動画を撮るためにSONYのフルサイズを買った初心者が買うレンズ(α7c、α7ii、α7iiiも対応)

公開日: youtube

動画を撮るためにSONYのフルサイズを買った初心者が買うレンズ(α7c、α7ii、α7iiiも対応)

動画を撮るために選びたいレンズ

先日、α7cを買ってしまった。
本体の値段もそれなりにするが、如何せんフルサイズはレンズが高い、特にソニーはレンズが高い。

だからYouTubeを見て相当、悩んだよ。
初めてソニーのフルサイズを買う人はみんな悩むんじゃないかな?

そんな訳で、相当悩んで悩んで悩み抜いた俺のオススメのレンズを紹介する。

ソニー FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

最強の動画が撮れるレンズ、でも高い。
どれか一本、好きなやつをあげるよと言われたら俺はこのレンズを選ぶ。24mmと言う広角でF値が1.4もある最高のレンズだけど流石にこの値段は出せない、いつかは欲しい憧れのレンズ。まぁ今は見なかった事にしよう。

最近、俺がリスペクトしまくっているAUXOUTさんも使っている。

このレンズを使えばこんなのが撮れてしまうなんてやばくね???

その他に
SEL20F18Gと言うGレンズで、20mm F1.8と言う素晴らしいレンズもあるのだがこれもお値段が13万くらいするので初心者にはまだ早い。

タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036)

使い勝手が最強のズームレンズ。
色々な画角に対応したい人で、取り敢えず最初の一本と言う人にオススメ。

28-75mmの画角で通しでF2.8もあるのでまさに、これ一本で動画が撮れる素晴らしいレンズ。これはガチで購入候補に入っていたし、かなり悩んだけど見送った。この使い勝手で8万ちょいなら高くはないけれども、フルサイズのカメラを買う値段にこの値段をプラスするとなると、やっぱり高いよね。

正直、これ一本でこれだけの画角をこれだけのクオリティで撮れればもう、十分じゃね?

この描写、俺はマジでこのレンズだけでいいかな?とか本気で思ってしまった。

SEL35F18F(FE 35mm F1.8)

正直、俺が最後まで悩んでいたのはこのレンズだ。35mmと言う使いやすくて雰囲気の出る画角に加え、F1.8と言う明るさ、そして何よりも280gと言う軽さ。特にこのレンズは評判が良くて、このレンズで動画を撮っている人も沢山いる。正直、最後の最後までこのレンズを買おうかどうしようか迷っていた。だけど、今回は見送った。何故ならα7cを買ってしまったからもう少し安いレンズが欲しかったのだ。個人的にはかなりオススメのレンズ。

SEL28F20 (FE 28mm F2)

これが本命と言うか今回、俺が実際に購入したレンズ。28mmと言う使いやすい画角でF値も2と言う明るさ、さらに俺がかなり重要視している重さがわずか200gしかないと言う優れもの。俺が旅に一本だけ持っていくならばこのレンズかな?と思って購入する事にした。

正直、動画初心者は広角レンズの方が撮りやすい、画角が狭くなれば狭くなるほど難しくなる気がする。そして何よりも値段が安い!この値段で安いと思ってしまう俺は相当、沼にハマっていると思うけど。

ちなみにこのレンズは中古で3万前後で買えると言うのが一番の魅力。最後まで悩んでいたSEL35F18Fなんかは中古でも値段がほとんど変わらない、ある意味、それだけいいレンズと言う事なのかもしれないが。

これだけ、作例が俺の撮った動画なので他の動画より見劣りするかもしれないが、それはレンズのせいじゃない。

SEL50F18F (FE 50mm F1.8)

あと、俺的にかなりオススメなのがソニーの撒き餌レンズ、またはシンデレラレンズとも言われているコストパフォーマンス最強のレンズ。多分、次に買うレンズはこれかなと思っている。ただ、正直、一本めのレンズでこの画角のみってのは素人にはあまりオススメできない。もう少し画角が広い方が撮りやすいんじゃないかな。ちなみに重さは186g、これなら旅に行くときでもカバンに忍ばせられる。SEL28F20とこのレンズで大体の画角はカバー出来るんじゃないかな。

やっぱりこのくらいの画角の明るいレンズが一本あると安心だよね。

公開日: : 最終更新日:2020/11/10 youtube

関連記事

a7c軽量装備

【α7c 軽量装備】めちゃくちゃ軽いSAMYANGの単焦点レンズが気になっている。

α7c 軽量装備 sonyのα7cを買ったのは、コンパクトで軽いから。 俺は旅の動画

記事を読む

スマホ用のジンバルは何を選ぶ?

スマホ用のジンバルは何がオススメか?(スタビライザー)

先日からYoutubeを本格的に始めようと思って撮影を始めたのだけれども、やっぱり動画を撮る

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑