セーシェルの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

セーシェルの世界遺産、一覧

セーシェル共和国は、インド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国。首都はヴィクトリアで公用語はセーシェル・クレオール語、英語、フランス語。通貨はセーシェル・ルピー (SCR)で物価はリゾート地なので高い。人気の観光地なので治安は良いが物価の高さが旅人にはキツい。

奇麗な海と大自然がある南国の楽園なのでかなり行きたいが、行けるかどうかはお財布との相談になりそうだ。宿はagodaで探してみた限りでは、安い場所でUS60ドル位からありそうだった。

世界自然遺産

アルダブラ環礁

英名:Aldabra Atoll
世界最大級のゾウガメの生息地
1982年、世界自然遺産に登録 / (vii)(ix)(x)

アルダブラ環礁はサンゴ礁が隆起して出来た環礁で、ほとんど手つかずの大自然が残っている。アルダブラゾウガメなどの独特の動物相・植物相が保たれておりユネスコの世界遺産に登録されている。また、ゾウガメの生息地として世界最大級の規模となっている。とても美しい南国の楽園のような場所なので是非行ってみたいと思う世界遺産のひとつ。
アクセスは首都ヴィクトリアのあるマヘ島から船

メ渓谷自然保護区

英名:Vallée de Mai Nature Reserve
世界最大のヤシの実をつけるココ・デ・メールが自生する原生林
1983年、世界自然遺産に登録 / (vii)(viii)(ix)(x)

セーシェルの中で2番目の大きいプララン島(Praslin, プラスリン島)にあるヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区には高さ30m、世界最大のヤシの実をつけるココ・デ・メール(フタゴヤシ)が4000〜5000本も自生する原生林が残っており、セイシェルキアシヒヨドリ・セイシェルルリバト・セイシェルタイヨウチョウなどの珍しい鳥類も生息する。また、ヴァレ・ド・メとは「巨人の谷」と言う意味。

公開日: : 世界遺産

関連記事

世界遺産 唐招提寺

鑑真和上が眠る唐招提寺 |『古都奈良の文化財』その7

唐招提寺は薬師寺から歩いて10分くらいの場所にある。最寄り駅である西ノ京駅からも10分くらい

記事を読む

トシェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂 | チェコの世界遺産

トシェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂 | チェコの世界遺産

トシェビーチへの行き方 11月14日 トシェビーチはブルノからテルチに来る途中に

記事を読む

コパンのマヤ遺跡 | ホンジュラスの世界遺産

コパンのマヤ遺跡 | ホンジュラスの世界遺産

Maya Site of Copan 朝、目覚めると相当な疲れが身体に残っている、どう

記事を読む

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

モスクワ北東に点在する古都群「黄金の環」の中で最大の街、ヤロスラヴリ。1000年の歴史を誇る

記事を読む

宇治上神社

日本最古の神社建築、宇治上神社 | 世界遺産『古都京都の文化財』その2

宇治上神社は平等院より宇治川を渡って徒歩で大体10分ちょっと。 平等院を出ると

記事を読む

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

12月4日 ヴェネツィアから電車で約1時間で行ける世界最古の植物園、パドヴァの植物園(オル

記事を読む

ウユニ塩湖のデイ・ツアー

ボリビアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ボリビア多民族国は、豊富な天然資源を持つが貧しい状態が続いており、かつて「黄金の玉座に座る乞

記事を読む

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

2016年12月26日〜29日 カンペチェから魔法使いのピラミッドで有名なウシュマル遺

記事を読む

サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群 | ロシアの世界遺産

サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群 | ロシアの世界遺産

かつて政帝ロシアの都でいつの時代も文化の中心であるサンクトペテルブルク(サンクト・ペテルブル

記事を読む

スーダンの世界遺産、一覧

スーダンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

スーダン共和国の首都はハルツームで公用語はアラビア語と英語。通貨はスーダン・ポンド (SDG

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑