ネパールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

公開日: ネパール 世界遺産

ネパールの世界遺産、一覧

ブッダ出生の地にして登山家達の聖地でもあるネパール。人々の性格は温和でインドからネパールに行くと癒されると旅人の間では評判のすこぶる国なので昔から行ってみたいと思っていた国の一つ。食事もわりと美味しいそうなので楽しみだ。インドの世界遺産と合わせて、一気にまわりたい。

世界自然遺産

サガルマータ国立公園

無数の冒険家が命を落とした世界の屋根といわれる山岳地帯
1979年、世界自然遺産に登録 / (vii)

サガルマータ国立公園は世界の屋根といわれる山岳地帯にある国立公園でサガルマータとはネパール語で「世界の頂点」を意味する。世界最高峰のエベレスト、ローツェ、マカルー、チョ・オユーなどの8000メートル級の山々があり、登山家憧れの地となっている。俺は登山なんて危ない事しないけれども登山家の本や物語は好きだ。おすすめの登山漫画としては

『岳』山の厳しさと素晴らしさを伝える漫画で、主人公が悟空みたいな性格でとても面白い。ただし、最終巻だけは???な展開で全然納得がいかなかった。

『孤高の人』かなりの鬱漫画として有名で面白くないと言う人が多いが、個人的にはかなり面白かった。『岳』と対照的で最終回はなかなか良い展開だった。

一番大好きな登山の話は旅人には『深夜特急』でおなじみの沢木耕太郎氏が書く小説『凍』

『凍』は俺がもっとも尊敬する山岳冒険家、山野井泰史夫妻がエベレストとチョ・オユーとの間にある山、ギャチュンカン(7,952m)の北壁に挑戦するノンフィクション小説で、本物の冒険とはここまで過酷なものなのかと心臓をバクバク言わせながら読んだ。また、緻密な取材のみであのまるでその場にいるような臨場感のある文章を書く沢木耕太郎氏の取材力と文章力にも度肝を抜かれた傑作冒険小説。

これらの冒険の麓にあるサガルマータ国立公園は俺にとって憧れの地。また、登山は無理だけれどもトレッキングなら一般人でも出来るそうなのでトレッキングを楽しみたい。

チトワン国立公園

ネパール南部にあるジャングル
1984年、世界自然遺産に登録 / (vii)(ix)(x)

チトワン国立公園はネパール南部にあるジャングルを保護する自然保護公園で旧名称は『ロイヤル・チトワン国立公園』。500種類以上もの野鳥が生息し、インドサイ、ベンガルトラ、ヒョウ、ヌマワニ等の絶滅危惧種の動物が生息している。アクティビティも充実していて、ゾウに乗ってジャングルサファリを楽しんだり、ラフティング、カヌー、バードウォッチングなどのアクティビティーが楽しめる。なお、観光客は許可がないと立ち入り出来ない。
アクセスはカトマンズからバスで約7時間

世界文化遺産

カトマンズの谷

ヒンドゥー教と仏教の二重聖地
1979年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)(vi)

カトマンズの谷(カトマンズの渓谷)は首都カトマンズのある盆地一帯の事で、ガンジス川支流のバグマティ川が流れ、チベットとインドを結ぶ交易の中継点となっている。急激な都市化により2003年~2007年の間危機遺産の指定を受けていた。主な見所はダルバール広場にある『シヴァ寺院』、『クマリの館』、パタンにある『クリシュナ寺院』、『パタン博物館』や『スワヤンブナート』、『パシュパティナート』、『ボダナート』など。街にはヒンドゥー教の神々や男女交合像ミトゥナ、仏教のお寺などがあちこちにある。カトマンズはヒンドゥー教、仏教の二重聖地となっている。

仏陀の生誕地ルンビニ

仏教の聖地、仏陀生誕の地
1997年、世界文化遺産に登録 / (iii)(vi)

ルンビニはネパール南部のタライ平原にある小さな村で、紀元前6世紀に釈迦族の王妃マーヤーは出産のため故郷に向かう途中、ルンビニで仏陀を出産したと言われている。マーヤーデビ寺院やプスカリニ池などが仏教の聖地、仏陀生誕の地として評価され、世界遺産に登録された。後にインドの世界遺産『ブッダガヤの大菩提寺』で悟りを開き仏教の開祖となった釈迦の本名はサンスクリット語でガウタマ・シッダールター。
アクセスはバイラワからバスで約1時間

ネパールやインドに行く前には手塚治虫氏の名作『ブッダ』を読んで知識を深めてから旅に出たい。20年位前に一度、読んだ事はあるがほぼ内容を忘れてしまっているのでもう一度、読み直したいと思う。

また、ユルいギャグ漫画だけれども『聖おにいさん』も地味にキリストやブッダにまつわる小ネタが満載で面白い。

公開日: : 最終更新日:2015/03/05 ネパール 世界遺産

関連記事

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

パラグアイの世界遺産

パラグアイの世界遺産

パラグアイ共和国の首都はアスンシオンで、公用語はスペイン語、グアラニー語。宗教の選択は自由だ

記事を読む

フランスの世界遺産一覧

フランスの世界遺産、一覧 全39カ所のリスト

2014年、世界遺産の多いい国ランキングで弟4位のフランス。4位タイのドイツと肩を並べ、イタ

記事を読む

サウジアラビアの世界遺産、一覧

サウジアラビアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

サウジアラビア王国は世界一の原油埋蔵量を持つ国で、独裁国家。しかし、王様が超お金持ちで税金も

記事を読む

アンコールワット

カンボジアの世界遺産アンコールワット

約10年前、タイからカンボジア、ベトナム、ラオスとまわるメコンの旅に出た際にカンボジアのアン

記事を読む

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

バルセロナを代表する建築物と言えばもちろんサグラダ・ファミリアをはじめとする『アントニ・ガウ

記事を読む

ポルトガルの世界遺産一覧

ポルトガルの世界遺産、一覧 全15カ所のリスト

写真は世界遺産コインブラ大学 世界遺産大国スペインのお隣、ポルトガルは大航海時代の先駆者で

記事を読む

ベネズエラの世界遺産、一覧

ベネズエラの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ベネズエラ・ボリバル共和国の首都は世界遺産にもなっているカラカスで、公用語はスペイン語、宗教

記事を読む

ピサの斜塔で有名な世界遺産『ピサのドゥオモ広場』

ピサの斜塔で有名な世界遺産『ピサのドゥオモ広場』

12月7日 フィレンツェからローカル電車に乗って約一時間、ピサの斜塔で有名な世界遺産『

記事を読む

モーリシャスの世界遺産、一覧

モーリシャスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

モーリシャス共和国はインド洋のマスカレン諸島にある国で首都はポートルイス。言語は主にフランス

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑