絶景!エチオピアの天井と言われる世界遺産『シミエン国立公園』

絶景!エチオピアの天井と言われる世界遺産『シミエン国立公園』

シミエン国立公園

1978年、世界自然遺産に登録 / (vii)(x) / 危機遺産

アムハラ州ゴンダール地区にあるシミエン国立公園は、高山が連なり「アフリカの天井」とも呼ばれ、二泊三日や三泊四日のトレッキングツアーを楽しむ事が出来る。

絶景!エチオピアの天井と言われる世界遺産『シミエン国立公園』

この世界遺産は今回の旅の中でも思い出深い世界遺産のひとつとなる。

2月10日

俺たちはサイトウさんが行ってきた三泊四日のトレッキングツアーに参加した。台湾人の三人組とアイルランド人夫妻の合計7人のパーティーでデバルクを出発した。料金はひとり240ドル。

世界遺産『シミエン国立公園』

初日は車である程度のぼり、景色の良い場所からトレッキング開始。
クリーム色の高原に背の低い木々、見下ろす岩山、乾燥した荒野。

『何もないな、この国は』と思って何気なく飛行機の窓から覗いてたエチオピアの風景が今、目の前に広がっていた。

何も考えずに飛行機からただ見下ろしていた場所を今度は自らの足で歩く事となった。

まいったね、こりゃ。

アフリカの植物

アフリカの山なので見た事もないような植物とかが生えている。中でも俺が一番気に入った植物はこのトゲトゲしいタンポポみたいな植物で、名前がわからないからアフリカンタンポポと勝手に命名した。

シミエン国立公園に居たヒヒ

トレッキングを開始するといきなり野生のヒヒの群れに遭遇。ヒヒもハイカーに慣れているので近くに行き過ぎなければ落ち着いたものでゆっくりと写真を撮る事が出来る。

シミエン国立公園に居たヒヒ

大人のヒヒはイカツイのだけれども子供ヒヒはマジ可愛い。ふれあいたくなるが大人ヒヒにしっかりとガードされた場所に居るので近づけない。他の猿とかもそうだけれども子供であればあるほど人間に似ている気がする。

シミエン国立公園

アフリカの山って言うのはあたりまえの事だけれども高尾山とはすべてが違っていて、生えている植物も、住んでいる動物も、見える風景も全く違い、まるで別の世界に来たような気分になる。と言うか別の世界だ。

初日は4時間半くらい歩くとキャンプサイトに到着するのであまりキツく無い。ゆったりとしたトレッキングだ。そうは言っても標高3000m以上の高地なので体を高度順応させる必要がある。

俺たちは事前に標高2700m以上あるデバルクの町に二泊しているので高度順応はばっちりのはず。

アフリカの月

夜空を見上げるとアフリカの月が笑っていた。
月って言うのは横に欠けるものだと思っていたがどうやらアフリカでは違うみたいだ。

飛行時から見た珍しい虹

フィリピンでは飛行機の窓から縦に掛かる虹を見た、今まで虹は横にだけ掛かるものだと思っていたのだけど、どうやら違うみたいだった。知らない事を知って常識だと思っていた思い込みが少しずつ崩れていく。

アフリカに住んでいる人はきっと月が横に欠けるなんて思わないんだろうな。

シミエン国立公園

夜はみんなでたき火を囲みゆったりとした夜を過ごす。日中は日差しが強くTシャツでもいいくらいの気候だがシミエン国立公園は標高が高いだけあって夜は寒く、すべての服を着込んでも震えるくらいに寒くなる。

初日に泊まった山小屋で出会ったフィンランド人カップルはデバルクの町から徒歩で登ってきたらしくかなり疲弊していた。俺たちは半分くらい車で登った来たが彼らは8時間以上掛けて徒歩で登ってきたそうだ。

屈強な体つきをしたフィンランド人は三泊四日分の料金を払ってはいるがあまりもキツかったら二泊三日で下山するかもしれないと言っていた。次の日から俺たちも7時間くらい歩く事になる、大丈夫かな???

俺が事前に出会った人から仕入れた情報によると登山と言うよりハイキングでそこまで辛くは無かったと言っていた。でもその人は二泊三日のツアーだったし、三泊四日のツアーに参加したサイトウさんは南米でもトレッキングの経験が豊富で登山慣れしている方だ。高尾山レベルのハイカーである俺たちとは自力が違う。

トレッキングとか言う甘美な言葉に誘われて気軽にこのツアーに参加しちゃったけれども標高4000m以上の山って富士山以上だよな、、、

高尾山に登って満足していた俺が気軽に行っていい居場所なんだっけ?
そうは言っても今更引き返せない。とりあえずやるしかない。

シミエン国立公園の記事

絶景!エチオピアの天井と言われる世界遺産『シミエン国立公園』

高山病で下山? | シミエン国立公園、2日目

トレッキングと言う甘美な言葉に誘われてうっかり4000m級の山々を縦走するハメになってしまったシミエン国立公園3日目

標高4444m!エチオピアで二番目に高い山 | シミエン国立公園4日目

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 エチオピア 世界遺産

関連記事

東大寺、奈良の大仏

奈良の大仏で有名な東大寺(とうだいじ)| 世界遺産『古都奈良の文化財』その3

元興寺を後にして東大寺を目指すのだが歩くには少し遠いいし何より時間が惜しい。元興寺のすぐ近く

記事を読む

マカオ歴史市街地区

マカオ歴史市街地区 世界遺産、全30カ所のリスト

マカオ歴史市街地区は約400年掛けて出来た中国文化と西洋文化との融合で、町中至る所に中世の雰

記事を読む

アルゼンチンの世界遺産一覧

アルゼンチンの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

アルゼンチン共和国は、南米ではブラジルに次に領土が大きく、世界全体でも8番目に領土面積が大き

記事を読む

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 | モロッコの世界遺産

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 | モロッコの世界遺産

2016年1月8日〜9日 エッサウィラからアル・ジャジーダまでは民営バスで80dh(約

記事を読む

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群のひとつクルアニ国立公園 | カナダの世界遺産

写真は帰りの便で撮ったホワイトホース上空から見た北カナダの山岳地帯。 アラスカ・カナダ国境

記事を読む

ルーマニアの世界遺産、一覧

ルーマニアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ルーマニアは世界遺産が7件もあり、魅力的な国だが治安が悪く、あまり良い噂は聞かない。偽警官が

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

ハイチの世界遺産

ハイチの世界遺産

ハイチ共和国は1804年にラテンアメリカで初の独立をとげ、世界初の黒人による共和制国家を誕生

記事を読む

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

2017年2月25日〜28日 パラカスから12:00のバスに乗って16:15に中南米の

記事を読む

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | ジョージタウン編

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | ジョージタウン編

6月17〜18日 2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』で、衝撃的な

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

  1. 世界遺産を訪ねてみよう!海外旅行ツアーのある世界遺産(アフリカ篇2) | 海外旅行&海外留学 情報局 より:

    […] シミエン国立公園 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑