『サン・ジミニャーノ歴史地区』13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産

公開日: イタリア 世界遺産

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

サン・ジミニャーノ歴史地区

Historic Centre of San Gimignano
1990年、世界文化遺産に登録

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

サン・ジミニャーノ歴史地区は、フィレンツェから約50km南にあり、13世紀〜14世紀の町並みがそのまま残っている。町の名前は398年に亡くなったモデナの司教、聖ジミニャーノにちなんで付けられた。

アクセスはフィレンツェから電車でポッシボンシ駅まで行き(電車代は片道7.3ユーロ)、そこからサン・ジミニャーノまでバス。バスのチケットは駅のキオスクみたいな場所でおばちゃんから購入、片道2.5ユーロ。(往復で買っておいた方が良い)バス停は駅を出た目の前。

今まで数々の旧市街を見てきたが、この町は本当にすごくてまるで中世の世界に迷い込んでしまったかのような印象を受ける。建物の保存状態はとても良く、町並も綺麗だしお土産物屋さんに売っているものもオシャレでついつい欲しくなってしまう。

サン・ジミニャーノ歴史地区

町の入り口からして雰囲気がとてもよく、これはもしかして凄いところに来てしまったのではないかと期待が膨らむ。

サン・ジミニャーノ歴史地区

予想通りにイカした町並。入り口付近にあるお土産物屋さんはクオリティーが高かった、特にレザー製品がかっこ良くて思わず鞄を買いそうになってしまった。荷物になるし200ユーロ以上したので泣く泣く諦める事にした。イタリアはマジでオシャレな国なので物欲が刺激される。

サン・ジミニャーノ歴史地区

日本だと『サン・ジミニャーノ歴史地区』はあまり有名ではないが、この町並は本当に素敵でとてもオススメの世界遺産。実際、俺もイタリアの世界遺産を調べるまでは全く知らなかったし、フィレンツェに来てからサン・ジミニャーノ調べ直して、凄そうだから来てみたのだけれども大正解だった。

サン・ジミニャーノ歴史地区

この町では貴族たちの権力の象徴としての沢山の塔が建てられ72本もの塔が町内に建設された。そのため、塔の町としてイタリアでは有名だそうだ。

サン・ジミニャーノ歴史地区

小さい町なのに至る所から塔を見る事が出来る。

サン・ジミニャーノ歴史地区

雰囲気のある町並と沢山の塔がこの町の魅力。

サン・ジミニャーノ歴史地区

標高324mの丘の上にあるので高台から見下ろす景色も最高。

サン・ジミニャーノ歴史地区

雲の切れ間から差し込む夕日が綺麗だった。

サン・ジミニャーノ歴史地区

塔の町だけあって沢山の塔が見える。

サン・ジミニャーノ歴史地区

町を見て良し!見下ろす風景も良し!
それがサン・ジミニャーノ。

サン・ジミニャーノ歴史地区

旧い町並みと沢山の塔が素敵な町だった。

サン・ジミニャーノ歴史地区

晴れたり曇ったりと忙しい天気だったけれども幸いな事に雨は降らなかった。俺たちがここに来る途中、雨が降ってたり、麓の町まで戻ったら地面が濡れていたのでラッキーな事にここだけ降らなかったのだろう。

サン・ジミニャーノ歴史地区

オリーブと夕日。そこら辺にオリーブが生えているなんて流石はイタリアだ。スーパーで適当に買ったオリーブオイルもめちゃくちゃ美味しかった。

サン・ジミニャーノ歴史地区

今までヨーロッパを二ヶ月以上掛けてまわってきたけれども、やっぱりイタリアが最強だよ。何処行っても本当にすごい。

サン・ジミニャーノ歴史地区

日も傾いてきたしそろそろ帰ろうかと思ったのだがハプニング発生!
なんとバスが17時過ぎまでバスがない。この日はイタリアの休日だったらしくバスが休日運行で14時何分かのバスの次が17時過ぎ・・・

おい!いくら何でもバス少なすぎだろ〜

サン・ジミニャーノ歴史地区

仕方が無いので日本語で『アイスクリームの世界チャンピオン』と書いてあるお店でアイスクリームを購入。お店の初老の人に『あなたがチャンピオンですか?』と尋ねると『I was champion』ふ、遠い昔の話さみたいな事を言ってアイスクリームをよそってくれた。

ちなみにこのアイスクリームは激ウマだった。まぁ大体のアイスクリームは基本的にうまいんだけどね。

サン・ジミニャーノ歴史地区

そんでもって時間が余っているから夜景撮影タイム。

サン・ジミニャーノ歴史地区

夜のサン・ジミニャーノはより雰囲気が出ていてとても良い。バスの時間もきっと『お前ら帰るの早いよ、夜景見てから帰れ』と言う事なのだろう。

サン・ジミニャーノ歴史地区

夜景を撮っていればバスの時間まですぐだった。

サン・ジミニャーノ歴史地区

素敵な夜景も撮れたし、大満足。

イタリアの世界遺産、一覧

公開日: : 最終更新日:2018/01/15 イタリア 世界遺産

関連記事

ニカラグアの世界遺産、一覧

ニカラグアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ニカラグア共和国は中央アメリカ中部にある国で首都はマナグア。公用語はスペイン語で通貨はコルド

記事を読む

世界遺産『ヴォルビリスの古代遺跡』 | モロッコにあるローマ遺跡

世界遺産『ヴォルビリスの古代遺跡』 | モロッコにある古代ローマ遺跡

ヴォルビリスの古代遺跡までの行き方 2015年12月26日 俺たちは古都メクネス

記事を読む

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

ラトビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ラトビア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで1991年にソビエト

記事を読む

コパンのマヤ遺跡 | ホンジュラスの世界遺産

コパンのマヤ遺跡 | ホンジュラスの世界遺産

Maya Site of Copan 朝、目覚めると相当な疲れが身体に残っている、どう

記事を読む

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

11月6日から11月9日にかけてチェコのレドニチェからオーストリアのウィーンまで小旅行に出か

記事を読む

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観 | チェコの世界遺産

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観 | チェコの世界遺産

レドニツェ、ヴァルティツェへの行き方 11月4日 俺たちはオロモウツから電車に乗

記事を読む

グルジアの世界遺産、一覧

グルジアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

グルジアは北にロシア、南にトルコとアルメニアがあり、1991年に旧ソ連より独立した。首都はト

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

シュテファン寺院

オーストリアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

オーストリア共和国は中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦で負ける

記事を読む

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

11月17日 農村的なバロック様式の建物が並ぶ町、ホラショヴィツェに行ってきた。この町

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑