セーシェルの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

セーシェルの世界遺産、一覧

セーシェル共和国は、インド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国。首都はヴィクトリアで公用語はセーシェル・クレオール語、英語、フランス語。通貨はセーシェル・ルピー (SCR)で物価はリゾート地なので高い。人気の観光地なので治安は良いが物価の高さが旅人にはキツい。

奇麗な海と大自然がある南国の楽園なのでかなり行きたいが、行けるかどうかはお財布との相談になりそうだ。宿はagodaで探してみた限りでは、安い場所でUS60ドル位からありそうだった。

世界自然遺産

アルダブラ環礁

英名:Aldabra Atoll
世界最大級のゾウガメの生息地
1982年、世界自然遺産に登録 / (vii)(ix)(x)

アルダブラ環礁はサンゴ礁が隆起して出来た環礁で、ほとんど手つかずの大自然が残っている。アルダブラゾウガメなどの独特の動物相・植物相が保たれておりユネスコの世界遺産に登録されている。また、ゾウガメの生息地として世界最大級の規模となっている。とても美しい南国の楽園のような場所なので是非行ってみたいと思う世界遺産のひとつ。
アクセスは首都ヴィクトリアのあるマヘ島から船

メ渓谷自然保護区

英名:Vallée de Mai Nature Reserve
世界最大のヤシの実をつけるココ・デ・メールが自生する原生林
1983年、世界自然遺産に登録 / (vii)(viii)(ix)(x)

セーシェルの中で2番目の大きいプララン島(Praslin, プラスリン島)にあるヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区には高さ30m、世界最大のヤシの実をつけるココ・デ・メール(フタゴヤシ)が4000〜5000本も自生する原生林が残っており、セイシェルキアシヒヨドリ・セイシェルルリバト・セイシェルタイヨウチョウなどの珍しい鳥類も生息する。また、ヴァレ・ド・メとは「巨人の谷」と言う意味。

公開日: : 世界遺産

関連記事

メキシコの世界遺産一覧

メキシコの世界遺産、一覧 全34カ所のリスト

中南米で最も世界遺産の多い国、メキシコ。 オルメカ文明、古代マヤ文明、アステカ文明、冒

記事を読む

ガンビアの世界遺産、一覧

ガンビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ガンビア共和国は西アフリカ西岸にある国で、2013年まではイギリス連邦加盟国だった。公用語は

記事を読む

ジンバブエの世界遺産、一覧

ジンバブエの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

ジンバブエ共和国の首都はハラレで、公用語は英語。通貨はジンバブエ・ドルだったが激しいインフレ

記事を読む

ウクライナの世界遺産、一覧

ウクライナの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ウクライナは1991年のソ連崩壊に伴い独立した国で、現在はロシアとの間にクリミア問題を抱えて

記事を読む

世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園

世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園

4月27日〜4月29日 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』の内の三カ所、『スプ

記事を読む

スフィンクス

エジプトの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

エジプトと言えば何と言ってもピラミッド。世界遺産条約が作られるきっかけとなった物件『アブ・シ

記事を読む

ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) | ドイツの世界遺産

ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) | ドイツの世界遺産

ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) Museumsinsel (Museum Isl

記事を読む

世界遺産、東寺(教王護国寺)

東寺(教王護国寺)| 世界遺産『古都京都の文化財』その5

京都ゆるチャリ倶楽部で自転車を借り、すぐ近くにある西本願寺へ行ったのだが本願寺は18:00ま

記事を読む

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) Duomo (S. M

記事を読む

ナスカとパルパの地上絵 | ペルーの世界遺産

ナスカとパルパの地上絵 | ペルーの世界遺産

2017年2月21日 俺たちはアレキパから前日の夜9:30の夜行バスに乗って、翌朝7:

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑