トリニダードとロス・インヘニオス渓谷 | キューバの世界遺産

公開日: キューバ 世界遺産

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷 | キューバの世界遺産

2107年1月13日〜16日

ビニャーレスからハバナに戻った俺たちは、ハバナで一泊してからタクシーでトリニダードへと向かった。料金はひとり25CUC、所要時間は約5時間半。(途中で結構休憩していた)

タクシー代金は、ビニャーレスまでひとり20CUCと考えると倍以上の距離のあるトリニダまで25CUCは安いような気がした。でも、実際の所、俺たち二人で50USドル相当の料金を払っているから移動費と考えると全然安くは無い。ただ、タクシーだから仕方が無い。この頃まで俺たちはキューバのタクシー料金は割り勘だと思っていたのでケン君も誘って4人でタクシーをシェアしていたけれどもキューバのタクシー料金って大体一人幾らみたいな感じで4人で乗っても安くならないっぽい。

ちなみに、この時に乗ったタクシーはマジでクソボロで乗り心地が悪い上に、後部座席は排気ガスが充満していてマジでキツい道のりとなった。

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷

Trinidad and the Valley de los Ingenios
1988年、世界文化遺産に登録 / (iv)(v)

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷 | キューバの世界遺産

サンクティ・スピリトゥス州にあるトリニダード(トリニダ)は、サトウキビによって繁栄した町で、500年の歴史を持つ。『大広場(Plaza Mayor)』、『市立歴史博物館』、『考古学博物館』、『ロマン主義博物館』、『サンティシマ・トリニダ大聖堂』、『国立革命博物館』などの植民地時代のコロニアル様式の建造物群が多く残っており、キューバ屈指の観光名所となっている。

ロス・インヘニオス渓谷はサン・ルイス(San Luis)、サンタ・ロサ(Santa Rosa)、メイエル(Meyer)の3つの渓谷の総称で、ロス・インヘニオスは「機械類」の意味。18世紀末〜19世紀末まで砂糖生産の中心地で「砂糖の谷」と言う異名もある。

トリニダの町並

この頃の俺たちときたらそう言う観光名所にはちっとも興味が持てなくなっていたけれども、トリニダの町並は結構好きだった。

トリニダの町並

レトロな町並に、レトロな車。
悪く無い。俺はこう言う田舎は結構好きだ。

キューバのピザ

飯マズ大国キューバで無難な食べ物と言えばピザ。うまくは無いけどそんなに不味く無い。

キューバの串焼き

でも、お祭りで買ったこの肉の串焼きはマジでうまかった。これはキューバで買い食いした中では、一番美味しかったかもしれない。確か1ドルくらい。

キューバのビール

この謎の黄色い車はビールを売っている。これがまた激安。不覚にも値段は忘れてしまったけれども紙コップ一杯で数十円。ビール好きにはたまらない国だね。

俺は飲めないけど・・・

キューバのお土産

お土産はやっぱりゲバラ。ま、トリニダもハバナもあんまり変わらないかな。

トリニダの町並

何気ない町並もカラフルでキレイ。

トリニダードの階段

ここは、街の中心で、夜にはバンドが演奏とかしている場所。通称『階段』

トリニダードの町並

凄く雰囲気が良い場所とかも結構ある。

トリニダードの町並

この辺は教会などがある歴史地区の中心部。

付属聖堂の鐘楼

25センターボ硬貨のモデルとなっている付属聖堂の鐘楼。恐らくトリニダで1番有名な場所。

聖堂の鐘楼から見下ろす町並

聖堂の鐘楼から見下ろす町並

聖堂の鐘楼から見下ろす町並

オレンジ色の瓦屋根がいい感じ。

キューバのネコ

キューバのネコ。なかなか良い表情だ。

トリニダのレトロな町並

トリニダのレトロな町並

トリニダのレトロな町並

トリニダードは三日間もいたからだけれども、俺、かなり写真を撮ってる。キューバは、やっぱり他の国と違って独特の雰囲気があるから写真を撮りたくなってしまう。色んな意味であんまり好きではないけれども、独特で面白かった国でもある。

この国に行く前に、行った人のから聞いた評判が、すごく良いって言う人と、最悪だったって言う人に別れるのがよくわかる。

トリニダのレトロな町並

俺たちはどうだったって?
正直、イマイチだったってのもあるけれども、後から自分の撮った写真の量を見ると面白かったのかなって気もする。行って良かったかと聞かれれば間違いなく『YES』。独特の雰囲気とクラシックカー天国は、一度は味わっておきたい。

イマイチだった理由は、排ガスが酷い、飯がまずい。あとは旅に疲れていたってのが一番の理由かな。
俺たちは、旅疲れしてしまうと大自然の場所以外楽しめなくなってしまう。

クラシックカー

クラシックカーの運転席に座って上機嫌な俺。

トリニダの美しすぎる海

宿のオーナー、レオに釣りに連れて行ってもらったんだけれどもトリニダの海がマジでキレイ過ぎてビビった。流石は世界が誇るカリブ海、俺も色々な国の海を見てきたけれどもカリブ海はNo1なんじゃねーかって思うくらいに素晴らしい。ま、フィジーも、ニュージーも、オージーも綺麗だったけどね。

トリニダの美しすぎる海

レオヤミ(日本人に有名なトリニダの宿)に泊まって釣りに行くなら水着持っていった方が良いよ!
マジで、この海は最高だから。

俺はパンイチで泳ごうかどうしようかマジで迷ったもん。

トリニダの美しすぎる海

メキシコのトゥルムとかの海も奇麗だったけどキューバも半端じゃないな。
マジでカリブ海が美し過ぎたからペルーの海とか行っても全然入る気が起きなかった。

トリニダの美しすぎる海

カニの抜け殻

トリニダの美しすぎる海

釣りするまりちゃん

トリニダの美しすぎる海で釣り

最初はみんな釣りしていたけれども、俺とケンタロウ君はクッソ奇麗なビーチに行って遊んでた。しばらくしてみんなの所に戻ると、ほとんどみんな釣りに飽きちゃってマリちゃんとレオくらいしか釣りしていなかった。

トリニダの美しすぎる海

マリちゃんはニュージーランドで大物を釣ってから釣り好きになっちゃったみたいで全然釣れないのに黙々と釣りをしていた。

トリニダの美しすぎる海

他の人は、まぁちょろっとやってみる程度。

トリニダの美しすぎる海で釣り

結局、10人以上で行ったのだけれども宿のオーナーのレオ以外で釣れたのはマリちゃんだけ。
この釣り場は、素人にはなかなか難しい。

キューバのビール

釣りの後はビールだろ!ってレオが連れて行ってくれた。
キューバのビールデカいって!これで数百円だからね。

喉乾いていたし、流石の俺もコップ一杯を一気に飲み干した。
すげー酔っぱらったけど。

釣った魚のフライ

宿に帰ったらレオが魚をフライにしてくれた。
釣った魚が昼飯なんて贅沢だぜ!

トリニダードの町並

飯食ったらやる事も無いのでまた散歩がてら写真を撮りに町に出る。
ようは結構ひましていたからこんなに大量の写真がある訳ね、キューバは。

屋台のにーちゃん

俺の行きつけの屋台のにーちゃん。
何度かここで食べてるので仲良くなった。

トリニダの祭り

俺たちが行った時は祭りをやっていて凄く賑やかだった。

なまいきそうなガキ

なんか生意気そうなガキだぜw

トリニダの人々

トリニダの人々

トリニダの夕暮れ

トリニダの夕暮れ

トリニダの夕暮れ

なんかオールウェイズ三丁目の夕陽みたいな雰囲気のトリニダの夕暮れ。

なんだかんだ言って、レトロな町並は写真の撮りがいがあったな。キューバって独特の雰囲気だから写真を撮るには面白い国だと思う。

公開日: : キューバ 世界遺産

関連記事

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 Historic Centre of Telč 1992年、世界文化遺

記事を読む

パレスチナの世界遺産、一覧

パレスチナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

パレスチナ自治政府の首都はエルサレムで最大の都市はガザ。公用語はアラビア語で通貨は新シェケル

記事を読む

タイの世界遺産

タイの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

バックパッカーがアジア各地を旅するための中継地点、タイ。何度も訪れているが世界遺産はまだ、ア

記事を読む

リトアニアの世界遺産

リトアニアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

リトアニア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで最も南に位置する。

記事を読む

ニジェールの世界遺産、一覧

ニジェールの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ニジェール共和国の首都はニアメで公用語はフランス語、通貨はCFAフラン (XOF)。心配なの

記事を読む

コスタリカの世界遺産、一覧

コスタリカの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

コスタリカ共和国の首都はサンホセで通貨はコスタリカ・コロン (CRC)、公用語はスペイン語で

記事を読む

世界一おおきな砂の島『フレーザー島』 | オーストラリアの世界遺産

世界一おおきな砂の島『フレーザー島』 | オーストラリアの世界遺産

オーストラリア、クイーンズランド州にある世界でもっとも大きな砂島、フレーザー島(Fraser

記事を読む

ブルガリアの世界遺産一覧

ブルガリアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

ブルガリア共和国は国土も広く、世界遺産が9件もある。隣国にはトルコやギリシャなど魅力的な国々

記事を読む

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

2017年2月25日〜28日 パラカスから12:00のバスに乗って16:15に中南米の

記事を読む

まるでSF映画!想像を遥かに超えたサグラダ・ファミリア

アントニ・ガウディの作品群 | スペインの世界遺産

漫画『ギャラリーフェイク』にアントニ・ガウディ(1852年 – 1926年)の話があって、バ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑