富岡製糸場と絹産業遺産群 | 日本の世界遺産

公開日: 日本の世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群 | 日本の世界遺産

時はさかのぼり2015年の6月、俺たちは世界遺産ハンターとして旅に出るちょっと前の事だった。これから世界中の世界遺産をハントするにあたって、まずは(当時)日本の一番新しい世界遺産、富岡製糸場をハントしようとして、当時サラリーマンだった俺は有給を使い、東京からわりと近い世界遺産『富岡製糸場』を目指して高崎駅に降り立った。

しかし、わざわざ会社を休んでまで行った富岡製糸場は定休日で、高崎まで来て、急にやる事が無くなってしまったのだ。

富岡製糸場の定休日 水曜日

で、仕方なく、観光案内所でなんかおもしろそうな場所ない?って聞いたら榛名神社と言うところを紹介してもらった。けっきょくその日は榛名神社で我慢する事に。

パワースポットとして有名な榛名神社

ただ、この神社が、意外と言っては失礼なのだけれどもメチャクチャ雰囲気が良くて、日本屈指のパワースポットのひとつと言われても素直に信じられるくらい素敵な場所だった。あの日、富岡製糸場が休みじゃなかったらきっと俺たちは榛名神社に行くことは無かったのだろうと思うので、結果的にあの日は、富岡製糸場が休みで良かったのかもしれない。

それくらい、榛名神社はオススメの神社。

それからまた、1年ちょっとの月日が流れ、ヨーロッパやアフリカ大陸、オセアニアの島々、東南アジアを旅して日本に一時帰国をした際に、富岡製糸場へ再チャレンジする事になった。

富岡製糸場と絹産業遺産群

2016年8月12日

俺たちは、再び、この地へとやってきた。(もう半年以上も前だけど・・・)

富岡製糸場と絹産業遺産群

Tomioka Silk Mill
2014年、世界文化遺産に登録

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸の工場で、1872年(明治5年)の開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。
敷地全体が国指定の史跡、初期の建造物群が重要文化財にも指定されている

富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製糸場の入り口にあるお店も雰囲気が出ている。こう言う、日本的な建物もカッコいいよね。最近は俺たちの基地をどうしようかなんてことばっかり考えている。

富岡製糸場の入り口

富岡製糸場の入り口

開場時間 : 09時00分~17時00分(最終入場 16時30分)
料金 : 大人 1,000円 / 高校・大学生 250円 / 小・中学生 150円
※西置繭所保存修理工事見学施設に行く際にはヘルメットが必要でヘルメット貸出料が200円程掛かる。

休場日 : 年末(12月29日~31日)

富岡製糸場のオフィシャルサイトによると休日は年末年始だけ???
もしかしたら二年前とは状況が変わっていて水曜日でもやっているかもしれないので行く方は、要確認。

富岡製糸場と絹産業遺産群

官営時代のフランス製繰糸器
1872年にフランスの技術を導入して設立された富岡製糸場は、当時、世界最大級の規模の製糸工場だった。

富岡製糸場

内部は博物館みたいになっており、色々と昔の様子が伺える

富岡製糸場は時期によって「富岡製糸所(1876年〜)」、「原富岡製糸所(1902年〜)」、「株式会社富岡製糸所(1938年〜)」、「片倉富岡製糸所(1939年〜)」、「片倉工業株式会社富岡工場(1946年〜)」と度々、名称を変更している。史跡、国宝、重要文化財としては「旧富岡製糸場」として登録されている。ユネスコの世界遺産に登録されている名称は「富岡製糸場と絹産業遺産群」。

富岡製糸場と絹産業遺産群

東繭倉庫(東置繭所)
外観もオシャレ、俺もこう言うレトロでオシャレな建物とか好きなんだけれども、日本で古い物件を探すと、古民家以外はどうしょうも無いくらいにダサボロいアパートとか団地になってしまうのがキツい。

富岡製糸場と絹産業遺産群

中もイカしているんだよね、ここは繭とかを保存する場所。

富岡製糸場と絹産業遺産群

俺、こう言う広くて工場っぽい雰囲気が大好きで、出来ればこう言う所に秘密基地を作りたい。あ、別に秘密じゃなくてもいいんだけどね。

結局さ、男って歳を取ってもガキの頃から根本は大して変わらなくてさ、旅したいとか、秘密基地作りたいとか、車やバイクが欲しいなんていつまでたっても言ってる訳。で、中年になると今まで働いていたから周りの奴が下手に金持ってたり、どんどんそう言う夢かなえてたりするから俺も!みたいになっちゃうんだよね。

富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製糸場、天気が良くて気持ちのいい日だったな。

富岡製糸場と絹産業遺産群

さすがに日本の新しい世界遺産だけあって奇麗に整備されているし、オシャレにデザインされている。入場料とかちと高いけどね。

鉄水溜

鉄水溜
ちなみにこれ、国宝・重要文化財に指定されている。

富岡製糸場

やっぱりレンガってオシャレだよね。
こう言う建物好き。

富岡製糸場で使用されていたフランス式繰糸機(岡谷蚕糸博物館蔵、レプリカ)

富岡製糸場で使用されていたフランス式繰糸機(岡谷蚕糸博物館蔵、レプリカ)

蚕

蚕、おれ、こう言う芋虫系はちょっと苦手だわ・・・

富岡製糸場

昔の写真だと、おばちゃんがこの大量の蚕に餌をあげてるけれども、俺、小さい頃に見た『スクワーム』って言う肉食の芋虫みたいなのが大量発生するホラー映画みて以来、苦手なんだよね。俺の人生でもっとも怖かった映画の内のひとつ。

これ、マジで、しゃれにならん映画だった
だけど、小学生の頃の思い出だから今みたらどうなんだろう?

富岡製糸場で使用されていたフランス式繰糸機(岡谷蚕糸博物館蔵、レプリカ)

この機会で糸を取るのだけれども、蚕はみんな熱湯とかに着けて殺しちゃうのね。
そう言えば今まで、蚕の糸を取ったらどうなるのかなんて知らなかったけれども人間って生きているだけで本当に色々な生物を殺してるんだなってちょっとしんみりしちゃった。

富岡製糸場

富岡製糸場の内部では、50mmのF1.4の明るいレンズを使って撮影していたのだけれども、このレンズ、こう言うのを撮る時はめっちゃいいね。旅中は、エチオピアの部族を撮りに行った時にもこの使ったけれどもやっぱり明るいレンズは表現力が全然違う。このレンズを使うだけでなんかプロっぽい写真になるもんね。

このレンズは、マジで雰囲気がでる。ただ、50mmは風景とかには使いづらいので他のレンズと使い分ける必要がある。

富岡製糸場

でも、物撮り、人物撮りでは抜群の性能。

富岡製糸場

繰糸所
富岡製糸場の中で中心的な建物(木骨レンガ造、平屋建、桟瓦葺き)で国宝にも登録されている。

繰糸工場

繰糸工場
なんか学校とかもそうだけれどもこう言う古くて大きい施設をリノベーションして使えたら最高だな〜ってよく思う。この繰糸工場は、第二次世界大戦でアメリカ軍空襲を受ける事も無く、1987年(つい最近じゃん!)まで製糸工場として機能し続けた。その後も、片倉工業が保存に力を入れていた為に現在のような良好な保存状態で残されている。

繰糸工場

内部はスゲー機械

繰糸工場

当時の作業風景
この写真をみると、なんか蕎麦でも茹でてるみたい。

繰糸工場

こう言う機械もF1.4のレンズで撮るとマジで味がでてカッコいい。

繰糸工場

結局、この時にこのレンズでの撮影が楽し過ぎて、中南米に行く前にこのレンズを買ってしまったもんね

F1.8の明るさで18-35mmが撮れると言うはんぱじゃねーレンズ。最高のレンズだけれども欠点はクソ重い。ちなみに中南米編の写真は9割くらいこのレンズを使っている。

18-35mmのレンズは、50mmの単焦点と違い、めちゃくちゃ汎用性がある。しかも、どの焦点距離も単焦点並みの表現力なのでマジで最高。しかも、シグマのレンズなのでキャノン用もニコン用もあるよ。ただ、重い。

富岡製糸場

レンズで写真って大分変わるって事を富岡製糸場の撮影で再認識しちゃったから、やっぱレンズ欲しいなってなってしまった。で、結局7万以上するレンズを買っちゃったけど後悔はしていない。中南米でみっちりと半年以上使い倒したからね。

富岡製糸場

妙義寮
1940年に建てられた女子寄宿舎で、少し傾いた日差しが当たってめちゃくちゃいい雰囲気になっていた。

前回は、お休みだったので二回もこの地にわざわざ来る羽目になってしまったけれども、これにて富岡製糸場のハントは無事終了。

日本の世界遺産、一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 日本の世界遺産

関連記事

世界遺産 薬師寺

薬師寺(やくしじ)| 世界遺産『古都奈良の文化財』その6

平城宮跡から一旦ホテルに戻り、シャワーを浴びて奈良ロイヤルホテルをチェックアウト。ホテルのシ

記事を読む

若宮神社付近に生えていた大木

奈良の世界遺産、一覧『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』全9件

奈良にある世界遺産 古都奈良に登録されている世界遺産は『法隆寺地域の仏教建造物』を1件と数

記事を読む

平泉で公道を走れるゴーカートが借りられるレンタルサイクル『ゴールドレンタ』

平泉で公道を走れるゴーカートが借りられるレンタルサイクル『ゴールドレンタ平泉』

11月3日(月)から一泊二日で平泉に世界遺産ハントの旅に出た。途中、新幹線の中から見えた虹が

記事を読む

日光の社寺

新宿から片道わずか1660円、日帰り出来る世界遺産『日光の社寺』

先日、栃木県にある世界的に有名な観光地『日光の社寺』に日帰りで行ってきた。日光東照宮、日光山

記事を読む

世界遺産、東寺(教王護国寺)

東寺(教王護国寺)| 世界遺産『古都京都の文化財』その5

京都ゆるチャリ倶楽部で自転車を借り、すぐ近くにある西本願寺へ行ったのだが本願寺は18:00ま

記事を読む

見ざる言わざる聞かざる

北斗七星の配置にデザインされた日光東照宮 | 世界遺産『日光の社寺』

日光東照宮は江戸時代、約260年を築いた徳川家康公を御祭神におまつりした神社で当初は比較的質

記事を読む

世界遺産 平城宮跡

平城宮跡(へいぜいきゅう、へいじょうきゅう)| 世界遺産『古都奈良の文化財』その5

平城宮跡(へいぜいきゅう、へいじょうきゅう) 奈良時代の中心地で世界遺産『古都奈良の文化財

記事を読む

無量光院跡

無量光院跡と柳之御所遺跡の写真 | 平泉の世界遺産

無量光院跡(むりょうこういんあと) 平泉の駅前にあるレンタルサイクル、ゴールドレンタ平泉で

記事を読む

坂本龍馬の墓

坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓、霊山護国神社 | 世界遺産『古都京都の文化財』その8

清水寺を後にして地図を見ながらうろうろと自転車で銀閣寺を目指していると何と坂本龍馬のお墓を発

記事を読む

高館義経堂

高館義経堂(衣川館) | 源義経の最期の地

中尊寺を見て回った後に時間が余っていたので源義経の最期の場所として知られる高館義経堂(たかだ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑