黄色い硫黄泉がわき出す泉と塩のキャラバン | ダナキル砂漠ツアー03

黄色い硫黄泉がわき出す泉と塩のキャラバン | ダナキル砂漠ツアー03

ダロール火山をあとにして塩の砂漠へと戻る。

ダロル火山からアサレ塩湖へ

手前がダロール火山の硫黄で出来た奇抜な地形でその奥に見える白い部分は塩の砂漠。

塩で出来た山

塩の砂漠を戻り、塩の層の起伏によって出来た塩の山(岩)を越えて南へ進んでく。

硫黄泉

しばらく塩の砂漠を進むと鉄などを含んだ黄色い水がわき出す泉がある。

硫黄泉

なんだか地獄みたい。

硫黄泉、鳥の死骸

骨とかした鳥の死骸が死の大地を想像させる。
この辺りには沢山の鳥の死骸があったので有毒なガスが出ているのではないかと思われる。

硫黄泉、バッタの死骸

バッタの死骸。
見渡す限り草一本生えていない死の大地になぜバッタが居たのかとても不思議だった。バッタはイナゴみたいに結構な距離を飛べるのかもしれない。

硫黄泉

硫黄泉
ボコボコいっていてなんだか触りたくもなかった。

硫黄泉

色のついていない水も噴き出している。
色がついていなくとも水はオイリーでヌルヌル。

硫黄泉

この三泊四日のツアーは不思議な場所ばかり行くので見応えがある。
ちなみにこの水はオイルみたいにヌルヌルしいて気持ち悪かったけれどもドライバーの人たちはペットボトルに入れて持ち帰っていた。なんでもかゆみ止めとかに効くとか効かないとか・・・

塩のキャラバン

つづいて訪れたのは塩のキャラバン。

塩のキャラバン

塩を砕いて適切な大きさに整え、ロバとラクダで運ぶそうだ。

塩のキャラバン

けっこう丁寧に同じ大きさに整えていた。この塩の塊がいくらになるのか聞いたところ一個たったの4ブル(約20円)。もしかしたらキロ20円なのかもしれないし、このブロックをひとつ作ると20円分の給料がもらえると言う事なのかもしれない。

塩のキャラバン、過酷な労働

お互い、拙い英語なので詳細はわからないがどちらにせよ大した金額にはならなそうだ。今の時期はいいが夏場は気温50度にもなると言うこの場所での作業は過酷を極る、俺は日本人に生まれて本当にラッキーだったと思った、この現場で作業する根性が無い。

塩のキャラバンのラクダ

ラクダさん、かわいい。
この現場で作業している人たちも大変だろうけれどもラクダさんはマジでいい迷惑だろうなきっと。なんでも200キロもの塩を運ばされるそうだ。ちなみにロバは100キロだそうだ。

塩のキャラバンのラクダ

モロッコ、エジプト、エチオピアとアフリカをまわってきた訳だけれども何処に行ってもラクダの扱いは酷く、かなり過酷な労働を強いられている。

ダナキル砂漠の日差しはかなりキツい。

今の時期はそんなに暑くないけれども日差しはかなりキツい。
かなり過酷な労働現場だった。

このツアーの2日目はダロール火山から硫黄泉、塩のキャラバンで終了。これは何気に午前中でほぼ終了で午後は移動とこの日の宿でゆっくり過ごすだけ。

つづく。

ダナキル砂漠ツアーの記事
今、旅人たちの間で世界一の絶景と注目される『ダナキル砂漠ツアー』| 鏡張りのアサレ塩湖編

まるで別の惑星!この世の果てかと思うほどすごい場所『ダロール火山』| ダナキル砂漠ツアー02

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2017/03/12 エチオピア

関連記事

火口を間近で見られると言うエルタ・アレ火山に行く方は要注意! | ダナキル砂漠ツアー05

火口を間近で見られると言うエルタ・アレ火山に行く方は要注意! | ダナキル砂漠ツアー05

2月1日 ダナキル砂漠ツアー3日目、この日は朝から山を越え、草原を抜け、荒野を走り

記事を読む

ムルシ族 mursi

アルバミンチから車をチャーターしてエチオピア南部の先住民族に会いに行く

写真はムルシ族 2月16日 ゴンダールからアディスアベバ経由でアルバミンチまでや

記事を読む

まるで別の惑星!この世の果てかと思うほどすごい場所『ダロール火山』

まるで別の惑星!この世の果てかと思うほどすごい場所『ダロール火山』| ダナキル砂漠ツアー02

エチオピアにはマジですげー場所がある。 写真を見てもらえばわかるけれども決して大げさに言っ

記事を読む

エチオピアの地図

エチオピアの国内線に安く乗る方法(飛行機)

2月15日 俺たちがエチオピアに入国してから既に半月以上の時間が経っていた。俺たちは空

記事を読む

グダグダになってしまったエジプトの旅、そしてエチオピアへ

グダグダになってしまったエジプトの旅、そしてエチオピアへ

2016年1月29日 エジプトから飛行機に乗ってエチオピアのマカレ空港に辿り着いた。

記事を読む

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

2月19日 朝から車を押しがけし、砂埃にまみれて数時間、ブルジャンプとむち打ちのイベン

記事を読む

アクスムからシュレ経由のバスに乗ってデバルクを目指す | シミエン国立公園

アクスムからシュレ経由のバスに乗ってデバルクを目指す | シミエン国立公園

アクスムからデバルクへの行き方 2月7日 アクスムの観光をさらっと終えた俺たちは

記事を読む

ハマル族

人の悪いところばかりを見て、あら探しをしても何もいい事は無い

ブルジャンプが終わり、ハマル族の村を後にしようとした時に、帰りの足が無い欧米人を乗せてくれな

記事を読む

今、旅人の間で世界一の絶景として注目される場所のひとつ、『エチオピアのダナキル砂漠』初日 | 鏡張りのソルトレイク編(塩湖)アサレ湖

今、旅人たちの間で世界一の絶景と注目される『ダナキル砂漠ツアー』| 鏡張りのアサレ塩湖編

ダナキル砂漠ツアー 最近は日本人の間で世界一の絶景としてボリビアにあるウユニ塩湖上げる

記事を読む

ムルシ族

エチオピアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

エチオピア連邦民主共和国は、モロッコと並びアフリカ大陸でもっとも世界遺産の多い国で、アフリカ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑