的で物価が安い。

メキシコシティ

メキシコはいい意味で色々と予想外だった。
俺たちは段々とメキシコが好きになってきた。

カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道

Camino Real de Tierra Adentro
2010年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂

写真はメキシコシティ・メトロポリタン大聖堂

1598年〜1882年まで、首都メキシコシティから、アメリカのテキサス州、ニューメキシコ州へと続く陸上交易の通路で、約300年間使用された。主に運ばれていたのはサカテカスやグアナフアト、サン・ルイス・ポトシで採掘された銀であったことから「銀の道」とも言う。また、ヨーロッパからは銀の精錬に使われた水銀がメキシコの鉱山に運ばれた。

約2,560キロメートルにもおよぶこの道路の内、メキシコ領内のみが世界遺産になっている。また、アメリカ内の道は646キロメートルで、ナショナル・ヒストリック・トレイルに指定されている。

この世界遺産はメキシコシティと10の州にまたがり、構成資産は60件もあり、下記のメキシコの世界遺産5件と重複している。

『メキシコシティ歴史地区』、『ケレタロ歴史地区』、『サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地』、『グアナフアト歴史地区とその銀鉱群』、『サカテカス歴史地区』

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂の広場

メキシコシティの中心地となるメキシコシティ・メトロポリタン大聖堂の向かいの広場、現在は何かのお祭りをやっていた。今回、俺たちがまずやってきたメキシコの世界遺産は『メキシコシティ歴史地区』、ここをハントすればもれなく世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』もハント出来てしまうと言うお得な世界遺産。

細かく、何処が『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ』なのかと言う事は良くわからないけれどもこの場所が終着で始発なのだろう。メキシコシティ初日の観光にしていきなり世界遺産を二カ所ハント!この他にもメキシコシティ内には世界遺産『メキシコ国立自治大学 (UNAM) の大学都市の中央キャンパス』と世界遺産『ルイス・バラガン邸と仕事場』があるのでメキシコシティ内だけで4件もの世界遺産をハント出来る。

久し振りに世界遺産ハンターらしくなってきたぜ!
次回は世界遺産は『メキシコシティ歴史地区』

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 メキシコ 世界遺産

関連記事

自由とヒッピーの町、サンクリストバル・デ・ラスカサス(通称:サンクリ)

自由とヒッピーの町、サンクリストバル・デ・ラスカサス(通称:サンクリ)

San Cristóbal de las Casas 12月13日〜19日 俺た

記事を読む

コートジボワールの世界遺産、一覧

コートジボワールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

コートジボワール共和国の首都はヤムスクロで公用語はフランス語。宗教はイスラム教が約38%、キ

記事を読む

セルビアの世界遺産、一覧

セルビアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

セルビア共和国は、旧ユーゴスラビアの中央にあり、政治的に中心となる国だった。世界遺産は全部で

記事を読む

タジキスタンの世界遺産、一覧

タジキスタンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

出典:Irene2005 タジキスタン共和国の首都はドゥシャンベで公用語はペルシア語の

記事を読む

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

俺は、サンクリストバル・デ・ラスカサスと言う町が好きだ。 自由な空気が流れ、オシャレな

記事を読む

マダガスカルの世界遺産、一覧

マダガスカルの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

マダガスカル共和国は、アフリカのインド洋に浮かぶ島国で首都はアンタナナリボ、公用語はマダガス

記事を読む

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

5月3日 世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』の構成資産である、コッカトゥー島、ハイド

記事を読む

ウルグアイの世界遺産

ウルグアイの世界遺産 | コロニア・デル・サクラメントの歴史的街並み

ウルグアイ東方共和国の首都はモンテビデオで、公用語はスペイン語。通貨はウルグアイ・ペソで物価

記事を読む

ジンバブエの世界遺産、一覧

ジンバブエの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

ジンバブエ共和国の首都はハラレで、公用語は英語。通貨はジンバブエ・ドルだったが激しいインフレ

記事を読む

パキスタンの世界遺産、一覧

パキスタンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

パキスタン・イスラム共和国は、19世紀にイギリスの植民地、英領インドであったが独立運動の中で

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑