モンテネグロの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

モンテネグロの世界遺産、一覧

モンテネグロはユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロを経て2006年6月3日に独立した。首都は事実上ポドゴリツァとなっているが憲法上はツェティニェ。公用語はセルビア語で通貨はEUに加盟していないがユーロ。物価はわりと安くタクシーの初乗りは0.5ユーロ、ハンバーガーなど1ユーロちょいで食べられる。アドリア海沿いはビーチリゾートになっており治安も悪くはなさそうだ。クロアチアに行った際には是非とも寄りたいと思う国のひとつ。

世界文化遺産

コトルの自然と文化-歴史地域

英名:Natural and Culturo-Historical Region of Kotor
12~15世紀頃の姿を残す港湾都市
1979年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iii)(iv)

コトルの自然と文化-歴史地域は、コトル湾の港町コトルにある。この街は古代ローマの都市として始り、ビザンチン帝国、ハンガリー王国、セルビア王国、ベネチアの支配を受けながら海運貿易の拠点として栄えた。旧市街は12~15世紀頃の歴史的街並が残る歴史的文化的な価値と周囲の自然景観が評価され、ユネスコの世界遺産に登録された。見所は『聖トリフォン大聖堂』、『聖ルカ教会』、『4階層造りの時計塔』など。かなり本格的な作りの古い旧市街なので楽しみだ。
アクセスはクロアチアの世界遺産『ドゥブロヴニク旧市街』よりバスで数時間程度。

世界自然遺産

ドゥルミトル国立公園

英名:Durmitor National Park
東欧のグランドキャニオンとも呼ばれる国立公園
1980、2005年、世界自然遺産に登録 / (vii)(viii)(x)

ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境近くの山岳地帯に広がる約300 km²もある公園で「東欧のグランドキャニオン」の異名を持つ。ドルミトル山塊、ヨーロッパ最深のタラ渓谷、タラ川、固有種の植物相、多様な昆虫などが評価され世界遺産に登録されている。ドゥルミトルはルーマニア語で「眠るもの」と言う意味。

公開日: : 世界遺産

関連記事

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 Historic Centre of Kraków 1978年、世界文

記事を読む

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群 | ロシアの世界遺産

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群 White Monuments of Vladim

記事を読む

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

コンゴ民主共和国は1997年に国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。首都はキン

記事を読む

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

2016年1月13日 世界でもっとも有名な世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザか

記事を読む

エクアドルの世界遺産、一覧

エクアドルの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

エクアドル共和国は、ダーウィンの進化論で有名なガラパゴス諸島(世界遺産)を有する国で、首都は

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

ワルシャワ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区 英名:Historic Centre of Warsaw 1980年

記事を読む

世界遺産『クインズランドの湿潤熱帯地域』をレンタカーで巡る旅

世界遺産『クインズランドの湿潤熱帯地域』をレンタカーで巡る旅

4月17日 ケアンズでレンタカーを借りて、いよいよ世界遺産『クインズランドの湿潤熱帯地

記事を読む

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | ジョージタウン編

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | ジョージタウン編

6月17〜18日 2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』で、衝撃的な

記事を読む

マチュ・ピチュ(machu picchu)

ペルーの世界遺産、一覧 全12カ所のリスト

ペルーの世界遺産と言えば何と言ってもマチュ・ピチュとナスカの地上絵!それ以外にも古代文明の遺

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑