モザンビークの世界遺産『モザンビーク島』

公開日: 世界遺産

モザンビークの世界遺産『モザンビーク島』

モザンビーク共和国

Mozambique Republic

モザンビークって日本人には馴染みが薄い国で何処にあるのか検討がつきにくいと思うけど、南アフリカの北東、タンザニアの南に位置する国で首都はマプト、公用語はポルトガル語。通貨はメティカル (MZM)で宗教は、カトリック教会、ザイオニスト教会(Zionist Churches)、イスラム教、その他の宗教、無宗教と特に決まった宗教は無く、かなりバラバラ。また、日本に馴染みの薄いモザンビークだが、漫画『へうげもの』などに登場する織田信長の家臣『弥助』はモザンビーク出身だと言われている。

モザンビークにある世界遺産は『モザンビーク島』の一件のみ。

モザンビーク島

英名:Island of Mozambique
1991年に世界文化遺産に登録

モザンビーク島は、モザンビークの沖合い3.5kmに位置するサンゴ礁の島で、ポルトガル植民地時代、モザンビークの中心的都市として機能し、ポルトガルのアフリカ侵略の重量な拠点として発展した。また、交易で栄えキリスト教文化、イスラム教文化、インド文化が混在している文化的価値が高く評価され世界遺産に登録された。美しいビーチや歴史ある建築物が見所。

日本との関わりとしては、九州のキリシタン大名が派遣した天正遣欧少年使節の4人が1586年にヨーロッパからの帰り道で、喜望峰(南アフリカのケープ半島)からモザンビーク島経由して帰国した。

モザンビーク島は、観光客はかなり少なく、のんびりとした雰囲気が味わえそうだ。

モザンビーク島への行き方

モザンビーク島は空港がない為、モザンビーク第二の都市であるナンプラからタクシーか乗合バスで移動。
乗合バスだと約4時間〜5時間くらい
タクシーだと2時間半〜3時間くらい

モザンビーク島の見所

サン・セバスティアン要塞
16世紀にポルトガルが建造した要塞

サン・パオロ宮殿
元はフランシスコ・ザビエルの名を冠したイエズス会の学校で、1610年にポルトガル人司令官の館に改築された。

ノサ・セニョラ・デ・バルアルテ
1522年に建てられたノサ・セニョラ・デ・バルアルテ礼拝堂で、南半球、最古のヨーロッパ建築と言われている。

モザンビーク島の大きさは、長さ約3km、幅200m〜500mと徒歩で移動できそうな小さな島で、ほとんどの見所は島の北端に集中している。

公開日: : 世界遺産

関連記事

マチュ・ピチュ(machu picchu)

マチュ・ピチュ(machu picchu)| ペルーの世界遺産

2017年1月30日 俺たちは約1週間にわたる聖なる谷の旅の末に、ペルーを代表する世界

記事を読む

マカオ歴史市街地区

マカオ歴史市街地区 世界遺産、全30カ所のリスト

マカオ歴史市街地区は約400年掛けて出来た中国文化と西洋文化との融合で、町中至る所に中世の雰

記事を読む

アンティグア・バーブーダの世界遺産

アンティグア・バーブーダの世界遺産『アンティグアの造船所と関連考古遺跡群』

アンティグア・バーブーダの世界遺産 まず、アンティグア・バーブーダって何処だよ?って思

記事を読む

ファイブラタ

ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

インドにある寺院の原型と言われる「パンチャ・ラタ」(5つのラタ) 五つの寺院に見えるが、実は、

記事を読む

ベルリンの近代集合住宅群 | ドイツの世界遺産

世界遺産『ベルリンの近代集合住宅群』の場所、行き方

ベルリンの近代集合住宅群 Berlin Modernism Housing Estates

記事を読む

エリトリアの世界遺産『アフリカの近代都市アスマラ』

エリトリアの世界遺産『アフリカの近代都市アスマラ』

出典:Sailko エリトリアの世界遺産 エリトリアの世界遺産は2017年に登録された『

記事を読む

ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩坑 | ポーランドの世界遺産

ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩坑 | ポーランドの世界遺産

ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩坑 Wieliczka Salt Mine ヴ

記事を読む

中国の世界遺産、一覧

中国の世界遺産、一覧 全50カ所のリスト

2016年、世界遺産の多いい国ランキング弟2位の中国。1位の世界遺産大国イタリアを今にも追い

記事を読む

イランの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

イランの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

イラン・イスラム共和国にある世界遺産は2014年に『シャフリ・ソフタ』が追加されて全部で17

記事を読む

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区 Historic Centre of Vienna 2001年、世界文

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑