ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 | ドイツの世界遺産

公開日: ドイツ 世界遺産

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 | ドイツの世界遺産

11月29日

ベルリンから日帰りで世界遺産『ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群』へとやってきた。ベルリンからは電車で一時間ちょっとで行けるので気軽に観光出来る。

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群

Palaces and Parks of Potsdam and Berlin
1990、1992、1999年に世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iv)

1745年、フリードリヒ大王が夏の離宮としてサンスーシ宮殿を建造させ、後に出来た150余りの建築物が結びついて、他に類を見ないレベルの文化財となった。
なかでも有名なのがサンスーシ宮殿やポツダム会談で使われたツェツィーリエンホーフ宮殿で、俺たちはこの2つをメインにまわる事にした。

ベルリンからはA、B、C区間共通の一日券を購入して行けばベルリン市内はもちろんポツダム市内のバスやトラムも乗り放題でとてもお得だった。チケットは地下鉄などの券売機で普通に購入出来る。特にポツダムでは電車やトラムに何度も乗る事になるので絶対に買っておいた方がいい。

サンスーシ宮殿と庭園 (Schloss und Park von Sanssouci)

天気はあいにくの曇り空で今にも雨が降り出しそうだった。前日に雪がふったせいで気温もかなり低い。

サンスーシ宮殿

サンスーシ宮殿

サンスーシ宮殿の入り口

薄暗い空はまるで暗黒大陸。それでもこの天気なら空が白飛びしないのでダークな感じの写真が撮れるからまだいい方。

サンスーシ宮殿

サンスーシ宮殿

サンスーシ宮殿

サンスーシ宮殿にあった、なんだかイカしているマーク。

風車

近くには風車もあり、曇天がよく似合う。

Neues Palais

サンスーシ宮殿の奥にあるNeues Palais、遠くに見えているのだが歩いて行くとなかなか辿り着かない。

Neues Palais

Neues Palais

Neues Palais

Neues Palais

Neues Palais

サンスーシ宮殿から行ったNeues Palaisの裏側。もしかしたら正面?

Neues Palais

ここはかなり立派な建物のオンパレードでなかなか見応えがある。しかし、雨が降ってきた為にテンションはだだ下がり。

ツェツィーリエンホーフ宮殿 (Schloss Cecilienhof)

Neues Palaisからはバスを乗り継いでポツダム会談が行われたツェツィーリエンホーフ宮殿へ向かった。幸いな事にNeues Palaisにツアリストインフォメーションがあったのでそこでツェツィーリエンホーフ宮殿までの行き方を教えてもらう事が出来た。

ツェツィーリエンホーフ宮殿 (Schloss Cecilienhof)

雨の中、何時来るのか分からないバスを待ってようやく辿り着いたツェツィーリエンホーフ宮殿。

ツェツィーリエンホーフ宮殿 (Schloss Cecilienhof)

ふむふむ、ここでポツダム会談が行われ、ポツダム宣言に繋がるのか『その時、歴史は動いた!』みたいな気分になるのかと期待していたけれども実際は雨が降っているわ、寒いわで相当テンションが低く、早いところ写真だけ撮って宿に帰りたかった。

ツェツィーリエンホーフ宮殿 (Schloss Cecilienhof)

今にして思えばベルリンの世界遺産をまわっている頃が一番、テンションが低かった。寒いし、観光にも飽きてきた頃で、世界遺産があるから仕方なくまわっていると言った方がいいくらいに疲れていた。

正直、冬のヨーロッパはめっちゃ寒いし天気も悪いのでおすすめ出来ない。完全防寒で雪化粧されたヨーロッパの街並を見に行くのならいいかもしれないけど。

ドイツの世界遺産、一覧

俺たちがベルリンで泊まった安宿

アムステル ハウス ホステル(Amstel House Hostel)

一泊30ユーロくらいだったのでベルリンにしてはかなり安かった。若い人たちが多いので夜、うるさい事がネックだが値段を考えれば我慢出来るレベル。
スタッフの人もフレンドリーだったのでおすすめ。

公開日: : 最終更新日:2015/12/17 ドイツ 世界遺産

関連記事

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産、一覧

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ボスニア・ヘルツェゴビナは、世界遺産は二件あり、いずれも橋が世界遺産となっている。この国はボ

記事を読む

イギリスの世界遺産一覧

イギリスの世界遺産、一覧 全28カ所のリスト

イギリスの世界遺産、一覧 全28カ所のリスト(2014年) 2014年、世界遺産が多い

記事を読む

ハイチの世界遺産

ハイチの世界遺産

ハイチ共和国は1804年にラテンアメリカで初の独立をとげ、世界初の黒人による共和制国家を誕生

記事を読む

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

ホテルの朝食の絶望的な不味さに挫折して朝食はコーヒーと目玉焼きのみとなった。フィリピンの食事

記事を読む

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

2016年1月13日 世界でもっとも有名な世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザか

記事を読む

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

タリン、リガ、ヴィルニュス、ワルシャワと世界遺産に登録されているヨーロッパの旧市街をまわり、

記事を読む

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

2月17日 朝、ホテルの前で車を待っていると明らかにクーラーも効かなそうなボロい日産の

記事を読む

チュニジアの世界遺産、一覧

チュニジアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

チュニジア共和国は北アフリカ、アルジェリアとリビアの間にあり、地中海を挟んでイタリアの南に位

記事を読む

レソト王国の世界遺産『マロティ‐ドラケンスバーグ公園』

レソトの世界遺産 レソト王国にある世界遺産は、2013年に複合遺産として登録された『マロテ

記事を読む

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

11月17日 農村的なバロック様式の建物が並ぶ町、ホラショヴィツェに行ってきた。この町

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑