新宿から片道わずか1660円、日帰り出来る世界遺産『日光の社寺』

日光の社寺

先日、栃木県にある世界的に有名な観光地『日光の社寺』に日帰りで行ってきた。日光東照宮、日光山輪王寺、二荒山神社が世界文化遺産に登録されている。

日帰り出来る世界遺産『日光の社寺』

日光は新宿から片道わずか1660円、約3時間で行けるので日帰り出来る世界遺産だ。
朝8時30分頃、家を出てローカル電車を乗り継いで北千住駅から『東武スカイツリーライン快速』乗り換え約2時間で東武日光駅に到着した。日光は小学生の頃に日光移動教室で来た以来なので実に20年以上ぶりだ。

東武スカイツリーラインの快速は遠出する電車に良くある向かい合った4人用の座席なので足が伸ばせなくてなかなか大変だった。

世界遺産めぐり手形

世界遺産巡り手形

11時半前に東武日光駅に到着。駅にて『世界遺産巡り手形』と言う世界遺産をまわるバスの一日券を購入(500円)。『二社一寺共通拝観券』と言う日光東照宮、日光山輪王寺、二荒山神社をまわれる1000円のチケットを購入したかったのだが残念なことに今はもう販売していないとの事だった。

12:18、東武日光駅付近にて昼食を済ませて世界遺産バス乗り約10分、2駅目の『勝道上人銅像前』停留所で下車をして日光山輪王寺に向かう。

世界遺産巡り手形は何度でもバスに乗れるのだが世界遺産『日光の社寺』は全て徒歩でまわれるので結局、行きの一回と帰りの一回で二回しか乗る事は無かった。

輪王寺

日光山輪王寺

輪王寺を建立した勝道上人の銅像の前でバスを降り輪王寺の中心的な建物、三仏堂(大本堂)に向かう。残念な事に三仏堂は現在解体修理中で解体されている三仏堂を見学。写真を撮る事は出来なかったが木彫三仏座像の千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音は閲覧する事が出来た。ある意味、解体中の三仏堂を見学出来る機会など滅多にある事ではないのでラッキーだったと思う事にした。

三仏堂の裏手に建つ『相輪橖』を見た後、徳川家光公霊廟の国宝、大猷院へ向かう。残念な事に唐門は修繕中だったが皇嘉門の方は見る事が出来た。寺の隅々まで豪華な彫刻が彫ってあり、見入ってしまう。

日光山輪王寺について書いた記事
天界への旅がデザインされた大猷院廟、世界遺産『輪王寺』

閲覧料は三仏堂と大猷院のセットの券で900円。

二荒山神社

日光二荒山神社

古くから霊峰二荒山(ふたらさん・男体山)を神の鎮まり給う御山として尊崇したことから、御山を御神体山と仰ぐ神社。世界遺産、大国殿の中にあった『宝刀 大太刀 太郎丸』と言う総長260.5センチ、刃長179.2センチ、重さ7.2キロもある刀が凄い存在感だった。こんな厳つい刀、原哲夫の漫画『花の慶次』じゃないと扱えないのではないかと思った。

宝刀 大太刀 太郎丸

また、二荒霊泉と言う湧き水が出る場所がパワースポットとして有名らしく、せっかくなので生で飲めるのかどうか良くわからなかったが恐る恐る飲んでみた。味はイマイチ美味しいとは思えなかった。

二荒山神社について書いた記事
二荒山神社の見所 | 世界遺産『日光の社寺』

閲覧料は200円

日光東照宮

日光東照宮

最後は日光東照宮、徳川家康を祀った神社で当初は比較的質素な作りだったが三代将軍家光の1636年「寛永の大造替」によりの絢爛豪華な形となった。現在は『陽明門』が改修中で見る事が出来ない。残念な事に今、日光は大改修中でかなりの見所が改修中になっている。その為、魔除けの逆柱も良く見る事は出来なかった。

日光に来るのは20年ぶり以上なのでほぼ記憶に無いのだが本地堂(薬師堂)の内天井に描かれた『鳴竜』の事だけは微かに覚えていた。竜の絵の下で拍子木を鳴らすと、音が拡がらずに共鳴・反射し竜が鳴いているように聞こえるのを小学生の頃もこうして聞いていたなと断片的にだが思い出す事が出来た。

あとは有名な三猿、見ざる言わざる聞かざる。描かれた彫刻の事など記憶にさっぱり無かったのだが『見ざる言わざる聞かざる』と言う言葉だけは強く記憶に残っていた。今、思えば小学生の時に日光移動教室で勉強した事は『見ざる言わざる聞かざる』と言う言葉だけしか憶えていない。

日光東照宮について書いた記事
北斗七星の配置にデザインされた日光東照宮 | 世界遺産『日光の社寺』

拝観料は1300円

日光日帰りの旅で掛かった費用

電車代
片道1660円、帰りは特急を使ったので+1000円で合計4320円

バス代(世界遺産巡り手形)500円

拝観料
日光山輪王寺900円
日光二荒山神社200円
日光東照宮1300円

昼食代 約1000円
帰りの駅弁 約1500円
飲み物代 約300円

合計 約10,020円

世界遺産、日光の社寺の記事一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2015/06/19 世界遺産 冒険の記録 日本の世界遺産

関連記事

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群 | ロシアの世界遺産

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群 White Monuments of Vladim

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

サクサイワマン (Saksaq Waman) | 世界遺産『クスコ市街』に登録されている巨大なインカの石組み

サクサイワマン (Saksaq Waman) | 世界遺産『クスコ市街』に登録されている巨大なインカの石組み

2017年2月2日 前日にストライキが起きていた為にオリャンタイタンボからクスコに来る

記事を読む

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

5月3日 オーストラリア、レンタカーの旅もいよいよ終盤戦、遂にオーストラリア最大の都市

記事を読む

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

天空の城ラピュタの名シーンのひとつと言えば、バズーとシータが逃げ込むんだ飛行石の洞窟。ここで

記事を読む

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

コンゴ民主共和国は1997年に国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。首都はキン

記事を読む

クラクフ歴史地区

ポーランドの世界遺産、一覧 全14カ所のリスト

ポーランド共和国はドイツとウクライナの間にある国で、世界遺産の数は14件と多い。中でもアウシ

記事を読む

タイの世界遺産

タイの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

バックパッカーがアジア各地を旅するための中継地点、タイ。何度も訪れているが世界遺産はまだ、ア

記事を読む

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

11月17日 農村的なバロック様式の建物が並ぶ町、ホラショヴィツェに行ってきた。この町

記事を読む

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

メキシコシティの治安と物価 2016年9月1日 メキシコと日本との時差14時間、

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑