ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

公開日: オーストリア 世界遺産

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区

Historic Centre of Vienna
2001年、世界文化遺産に登録

古代ローマ時代からの歴史を持つ歴史ある町で、旧市街には様々な時代の建造物群が残っている。近世以降では「音楽の都」として世界的に有名。

正直、ウィーンは期待を大幅に上回る凄い都市だった。丸一日かけて街を歩いたがまだまだ歩き足りなく、出来る事ならもう一度この街を訪れたい。

2017年7月 追記
現在、ウィーンでは高層ビルの建設計画をはじめとする再開発計画が進められており、歴史的都市景観に悪影響を与えるということで危機遺産リストに加えられてしまった。あの美しい街並みが変わってしまうのは残念。

国立オペラ座

国立オペラ座 Staatsoper
本格的なオペラが楽しめるそうだ。確かに建物の造りからして相当期待出来そうだった。

ウィーンの街並

俺がこの街を本気で凄いと思うのはこんなただの裏通りですらパルテノン神殿みたいな柱の立ったビルディングが建っていると言う事。この街には一切手抜きされていないコテコテのヨーロッパがある。

モーツアルトの像

ブルク公園にあるモーツアルト像。ウイーンは音楽の都だけあって他にもベートーベンやヨハン・シュトラウス、ブルックナー、シューベルトなどの像があるがモーツアルトだけは別格の扱いを受けていた。

オーストリアの世界遺産、一覧

ブルク公園から見た王宮。

オーストリアの世界遺産、一覧

ブルク公園から見た新王宮。
この辺りは本当に凄くて何処を見ても厳つい建物に囲まれており見渡す限りシャッターチャンスと言っても過言ではなかった。

ブルク公園

ブルク公園。

新王宮

ブルク公園の外から見た新王宮。ウィーンの建物は厳つくて装飾が沢山あり、見応えがかなりある。しかも、周りを見渡す限りそんな厳つい建物に取り囲まれており一体、この街はどれほど繁栄して、どれほどの財力を持っていたのだろうか?

繁栄を極めたと言われるハプスブルク家が650年にわたって住まいとしていた場所だけあって豪華さが半端じゃない。

マリア・テレジア像

新王宮のすぐ裏にあるマリア・テレジア像。逆光がキツすぎて正面からは撮れなかった。

ウィーン歴史地区

マリア・テレジア像を挟んで向かい合っている同じような建物は『自然史博物館』と『美術史博物館』。美術史博物館にはハプスブルク家が代々収集した美術品が展示されており、あの有名なブリューゲルの『バベルの塔』などが展示されている。また、フェルメール、ルーベンスなども多数展示されている。ちょっと入りたかったが時間も無く14ユーロもするのでやめておいた。

オイゲン公騎馬像

次にやってきたのは道路を挟んで向かいにある新王宮。
写真はオイゲン公騎馬像。

新王宮

新王宮の正面。今は市民の憩いの場になっており、とてもほのぼのとした雰囲気。
もう、この辺りは辺り一面すごい建物に囲まれており、笑うしか無い。今まで二ヶ月掛けてヨーロッパの世界遺産をまわってきたけれどもウィーンだけは完全に別格。

ウィーンの市庁舎

このファイナルファンタジーに出てきそうな新王宮から見える建物は市庁舎。市庁舎って都庁みたいなものかな?それにしてはかっこよすぎるだろ・・・

ウィーン歴史地区

俺は新王宮の周りをくるくると回りながら写真を撮っていた。360度、何処見ても素晴らしい建物に囲まれておりハプスブルク家の繁栄がどれほど凄かったのかを物語っている。

ウィーンの王宮

王宮。
シェーンブルン宮殿と共通券で内覧出来き、人気の観光スポットとなっている。俺たちはシェーンブルン宮殿も内覧しなかったので当然、ここもパス。

なによりこの日は時間が無かった。まだ、まだこの素晴らしきウィーンの街を全然散策しきれていない。

王宮の天井

王宮の天井も素晴らしい装飾だった。

シュテファン寺院

王宮の後はオーストリア最大のゴシック教会、シュテファン寺院を目指した。シュテファン寺院は12世紀から約300年も掛けて完成したと言われる教会で、シュテッフルと呼ばれる南塔は高さ137mあり、寺院の塔の中では世界で3番目に高いそうだ。

シュテファン寺院

圧倒的な存在感のある教会だった。ちなみに階段で上の方まで登る事が出来るので俺たちは登ったのだが期待していたほどの景色は見る事が出来なかった。料金はひとり4.5ユーロ。

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

シュテファン寺院からの展望。

ブルク劇場

これは王宮の近くにあるブルク劇場。

ウィーンの裁判所

この厳つい建物は裁判所。

その他にもウィーンは見所がありすぎて全部紹介出来ないくらいに凄かった。
ウィーンの街は今まで見てきた都市のなかでぶっちぎりで一番凄かった。

この日は朝から12時間くらいぶっ続けで観光したけれどもまだまだ見たり足りないくらいに凄かった。

オーストリアの世界遺産、一覧

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 オーストリア 世界遺産

関連記事

ボツワナの世界遺産、一覧

ボツワナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ボツワナ共和国の首都はハボローネで公用語は英語、ツワナ語。通貨はプラ (BWP)で宗教は伝統

記事を読む

フィンランドの世界遺産、一覧

フィンランドの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

フィンランド共和国は西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接している北欧の名所。首

記事を読む

バーレーンの世界遺産、一覧

バーレーンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

バーレーン王国の首都はマナーマで、公用語はアラビア語。通貨はバーレーン・ディナール (BHD

記事を読む

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

5月3日 オーストラリア、レンタカーの旅もいよいよ終盤戦、遂にオーストラリア最大の都市

記事を読む

ゼレナー・ホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会 | チェコの世界遺産

ゼレナー・ホラの聖ヤン・ネポムツキー巡礼教会 | チェコの世界遺産

ゼレナー・ホラの聖ヤン・ネポムツキー巡礼教会への行き方 11月11日 1720年

記事を読む

コートジボワールの世界遺産、一覧

コートジボワールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

コートジボワール共和国の首都はヤムスクロで公用語はフランス語。宗教はイスラム教が約38%、キ

記事を読む

クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市 | チェコの世界遺産

クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市 | チェコの世界遺産

クトナー・ホラへの行き方 11月20日 前日は雨が酷かったのでプラハの安宿でゆっ

記事を読む

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

2月17日 朝、ホテルの前で車を待っていると明らかにクーラーも効かなそうなボロい日産の

記事を読む

トルクメニスタンの世界遺産、一覧

トルクメニスタンの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

トルクメニスタンはカラクム砂漠が国土の85%を占めている国で永世中立国。首都はアシガバートで

記事を読む

ネパールの世界遺産、一覧

ネパールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ブッダ出生の地にして登山家達の聖地でもあるネパール。人々の性格は温和でインドからネパールに行

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑