ナミビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

ナミビアの世界遺産、一覧

ナミビア共和国はアフリカ南西部にあるイギリス連邦加盟国で公用語は英語。首都はウィントフックで通貨はナミビア・ドル (NAD)。宗教はキリスト教が80%〜90%。この国のお目当ては世界遺産のひとつ、ナミブ砂海で是非とも行ってみたいと思う。
上の写真は世界遺産、ナミブ砂海

ナミビアの治安はアフリカ大陸ではかなり良い方と言う事なので旅をしたい数少ないアフリカの国のひとつ。ただ首都のウィントフックは奇麗な町で平日は基本的に治安が良いらしいが週末になると旅行者を狙った強盗が出稼ぎにやってきてとても危険な町になるらしいので気をつけたい。

世界文化遺産

トゥウェイフルフォンテーン

英名:Twyfelfontein or /Ui-//aes
2000点以上の岩石線画群
2007年、世界文化遺産に登録 / (iii)(v)

クネネ州にある紀元前1000年頃〜後1000年頃のものとされる2000点以上の岩石線画群からなる遺跡で、ナミビアで初めて登録された世界遺産。この岩石線画にはサイ、ゾウ、ダチョウ、キリン、人や動物の足跡なども刻まれている。狩猟採集民の生活や宗教を知る重要な遺跡として知られている。

世界自然遺産

ナミブ砂海

英名:Namib Sand Sea
世界で最も古いと言われる砂漠
2013年、世界自然遺産に登録 / (vii)(viii)(ix)(x)

北はアンゴラとの国境付近から南は南アフリカ共和国北端にまで及ぶナミビア大西洋側に位置する世界で最も古いと言われる砂漠でユネスコの世界遺産に登録されている。また「ナミブ」とはサン人の言葉で「何もない」という意味。アフリカ大陸の広大なこの砂漠に憧れる旅人は多いと思う。

公開日: : 世界遺産

関連記事

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

モスクワ北東に点在する古都群「黄金の環」の中で最大の街、ヤロスラヴリ。1000年の歴史を誇る

記事を読む

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) Duomo (S. M

記事を読む

海岸寺院

世界遺産の町、マハーバリプラムの海岸寺院

南インドで最初の石造寺院と言われる海岸寺院 8世紀になるとインドの建築様式が石窟寺院か

記事を読む

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 英名:Old City of Zamość 1992年、世界文化遺産に登

記事を読む

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 英名:Levuka Historical Port Town 2013

記事を読む

夜の世界遺産『ビガン歴史都市』の写真

夜の世界遺産『ビガン歴史都市』の写真

Historic Town of Vigan ちょっと時間が経ってしまったけれども世界

記事を読む

アンコールワット

カンボジアの世界遺産アンコールワット

約10年前、タイからカンボジア、ベトナム、ラオスとまわるメコンの旅に出た際にカンボジアのアン

記事を読む

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 1979年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)

記事を読む

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

ラトビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ラトビア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで1991年にソビエト

記事を読む

サウジアラビアの世界遺産、一覧

サウジアラビアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

サウジアラビア王国は世界一の原油埋蔵量を持つ国で、独裁国家。しかし、王様が超お金持ちで税金も

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑