ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森

英名:Forest of Bialowieza
1979年、世界自然遺産に登録

ビャウォヴィエジャの森

ビャウォヴィエジャの森はポーランド東部とべラルーシ西部の国境にまたがる、ヨーロッパ最大の森林地帯でヨーロッパ最後の原生林と言われている。また、ヨーロッパバイソンの棲息地としても知られている。

ヨーロッパで最も人の手が及んでいない原始林で、絶滅が危惧される動植物の個体群を保護する為、世界遺産として登録された。

アクセスはビャウィストクからバス、またはワルシャワから直行バスが出ている。

入場料はひとり6PNLで入場するにはガイドの人を雇わなければならずガイド料は225PNL(約8千円)で10人まで行くことが出来る。しかし、俺たちが行った時は完全にオフシーズンで他にだれもおらず俺たち二人だけ、仕方が無いのでガイド料225PNLと入場料を払って約3時間のツアーに行ってきた。

俺たちの他に誰もいない森を探索出来るのは贅沢な話だがポーランドに来てから結構、お金が掛かるのが辛いところ。

ビャウォヴィエジャの森

ガイドの人は英語の話せる人をお願いしたので、しっかりと英語で説明してくれたのだがあまりにもしっかりとした説明過ぎて難しくて全然理解出来なかった。普通の会話なら大体分かるのだけれども説明の部分になると単語が専門的過ぎてさっぱり分からず、己の英語力の無さに凹む。

ガイドの人はペラペラと一生懸命に説明してくれるのだがもはや適当にアーハンとかアイシーとか言ってごまかすしか無い。しかもちゃんとしたガイドさんなので色々と説明してくれるのだけど一旦、聞き取れないと諦めるとマジで何を言ってるのかさっぱり分からず聞き流すのが苦痛でしかない。ガイドさん、本当にごめんなさい。

そんな俺でも多少は理解出来るところと簡単な質問をして少しはビャウォヴィエジャの森について勉強をする事が出来た。

ビャウォヴィエジャの森

あそこに鳥がいるとか、あの鳥はウッドストックだとかウッドストックは頭が赤くて帽子をかぶってるみたいだとか、木に穴を開けて虫を食べるから森のドクターと言われているとかそんな簡単な事だけど。

ビャウォヴィエジャの森

また、大木などは木が死んでも10年とかそれ以上、立ったままになっているそうだ。倒れている大木など死んでから数十年たってようやく全部、虫などによって朽ち果てるそうだ。原始林なので様々な要因で木が死んで新しい木が生えてくるからこの辺の木の年齢はまちまちなのだそうだ。

ビャウォヴィエジャの森

薄暗い森、朽ち果てた木々、うっそうと茂るコケやキノコ、鳥達のさえずり、この森は自然のサイクルのままになっている。

ビャウォヴィエジャの森

ガイドの人はとても良く説明してくれたが特に固有名詞がさっぱり分からなかった。これはオークだよとかパインだよと言うのは理解出来るのだが俺たちの英語のボキャブラリーが少なすぎる為にすぐ話についていけなくなってしまうのが残念だった。

ポーランドの世界遺産

また、一番楽しみにしていたバイソンには遂に出会う事は無かった。俺たちは翌日の早朝、朝日が登る前にもう一度、ビャウォヴィエジャの森の入り口近くまで行ってバイソンを観察しようと思ったのだが結局バイソンを発見する事は出来なかった。

ガイドの人の口調からも運が良ければバイソンを見られるかもね位の確率のようだった。
俺たちの目的は世界遺産のハントだからバイソンは見られなかったけれども目的は達成出来たので次の目的地ワルシャワに向かう事にした。

ポーランドの世界遺産、一覧

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 ポーランド 世界遺産

関連記事

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 Kalw

記事を読む

アフガニスタンの世界遺産、一覧

アフガニスタンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

アフガニスタン・イスラム共和国の首都はカーブルで、公用語はパシュトー語、ダリー語。通貨はアフ

記事を読む

エルサルバドルの世界遺産

エルサルバドルの世界遺産

エルサルバドル共和国の首都はサンサルバドルで公用語はスペイン語。米州大陸部全体で最小の国家だ

記事を読む

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

バルト三国はそれぞれ旧市街があり世界遺産に登録されている。エストニアのタリン、ラトビアのリガ

記事を読む

ワルシャワの文化科学宮殿

ワルシャワからバスでザモシチまで

写真は悪の帝国のようにワルシャワに君臨する文化科学宮殿。 旧ソ連の衛星国だった1956年に

記事を読む

マチュ・ピチュ(machu picchu)

マチュ・ピチュ(machu picchu)| ペルーの世界遺産

2017年1月30日 俺たちは約1週間にわたる聖なる谷の旅の末に、ペルーを代表する世界

記事を読む

モスクワにある世界遺産『ノヴォデヴィチ女子修道院群』 | ロシア

モスクワにある世界遺産『ノヴォデヴィチ女子修道院群』 | ロシア

モスクワにある世界遺産は3件、その内の1つ『ノヴォデヴィチ女子修道院群』に行って来た。

記事を読む

京都の世界遺産『古都京都の文化財』一覧、全17カ所のリスト

古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市) 1994年、世界文化遺産に登録 京都は7

記事を読む

スーダンの世界遺産、一覧

スーダンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

スーダン共和国の首都はハルツームで公用語はアラビア語と英語。通貨はスーダン・ポンド (SDG

記事を読む

聖オラフ教会の展望塔

エストニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

エストニア共和国は、日本人になじみの薄いバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)のひと

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑