アンティグア・バーブーダの世界遺産『アンティグアの造船所と関連考古遺跡群』

公開日: 世界遺産

アンティグア・バーブーダの世界遺産

アンティグア・バーブーダの世界遺産

まず、アンティグア・バーブーダって何処だよ?って思う人が多いと思うけれども、俺もそうだ。
この国はカリブ海にある島国の一つで、キューバから東にベネズエラの北に位置するアンティグア島、バーブーダ島、小さい島々からなる独立連邦国で海がめちゃくちゃ綺麗な場所だ。

アンティグア・バーブーダ(Antigua and Barbuda)にある世界遺産は、現在、2016年に登録された『アンティグアの造船所と関連考古遺跡群』の一件だけ。

首都はセントジョンズで、公用語は英語。通貨は東カリブ・ドル (XEC) で、宗教はほとんどがキリスト教。住民は大昔にアフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系の人が約9割を占める。

治安はそれほど良くないと言われているが観光をする分に大丈夫そうだ。勿論、スリや置き引きなどに加え、強盗なども発生しているので気をつけるに越した事はない。物価はホテル代が高くUS60ドル〜100ドルくらいするが探せばUS30ドルくらいの安宿もあるそうだ。

アンティグアの造船所と関連考古遺跡群

英名:Antigua Naval Dockyard and Related Archaeological Sites
2016年に世界文化遺産に登録された。

ジョージ王朝様式の海事施設群が世界遺産として登録された。
イギリス海軍が18世紀にアンティグア島に造った造船所で、カリブ海の拠点となった。城壁で囲まれたジョージアン様式の海軍関連建造物群で、現存する世界最古の造船所だと言われている。この場所は、周囲を高い山地に囲まれ、ハリケーンから造船所を守るのに最適な場所だった。現在も18世紀の完成当時の姿を現代に残している。

造船所の内部にはオフィスや商店があり、なんと当時から営業を続けるパン屋さんなどもあると言う。また住居として使われていたり、現在も建物が現役で利用中である。

アクセスは日本からの直行便がないのでアメリカ経由か周辺の国からの入国が一般的。

この辺のカリブ海に浮かぶ小さい国々はアクセスも大変だし、旅行するのに結構なお金が掛かるので大変だから世界遺産ハンターとしてはどうしても後回しにしたくなってしまう。

公開日: : 世界遺産

関連記事

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

11月6日から11月9日にかけてチェコのレドニチェからオーストリアのウィーンまで小旅行に出か

記事を読む

南アフリカの世界遺産、一覧

南アフリカの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

南アフリカ共和国は、アフリカ大陸最南端にあり、1994年までアパルトヘイトがおこなわれていた

記事を読む

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

クルシュー砂州 英名:Curonian Spit 2000年、世界文化遺産に登録

記事を読む

スウェーデンの世界遺産一覧

スウェーデンの世界遺産、一覧 全15カ所のリスト

スウェーデン王国は西にノルウェー、北東にフィンランドと言ったオーロラが観測出来る地域に位置し

記事を読む

マリ共和国の世界遺産、一覧

マリ共和国の世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

マリ共和国の国土の1/3はサハラ砂漠で首都はバマコ。公用語はフランス語で通貨はCFAフラン

記事を読む

ホンジュラスの世界遺産、一覧

ホンジュラスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ホンジュラス共和国の首都はテグシガルパで、公用語はスペイン語。宗教はキリスト教で主にカトリッ

記事を読む

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

7月28日(火) この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

記事を読む

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

12月23日 オコシンゴでトニナ遺跡を見た後、俺たちはユネスコの世界遺産『古代都市パレ

記事を読む

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

5月3日 世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』の構成資産である、コッカトゥー島、ハイド

記事を読む

パキスタンの世界遺産、一覧

パキスタンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

パキスタン・イスラム共和国は、19世紀にイギリスの植民地、英領インドであったが独立運動の中で

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑