長旅を楽しむコツ | Young Age Vol.10

公開日: タイ ヤングエイジ

世界遺産ハンター ヤングエイジ

2001年6月28日

旅は最高に楽しかった。
俺は絶好調だった。

ただ、最高の状態というのはいつまでも続くものではない。
より、強い刺激を求めれば次第にダークサイドに落ちて行く。

長旅を楽しむコツはテンションを上げすぎないことだ。
心を落ち着けて、ゆっくりと心地いい幸せをじわじわと感じる。
心をポジティブでもなく、ネガティブでもなく静かにゆっくりと楽しむ。

旅だって、毎日が非日常であれば、それが日常となる。
あまりにもテンションを上げすぎるとちょっとした幸せが感じられなくなり、欠乏感からダークサイドに落ちる。
大切なのは今、自由であることの幸せをじわじわと感じることだ。

だが、24歳の俺にそんな事は無理だった。

ヒャッハー!
今が楽しければいいんだよ
テンションMAX!
最高だぜぇ

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

長旅を楽しむコツ | Young Age Vol.10

朝、起きるとなんだか体が気だるい。
自分のバンガローの前でボケーっとタバコをふかす。

隣に泊まっている白人も今頃起きてきたらしく
「なんか美味しいところ知ってる?」
と聞いてきたが俺にもわからない。

彼の名前はトニー
なんでも昔、日本で英会話の教師をしていたらしく日本びいきで肩に「闘忍」(トウニン)とタトゥーが入っている。
日本はいい国だ、「シャブ大好き(覚せい剤)」とかいうとんでもない不良ティーチャーだ。
しばらく日本に住んでいたというのに彼の口から出た日本語はシャブと大麻だけだった。

旅先で出会うヒッピーみたいな白人は、アウトローばっかりだが変に粋がったり、尖ったところがあまり無く、みな気のいいやつばかりだった。

しばらくすると、昨日、町であったカズ君が朝飯を誘いに来てくれた。
ロン毛で真っ黒に日焼けしたカズ君はいかにも旅慣れた感じだったが、実は英語がよくわかっておらずグリーンカレーを注文した際に店員の女の子にベリーホット、OK?って聞かれているのにOK、OKと適当に答えていた。

ちょっと心配になった俺は、超辛いって言ってたけど大丈夫?
と尋ねるとマジっすか?ま、平気っすとか言いながら実際にカレーがくると

マジ辛いっす!
マジヤバいっす!

と言い、汗だくでカレーを食べている。
俺も一口もらったが尋常じゃない辛さだった。

先ほどの女の子がそれを見ながらクスクスと笑っている
タイ人はこんなに辛いもの食べるのか?と聞くと

ノォー!ノー!ノー!
と大げさに手を振りながら笑っている。

タイカレーおそるべし。
もちろん、カズ君はこの後、腹を壊すことになる。

カズ君は明日、この島を去るのでその前にバイクを借りて島を一周すると言っていた。
夜にはハーフムーンパーティがあるとの事なので、夜待ち合わせることにして一旦カズ君と別れた。

俺も特にやることがないのでレンタルバイクを借りて島を少しぶらつくことにした。
150バーツでカブが借りられた。

バイクに乗りながら見えるエメラルドグリーンの海は格別だった。
青い空、潮風、ヤシの木、全てが楽園そのもので俺のテンションはいつでもMAX。

別に大したことをしている訳じゃないけれども全てが特別で、全てが最高だった。

あとがき

旅を始めてから約1週間ちょっとが過ぎていた。
全てが新鮮で、全てが楽しくて楽しくて仕方がなかった。

俺は絶好調だった。
だけど、いつまでも絶好調をキープし続ける事は無理だ。

この時はまだ気がつかなかったけれども今にして思えばこのサムイ島が旅のピークだったかもしれない。
この後、だんだん、旅の楽しい以外の側面が見えてくるのだけれども、そういう事も全部ひっくるめてやっぱり初めての旅は最高の旅だった。

2015年から2017年にかけて世界中を旅した際は、このことをよくわかっており、なるべくテンションを上げないで平常で楽しむように心がけた。長旅でテンションを上げすぎると、反動で必ずテンションが下がることをよく知っていたからだ。それとも感受性が落ちたのかある程度の旅の刺激に慣れてしまっていただけかもしれないけど。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

公開日: : 最終更新日:2018/11/16 タイ ヤングエイジ

関連記事

バンコクから気軽に行けるおすすめのビーチ『サメット島』

『サメット島』バンコクから気軽に行けるおすすめのビーチ

2月23日〜3月1日 ドバイから始まってロシア、ヨーロッパ、アフリカとまわってきた俺た

記事を読む

船の上

STAR LIGHT on the SHIP | Young Age Vol.28

船の上から眺める星空 2001年7月22日 いつだかピースボートで世界一周の旅に

記事を読む

逃げ出した先の楽園

逃げ出した先の楽園 | Young Age Vol.07

1998年 ベルセルク16巻でガッツは言いました。 逃げ出した先に 楽園なんてあり

記事を読む

南の島に上陸

南の島に上陸 | Young Age Vol.06

2001年6月24日 電気屋さんでは 今はなきツーカーセルラーの歌姫、浜崎あゆみのM

記事を読む

コ・サメット

旅の終わりにバンコクでオフタイム | 7泊8日の贅沢な旅費は約5万5千円 + 飛行機代が15万円

サメット島にて 2016年2月23日〜3月1日 最高に楽しかったけれどもボロクソに疲

記事を読む

マーライオン

旅の友達とタイムカプセルの丘 | Young Age Vol.19

2001年7月17日 朝、マーシーと最後の朝食を食べた後、固い握手をして別れた。 も

記事を読む

ジャラン・ジャクサ

旅人の街、ジャランジャクサ | Young Age Vol.30

1998年 日本の初出場となったフランスW杯 中田のプレーは海外のクラブに認められ、イタ

記事を読む

原点回帰の旅 | バンコクカオサンロード

原点回帰の旅 | バンコクカオサンロード

7月4日〜7日 俺たちの旅はグダグダになっていた。 パンガン島では一泊950バー

記事を読む

俺のビーチを探し求める旅 | サムイ島

『サムイ島』俺のビーチを探し求める旅

サムイ島 6月28日〜7月1日 男だったら誰でも一度は『秘密基地』や『隠れ家』と

記事を読む

ミドルエイジ

ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く | ヤングエイジ外伝 「ミドルエイジ」

2001年7月 初めてタオ島に来た時、いつかダイビングのライセンスを取るのだと心に決めた。

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑