パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

公開日: フィリピン 世界遺産

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

ホテルの朝食の絶望的な不味さに挫折して朝食はコーヒーと目玉焼きのみとなった。フィリピンの食事はマジで信用出来ない。

気を取り直してラオアグ(ラワグ)に来た目的の世界遺産、サン・オウガスチン教会へと向かう為、ジプニー(乗り合いバス)乗り場へと向かった。

サン・オウガスチン教会はパオアイにありラオアグからはジプニーで約45分。料金は一人38ペソ(100円位)。

9時30半にジプニーがいっぱいになり出発。ジプニーは満車になってから出発なのでギュウギュウに詰め込まれる。俺たちが乗ったジプニーはやけに天井が低く、座高の高い俺は前かがみにならないと座れない。地球の歩き方によると20分くらいと書いてあったので余裕だと思ったが実際は45分も掛かったのでかなりキツかった。

パオアイのサン・オウガスチン教会

パオアイはスペインの面影が残るほのぼのとした田舎でとても雰囲気が良かった。写真はジプニーを降りた場所。

サン・オウガスチン教会(サン・アグスティン教会)

英語: Saint Augustine Church

パオアイのサン・オウガスチン教会

サン・オウガスチン教会はイロコス・ノルテ州のパオアイ市に建つローマ・カトリックの教会ならびにその聖堂で、同名の教会が国内に多数存在するため、パオアイのサン・オウガスチン教会またはパオアイ教会と呼ばれている。(マニラにある世界遺産もサン・オウガスチン教会

パオアイのサン・オウガスチン教会

この教会は1710年に完成し、地震のバロックとも呼ばれる重厚な造りとなっている。かなり特徴的な造りで地震に強そうな外壁だったが屋根はなんとトタン屋根だった。

パオアイのサン・オウガスチン教会

屋根は崩れ落ちてしまったのだろうか?トタン屋根なあたりがフィリピンらしくて良い。隣にあるベルタワーもなかなか年季が入っておりいい感じの貫禄が出ている。

パオアイのサン・オウガスチン教会の中

内部に入るとジーザスのステンドグラスがあり、入り口から入って来る光によってビックリマンシールのヘッドのように輝いていた。

パオアイのサン・オウガスチン教会の中

教会の内部は涼しく開けっ放しの窓から心地よい風とスズメが入って来る。

パオアイのサン・オウガスチン教会の中

落ち着いた雰囲気の中、小鳥がさえずり猫が虎視眈々とスズメを狙っている。

パオアイのサン・オウガスチン教会

外壁は適度に草などが生えており、いい感じにラピュタのようになっている。天気が良く写真写りも良い感じとなった。なんでも外壁は加工珊瑚とレンガで造られているそうだ。

パオアイのサン・オウガスチン教会

庭もかなりいい感じにラピュっている、もしここに巨神兵のオブジェがあったとしても違和感が無い。ちなみに50ペソで売っているハロハロ(スペシャルの方)はかなり美味しかった。

庭が美しいサン・オウガスチン教会

前回行ったマニラのサン・オウガスチン教会よりも格段に見応えのある世界遺産で、わざわざルソン島の北端まで来た甲斐があると言うものだ。

パオアイのサン・オウガスチン教会の正面

ちなみにこの教会は午前中に来ると正面が逆光となるので午後に来た方が良いかもしれない。俺たちは十時過ぎに着いたので正面の写真を撮る為に午後までウロウロしながら待っていたのだがそろそろいい感じかなと言う時間になった頃から空が曇り始めてきてしまった。

せっかく午後まで待っていたのに右側は曇っている(左側は晴れている)。

パオアイにあるサン・オウガスチン教会は本当に素晴らしく写真の撮りがいもあったのでめちゃくちゃ楽しかった。本当はすぐ隣にある廃屋もアンコールワットみたいに荒れ果てており最高に楽しかったのだが写真が多すぎるのでまた次回、紹介する事にする。

フィリピンの世界遺産一覧、全6カ所のリスト

公開日: : 最終更新日:2015/08/23 フィリピン 世界遺産

関連記事

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産、一覧

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ボスニア・ヘルツェゴビナは、世界遺産は二件あり、いずれも橋が世界遺産となっている。この国はボ

記事を読む

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

2017年2月25日〜28日 パラカスから12:00のバスに乗って16:15に中南米の

記事を読む

モスクワにある世界遺産『ノヴォデヴィチ女子修道院群』 | ロシア

モスクワにある世界遺産『ノヴォデヴィチ女子修道院群』 | ロシア

モスクワにある世界遺産は3件、その内の1つ『ノヴォデヴィチ女子修道院群』に行って来た。

記事を読む

ハンギング・コフィン

フィリピンの秘境サガダのエコーバレーにあるハンギング・コフィン

サガダの安宿で出会った欧米人夫婦とトレッキング Sagada | Echo Valley

記事を読む

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 Historic Centre of Kraków 1978年、世界文

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

エルサルバドルの世界遺産

エルサルバドルの世界遺産

エルサルバドル共和国の首都はサンサルバドルで公用語はスペイン語。米州大陸部全体で最小の国家だ

記事を読む

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 英名:Kremlin and Red Square, Mo

記事を読む

2014年に新規登録された世界遺産一覧

2014年に新規登録された世界遺産一覧、全26件

2014年度に新規登録された世界遺産が発表された。文化遺産が21件、自然遺産が4件、複合遺産

記事を読む

アンティグア・バーブーダの世界遺産

アンティグア・バーブーダの世界遺産『アンティグアの造船所と関連考古遺跡群』

アンティグア・バーブーダの世界遺産 まず、アンティグア・バーブーダって何処だよ?って思

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑