イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』 | イタリアの世界遺産

公開日: イタリア 世界遺産

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』 | イタリアの世界遺産

12月13日

ローマからバスで約一時間、世界遺産『ティヴォリのエステ家別荘』と『ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)』を目指してティヴォリへとやってきた。この街では一気に2つの世界遺産をハント出来るので朝からはりきってやってきたのだが・・・

ティヴォリのエステ家別荘への行き方

ローマからはメトロB線でポンテ・マンモロ下車まで行き、Co.Tral社バスでティヴォリ行きに乗り大体1時間半。ポンテ・マンモロからティボリまでのバス代は往復でわずか4.4ユーロ。ローカルバスなのでやけに安い!

バス乗り場はポンテ・マンモロ駅の二階にあるのでちょっと分かりづらい、ティボリ行きは2番のバス停から20分に一本くらい出ているので時間を気にせずにバス停に行けばよいので楽だった。

ティヴォリのエステ家別荘

英名:Villa d’Este, Tivoli
2001年、世界文化遺産に登録

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

後期ルネッサンス期の代表的な庭園でイタリア一美しい噴水庭園として称えられている。噴水の数は500以上と言うから驚きだ。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

入場料はひとり8ユーロ。ここは内覧しないとまるで来た意味がないので仕方なく入場、イタリアは観光費が高くてキツい。

噴水史上の革命と云われたオルガンの噴水
高い位置に溜めた水をパイプに通すことで、水が10m以上吹き上がることに成功して噴水革命を起こした。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

ものすごい庭園なのだけれどもこれエステ家のただの別荘だからね、一体どれくらい金持ちなんだよ?と言う話。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

実はエステ家の枢機卿イッポーリト2世・デステと言う人がローマ教皇の座を巡る争いに敗れ隠匿生活をはじめる為に元々はベネディクト会の修道院だった建物を住居としてこの巨大な庭園を造らせたそうだ。

この頃のカトリックの司祭はやっぱり金持ちと言うか権力があったと言うか・・・

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

それにしてもすごい庭園だった。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

丘の上に建っているので見下ろす風景も素晴らしい。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

庭園内にはさまざまな噴水があった。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

これはアジアンテイストなのかな?

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

ほんとうに色々な噴水があった。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

噴水の後ろに見えるのが別荘。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

ドゥアーーッと噴水が並んでいる。

イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』

なんだか色々とすごかった。
俺たちは足早に『ティヴォリのエステ家別荘』を見学して、この後に世界遺産『ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)』を目指す事になっていた。

ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)

キヨスクみたいなタバコ屋さんでヴィッラ・アドリアーナまでのバスチケットを購入してバス停でバスを待っていたのだが一向にバスがやってこない。

待てども待てどもバスはやってこない、一時間以上待った時点でバスを待つ気力が無くなってしまった。せめて時刻表があれば待てるのだが時刻表も何もないでこれ以上待つのはちょっと・・・

今まで色々な世界遺産を目指したが、目的地にたどり着けなくて挫折と言うのは初めてだ。まだ、意地でも世界遺産をまわるぞ!と言う気合いがあればタクシーでも何でも捕まえて強引に行くところなのだがイタリアでも連日の観光疲れでそこまでする気力もなかった。

最初の頃はかなりストイックだった世界遺産ハントの旅も最近ではだんだんユルユルになってきた。この旅の一番の目的は世界遺産をハントする事よりも旅を楽しむ事、あんまりストイックになりすぎると楽しさより辛さが目立つからユルユルなのもいいかなと最近は思う。俺の理想とする旅ってそもそもユルユルだしね。

イタリアの世界遺産、一覧

次回からはアントニ・ガウディを求めてスペインバルセロナ編。

公開日: : イタリア 世界遺産

関連記事

ブルガリアの世界遺産一覧

ブルガリアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

ブルガリア共和国は国土も広く、世界遺産が9件もある。隣国にはトルコやギリシャなど魅力的な国々

記事を読む

ピサの斜塔で有名な世界遺産『ピサのドゥオモ広場』

ピサの斜塔で有名な世界遺産『ピサのドゥオモ広場』

12月7日 フィレンツェからローカル電車に乗って約一時間、ピサの斜塔で有名な世界遺産『

記事を読む

屋根のない博物館『フィレンツェ歴史地区』| イタリアの世界遺産

屋根のない博物館『フィレンツェ歴史地区』| イタリアの世界遺産

12月5日〜12月10日まで滞在 俺たちは水の都ヴェネツィアから電車に乗って約2時間、

記事を読む

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

天空の城ラピュタの名シーンのひとつと言えば、バズーとシータが逃げ込むんだ飛行石の洞窟。ここで

記事を読む

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

12月8日〜9日 俺たちは、メキシコシティから日帰りで行く事も出来る世界遺産『プエブラ

記事を読む

ヴロツワフの百周年記念ホール | ポーランドの世界遺産

ヴロツワフの百周年記念ホール | ポーランドの世界遺産

11月24日 ヴロツワフの百周年記念ホール Centennial Hall in W

記事を読む

パキスタンの世界遺産、一覧

パキスタンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

パキスタン・イスラム共和国は、19世紀にイギリスの植民地、英領インドであったが独立運動の中で

記事を読む

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区 Historic Centre of Vienna 2001年、世界文

記事を読む

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

メキシコシティの治安と物価 2016年9月1日 メキシコと日本との時差14時間、

記事を読む

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群 | ロシアの世界遺産

セルギエフ・ポサードはモスクワから鈍行列車で約1時間30分。モスクワからの日帰り観光も出来る

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑