エチオピアの国内線に安く乗る方法(飛行機)

公開日: エチオピア

エチオピアの地図

2月15日

俺たちがエチオピアに入国してから既に半月以上の時間が経っていた。俺たちは空港で一ヶ月のアライバルビザを取得していたので2月28日までエチオピアに滞在出来る。そうは言っても万が一の事を考えると27日、いや26日までに出国出来るようにしておきたい。

そう考えると残りの日数はたったの11日。
いつの間にか時間が無くなっていると思ったが三泊四日のツアーに二回も参加しているので当然と言えば当然の事だった。

考えに考えた結果、飛行機を駆使すればゴンダールからラリベラまで一気に飛んで3日ほど過ごし、ラリベラから飛行機でアルバミンチへ飛んでそこから車をチャーターしてエチオピア南部の先住民族が住んでいる場所をまわって、さらに時間があればラスタ発祥の町と言われるシャシャマネに寄って陸路で首都アディスアベバへ戻り、出国してバンコクに向かうと言うベストプランを組み立てた。

お金は掛かるが時間は相当短縮出来る。しかもエチオピアのバスに乗らなくて良いと言うグレートプラン。これに決めた!

エチオピアの国内線に安く乗る方法

エチオピアは陸路が整備されていないのでバスだとかなり時間が掛かる事が多い。その分、飛行機の便はわりと良くて観光客が行くような場所には大体、空港がある。しかし、スカイスキャナーなどで調べると国内便の料金はかなり高くて1フライト、1万円以上は普通に掛かる。

そんな訳で飛行機は敬遠していたのだがシミエン国立公園のトレッキングで一緒になったアイルランド人夫妻から耳寄りの情報を教えてもらった。

エチオピアンエアラインで入国した人は国内便が大幅に割引になる

しかし、エチオピアンエアラインのオフィスにて申し込まないと割引にならないとの事だった。実際に彼らの持っていたゴンダール〜ラリベラ〜アディスアベバまでの2区間のフライトのチケットでひとり100USドル程度だった。

前日の14日にエチオピアンエアラインのオフィスに行ったのだが日曜日だった為にやっておらず15日の朝一番でオフィスに行ったのだがラリベラ行きの当日チケットは買えず、16日は飛行機が飛んでおらず、17日のチケットしか無いとの事だった。

世界遺産ハンターとしてどうしても行っておきたい場所は、初めて世界遺産に登録されたファースト12のひとつでもあるS級世界遺産『ラリベラの岩窟教会群』。エチオピアでもっとも重要な世界遺産だと言える場所だ。

しかし・・・

ただでさえ時間が無いと言うのに2日間もヒマすぎる。
前日にゴンダールの観光はすべて終わらせてある。

ちなみにラリベラまでの片道航空券は激安でわずか35USドル。

世界遺産ハンター的にはラリベラ一択なのだが俺、個人としては南部に住んでいる先住民族に会いに行ってきた方が楽しそうだ。マリちゃんも先住民族の方に興味がある。

ここで2日間ロストしてラリベラへ向かうと先住民族をまわれなくなる可能性が出てくる。如何せん、エチオピア南部の情報はまるで持って無い。

断腸の思いでラリベラを諦めてこの日のうちにアディスアベバへ飛んで翌日にアルバミンチまで飛んで行く事にした。飛行機代はこの2フライトでひとり111ドル、大分割引が効いている。

エチオピアに行く時はエチオピアンエアラインがマジでおすすめ

辛い決断だったが俺たちはこの日のうちにアディスアベバまで飛んで翌日にはエチオピア南部のアルバミンチまで到着する事が出来た。

奇遇にもアディスアベバの空港で、国内線に安く乗る方法を教えてくれたアイルランド人夫妻に再会した。同じようなルートで旅する者どおし、スタンド使いがスタンド使いに引き寄せられるよう旅人は旅人と偶然再会する。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : エチオピア

関連記事

高山病で下山? | シミエン国立公園、2日目

高山病で下山? | シミエン国立公園、2日目

シミエン国立公園 2月11日 朝8:30、キャンプサイトを出発 ク

記事を読む

ムルシ族

エチオピアの物価と治安 | 25泊の総費用は約38万2千円(内飛行機代が10万5千円)

2016年1月29日〜2月23日 エチオピアは今まで旅した国の中でもっとも印象深く、も

記事を読む

黄色い硫黄泉がわき出す泉と塩のキャラバン | ダナキル砂漠ツアー03

黄色い硫黄泉がわき出す泉と塩のキャラバン | ダナキル砂漠ツアー03

ダロール火山をあとにして塩の砂漠へと戻る。 手前がダロール火山の硫黄で出来た奇

記事を読む

ムルシ族 mursi

アルバミンチから車をチャーターしてエチオピア南部の先住民族に会いに行く

写真はムルシ族 2月16日 ゴンダールからアディスアベバ経由でアルバミンチまでや

記事を読む

カイヤファール(keyafer)のマーケット

カイヤファール(keyafer)のマーケットは入場無料です。

午前中、ムルシ族の村を見学したあとカイヤファール(keyafer)のマーケットへと向かった。

記事を読む

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

2月19日 朝から車を押しがけし、砂埃にまみれて数時間、ブルジャンプとむち打ちのイベン

記事を読む

ハマル族

人の悪いところばかりを見て、あら探しをしても何もいい事は無い

ブルジャンプが終わり、ハマル族の村を後にしようとした時に、帰りの足が無い欧米人を乗せてくれな

記事を読む

ムルシ族

エチオピアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

エチオピア連邦民主共和国は、モロッコと並びアフリカ大陸でもっとも世界遺産の多い国で、アフリカ

記事を読む

ラスタ発祥の地でレゲエの聖地、シャシャマネにあるジャマイカンビレッジ

ラスタ発祥の地でレゲエの聖地、シャシャマネにあるジャマイカンビレッジ

2月21日 えっ!?ラスタ発祥の地ってエチオピアにあるの? きっかけは、エジプト

記事を読む

絶景!エチオピアの天井と言われる世界遺産『シミエン国立公園』

絶景!エチオピアの天井と言われる世界遺産『シミエン国立公園』

シミエン国立公園 1978年、世界自然遺産に登録 / (vii)(x) / 危機遺産

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

  1. 岡田えなみ より:

    初めまして。ブログとても楽しく拝見しております。
    エチオピアへの個人旅行を計画中のため、大変参考になり有難く存じます。国内線のチケットを値引き価格で入手できる裏技を是非マネさせていただきたいのですが、エチオピア航空で入国したことをどうやって御証明されたのか、差し支えなければ教えてくださりますと幸甚です。

    • 世界遺産ハンター より:

      岡田えなみさん
      エチオピアに入国した際の、エチオピア航空のボールディングパス(座席とかが書いてあるやつ)を持ってエチオピアエアラインのオフィスに直接行けば割引が効きます。NETなどでは割引してもらえないみたいなので現地のオフィスに直接行く必要があります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑