マニラにある世界遺産サン・アグスチン教会 | フィリピンのバロック様式教会群

公開日: フィリピン 世界遺産

サン・アグスチン教会

マニラ初日、エルミタにある安宿に着くなり荷物を置いて世界遺産『サン・アグスチン教会』のあるイントラムロス歴史地区をタクシーに乗って目指した。
上の写真はサン・アグスチン教会

イントラムロス(Intramuros)は、俺の泊まっている旅行者の街であるエルミタ地区の近くにありタクシーで約80ペソ(200円ちょっと)、歩いて行く事も出来そうな距離だった。

マニラについた日の日記の前編
マニラに到着 | 旅立ち編





フィリピン最古の教会 サン・アグスチン教会

スペイン統治下の16世紀に建てられたバロック建築の石造の教会で、世界遺産として登録されている4つの教会『フィリピンのバロック様式教会群(Baroque Churches of the Philippines)』のひとつ、サン・アグスチン教会は1587年〜1606年に建築されたフィリピン最古の教会。

サン・アグスチン教会

第二次世界大戦の戦火もくぐり抜け、イントラムロスの中で唯一、破壊されずに建設時のまま残っているのはサン・アグスチン教会のみとも言われている。(1945年のアメリカ軍の総攻撃でイントラムロスの街は壊滅した)

俺が訪れた時には結婚式が行われていた。この教会は未だに現役バリバリの教会で休日には多くの結婚式が行われているそうだ。教会の前は結婚式に来場している人の車で埋まっていた。

サン・アグスチン教会の木の扉

長い歴史をくぐり抜けて来た入り口の木の扉も、なかなかの風格が出ている。

この頃に建てられた日本の世界遺産では日光東照宮や京都の二条城などがある。日本は丁度、戦国時代が終わり徳川家の繁栄を極めていた時代で、世界遺産『日光の社寺』は豪華絢爛で、日本人としてはこの時代の建造物で一番思い入れがある世界遺産だと思う。

世界遺産、日光の社寺の記事一覧

イントラムロスの歴史的街並

マニラ大聖堂(cathedral of manila)

イントラムロスは、16世紀にスペイン人によって建てられた、マニラの最古の地区でスペイン語で「壁の内側」と言う意味。要するに進撃の巨人的な街でスペイン統治時代は、この街がマニラそのものだった。何度も海賊などの襲撃を受け、焼け野原にされた為に城塞都市をつくる事になったそうだ。

マニラ大聖堂(cathedral of manila)

最初に訪れたのはマニラ大聖堂(cathedral of manila)
この建物は、サン・アグスチン教会の次に古い教会だそうだ。この教会の手前にある広場はローマ広場。

イントラムロスの建物

マニラ大聖堂の脇にあるスペイン統治時代の面影が残る建物。

カーサ・マニラ博物館

カーサ・マニラ博物館は当時のスペインの面影を残しつつ、今もなお使用されており、中庭がカフェになっている。雰囲気がとても良かった。

イントラムロスに唯一残っている、当時のままの石畳

この石畳はイントラムロスに唯一残っている、当時のままの石畳。当時のクオリティだから馬車とかで走ったらデコボコしていて大変だっただろうと思う。

サン・ディエゴ堡塁

俺がイントラムロスでもっとも見応えがあった遺跡はイントラムロス最古の歴史を誇る『サン・ディエゴ堡塁』でラピュタの様な廃墟感満載の遺跡で素晴らしい雰囲気を漂わせていた。

サン・ディエゴ堡塁

地味だけれどもトイレへと続くこの階段のシブさ

サン・ディエゴ堡塁

当時、使われていた大砲の弾を作る機械?錆び付き具合がシブい

このサン・ディエゴ堡塁は入場料が一人75ペソ(200円位)必要だがもし、イントラムロスに来る機会があればオススメの遺跡なので、ぜひよって欲しいと思う。

イントラムロスに設置されている大砲

城壁に設置されている大砲。現在は公園のような憩いの場的な場所となっている。

サンティアゴ要塞(Fort Santiago)

最後にまわったのが『サンティアゴ要塞(Fort Santiago)』で、ここも入場料が一人75ペソ(200円位)必要。

サンティアゴ要塞(Fort Santiago)

中にある庭園が美しくて素敵だった。

ユネスコの世界遺産に登録されているのは『サン・アグスチン教会』のみだがイントラムロスは見所が沢山あるのでマニラで観光するならおすすめだ。また、マニラは危険な都市だがイントラムロスは観光地となっているので多少は治安が良いように感じられた(多少だけれども)。

ちなみにマニラの治安はこんな感じ
『マニラの治安』ガードマンの装備がターミネータ並み!

フィリピンの世界遺産一覧、全6カ所のリスト

公開日: : 最終更新日:2018/06/22 フィリピン 世界遺産

関連記事

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

7月28日(火) この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

記事を読む

ワルシャワ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区 英名:Historic Centre of Warsaw 1980年

記事を読む

バチカン市国の世界遺産、一覧

バチカン市国の世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

バチカン市国(ヴァチカン)はイタリアのローマにある世界最小の独立国家で、その面積は東京ディズ

記事を読む

ピサの斜塔で有名な世界遺産『ピサのドゥオモ広場』

ピサの斜塔で有名な世界遺産『ピサのドゥオモ広場』

12月7日 フィレンツェからローカル電車に乗って約一時間、ピサの斜塔で有名な世界遺産『

記事を読む

アラブ首長国連邦(UAE)の世界遺産

アラブ首長国連邦(UAE)の世界遺産

アラブ首長国連邦は、1971年にアブダビ、ドバイ、シャールジャ、アジュマーン、ウンム・アル=

記事を読む

マリ共和国の世界遺産、一覧

マリ共和国の世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

マリ共和国の国土の1/3はサハラ砂漠で首都はバマコ。公用語はフランス語で通貨はCFAフラン

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

スーダンの世界遺産、一覧

スーダンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

スーダン共和国の首都はハルツームで公用語はアラビア語と英語。通貨はスーダン・ポンド (SDG

記事を読む

世界遺産、東寺(教王護国寺)

東寺(教王護国寺)| 世界遺産『古都京都の文化財』その5

京都ゆるチャリ倶楽部で自転車を借り、すぐ近くにある西本願寺へ行ったのだが本願寺は18:00ま

記事を読む

ベナンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ベナンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ベナン共和国 英名:Republic of Benin 西アフリカにある共和制国家で

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑