アンティグア・バーブーダの世界遺産『アンティグアの造船所と関連考古遺跡群』

公開日: 世界遺産

アンティグア・バーブーダの世界遺産

アンティグア・バーブーダの世界遺産

まず、アンティグア・バーブーダって何処だよ?って思う人が多いと思うけれども、俺もそうだ。
この国はカリブ海にある島国の一つで、キューバから東にベネズエラの北に位置するアンティグア島、バーブーダ島、小さい島々からなる独立連邦国で海がめちゃくちゃ綺麗な場所だ。

アンティグア・バーブーダ(Antigua and Barbuda)にある世界遺産は、現在、2016年に登録された『アンティグアの造船所と関連考古遺跡群』の一件だけ。

首都はセントジョンズで、公用語は英語。通貨は東カリブ・ドル (XEC) で、宗教はほとんどがキリスト教。住民は大昔にアフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系の人が約9割を占める。

治安はそれほど良くないと言われているが観光をする分に大丈夫そうだ。勿論、スリや置き引きなどに加え、強盗なども発生しているので気をつけるに越した事はない。物価はホテル代が高くUS60ドル〜100ドルくらいするが探せばUS30ドルくらいの安宿もあるそうだ。

アンティグアの造船所と関連考古遺跡群

英名:Antigua Naval Dockyard and Related Archaeological Sites
2016年に世界文化遺産に登録された。

ジョージ王朝様式の海事施設群が世界遺産として登録された。
イギリス海軍が18世紀にアンティグア島に造った造船所で、カリブ海の拠点となった。城壁で囲まれたジョージアン様式の海軍関連建造物群で、現存する世界最古の造船所だと言われている。この場所は、周囲を高い山地に囲まれ、ハリケーンから造船所を守るのに最適な場所だった。現在も18世紀の完成当時の姿を現代に残している。

造船所の内部にはオフィスや商店があり、なんと当時から営業を続けるパン屋さんなどもあると言う。また住居として使われていたり、現在も建物が現役で利用中である。

アクセスは日本からの直行便がないのでアメリカ経由か周辺の国からの入国が一般的。

この辺のカリブ海に浮かぶ小さい国々はアクセスも大変だし、旅行するのに結構なお金が掛かるので大変だから世界遺産ハンターとしてはどうしても後回しにしたくなってしまう。

公開日: : 世界遺産

関連記事

コートジボワールの世界遺産、一覧

コートジボワールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

コートジボワール共和国の首都はヤムスクロで公用語はフランス語。宗教はイスラム教が約38%、キ

記事を読む

まるでSF映画!想像を遥かに超えたサグラダ・ファミリア

アントニ・ガウディの作品群 | スペインの世界遺産

漫画『ギャラリーフェイク』にアントニ・ガウディ(1852年 – 1926年)の話があって、バ

記事を読む

世界遺産

2018年に新しく追加された世界遺産、19件

2018年6月24日~7月4日 バーレーンのマナマで開催された第42回世界遺産委員会で登録

記事を読む

フィレンツェ歴史地区

イタリアの世界遺産、一覧 全53カ所のリスト

2015年に『パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖

記事を読む

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

『サン・ジミニャーノ歴史地区』13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産

サン・ジミニャーノ歴史地区 Historic Centre of San Gimignan

記事を読む

ブラジルの世界遺産一覧

ブラジルの世界遺産、一覧 全19カ所のリスト

2016年、オリンピックの開催で盛り上がるブラジルにある世界遺産は全部で19カ所、世界遺産国

記事を読む

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

バルセロナを代表する建築物と言えばもちろんサグラダ・ファミリアをはじめとする『アントニ・ガウ

記事を読む

世界遺産

世界遺産が多い国ランキング2019年 全167ヶ国

2018年6月24日~7月4日 バーレーンのマナマで開催された第42回世界遺産委員会で登録

記事を読む

エクアドルの世界遺産、一覧

エクアドルの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

エクアドル共和国は、ダーウィンの進化論で有名なガラパゴス諸島(世界遺産)を有する国で、首都は

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑