トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

公開日: メキシコ

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

12月21日

サンクリストバルの日本人宿『CASA KASA』に行った時、オーナーのタケシさんに、この辺りでオススメの遺跡とかありますか?と聞いた。するとタケシさんは、遺跡マニアが絶賛していたと言う通好みのマヤ遺跡、トニナ遺跡と言うものがありますよと教えてくれた。

トニナ遺跡?聞いた事無いな。ここら辺にあるメジャーなマヤ遺跡は、大体調べたがメキシコのは数えきれないほどの遺跡がある。特に俺の専門はユネスコの世界遺産と超古代文明の香りがする遺跡なので、それ以外の遺跡は基本的に知らない。

俺たちも、かれこれ三ヶ月くらい掛けて中米の遺跡を見て回っているが、本物の遺跡マニアが絶賛するトニナ遺跡と言うものに興味がわいてきた。

トニナ遺跡への行き方

トニナ遺跡への行き方

トニナ遺跡は、サンクリストバルとパレンケの中間にあるオコシンゴと言う町から30分位の場所にあり、一番簡単な行き方は、旅行代理店から出ているツアーに参加する事。料金は日帰りで550ペソ、少し高いが、これに申し込んでしまえば後はオートマチックなのでめちゃくちゃ余裕。

しかし、俺たちは、サンクリストバルの次にパレンケに向かう予定だったので、オコシンゴで一泊して、翌日には、パレンケに抜けたかった。その為、サンクリストバルの長距離バスの停留所のすぐ隣にあるコレクティーボ乗り場(乗り合いバン)からコレクティーボに乗って、自力でオコシンゴを目指す事にした。

サンクリストバル・デ・ラスカサスからオコシンゴまではグネグネに曲がりくねった道を行く事、約2時間半、料金は65ペソ(約400円)。

このオコシンゴのコレクティーボ乗り場で、そのまま乗り換えればパレンケまで約3時間で行くことが出来るが、この先もまた、曲がりくねった山道なので一気にパレンケまで行くのはなかなかハードな道のりだ。

俺たちの目的はトニナ遺跡だったので、安宿の密集しているオコシンゴのセントラルパルケ(町の中心)まで行き、宿を決め、荷物を置いた後に町の東にあるメルカード(市場)から出ているコレクティーボに乗ってトニナ遺跡を目指した。

オコシンゴの町からトニナ遺跡までは約30分、料金は10ペソ(約60円)。

サンクリストバルから日帰りで行く場合、オコシンゴの町に着いてから、東の外れにあるメルカードのコレクティーボ乗り場まで、町を横断する形になるので結構遠い。時間が無い場合は、タクシーでトニナ遺跡に行ってしまった方が楽かもしれない。

詳しくは世界遺産ハンター冒険MAPを参照

ちなみにパレンケからオコシンゴもコレクティーボが頻繁に出ているので、片道3時間くらいで行くことが出来るので日帰りも可能。

オコシンゴの安宿 サン・ホセ

オコシンゴの宿は、ブッキングドットコムでは出てこなかったし、情報も少なかったのでビビっていたけど、主にセントラルパルケ周辺に固まっており、200ペソ〜500ペソくらい。俺たちの泊まったサン・ホセは、一泊200ペソ。ホットシャワーとWi-Fiつき(ロビーのみ)、キッチンは無い。部屋は狭かったけれども、どうせ一泊しかしないし安かったので即決。

詳しくは世界遺産ハンター冒険MAPを参照

トニナ遺跡

トニナ遺跡

なるほど、これは確かに遺跡マニアが最高にカッコいいと言うだけあって、文句無しにカッコいいピラミッドだ。

俺たちが行った時は何かのイベントで、入場料が無料になっていて、代わりに、少しばかりの寄付を求められた。スペイン語だったのなんの募金か良くわからなかったけれども、適当に10ペソくらい入れただけで入場出来たのでラッキーだった。恐らく通常の料金は65ペソ、メキシコの遺跡は大小かかわらず、何処に行っても大体65ペソとなっている。

トニナ遺跡

圧倒的な存在感を誇るトニナ遺跡は、他のマヤ遺跡とは異なり、自然の丘を利用して造られたそうだ。だからこの圧倒的に巨大なピラミッドも全部が石で作られている訳では無く、元々あった丘に石を貼付けるように造られているとの事。

トニナ遺跡

確かに、チョルーラの巨大ピラミッドほどでは無いが、他のピラミッドなどと比べると圧倒的にデカい。ほぼ山、と言うより元々、山だ。

マヤ文字

博物館(MUSEO)に展示されていたマヤ文字。いつ見てもマヤ文字はカッコいい。

トニナ遺跡

博物館。色々な出土品が展示されている。

トニナ遺跡の球技場

まずは、お馴染みの球技場。もうええわって言いたくなるけれども、本当に何処の遺跡に行っても球技場はある。当時の文明にとって、この球技場と言う施設は本当に大切な役割を持っていたのだと言う事が良くわかる。

トニナ遺跡

遺跡は完全に山になっているので登るのも一苦労。でも、天気がよくてとても気持ちがよかった。青空と緑の芝生が遺跡を見事に引き立ててくれる。

トニナ遺跡

トニナ遺跡は、ピラミッドの内部も少しだけ入る事が出来る。

トニナ遺跡のピラミッド内部

ピラミッドの内部。もうこれ、完全にダンジョンだから。

トニナ遺跡のピラミッド内部

このダンジョンはわりかし通路が広いので圧迫感があまり無くて良かった。俺、本当に狭いダンジョンは苦手。閉所恐怖症気味なのかな?

トニナ遺跡

そして、また山(ピラミッド)を登る。このトニナ遺跡、昔はパレンケともガンガン戦争して争っていたくらい強大な文明だったそうだ。ま、そりゃそうだよね、こんなすげー遺跡が残っているのだもの。隣国パレンケとの距離は60〜70kmだから徒歩で2日くらいの距離。

メキシコのサボテン

流石、メキシコと言った感じでサボテンが美しい。

マヤ文明の模様

どーんっと出てきた模様。なんかこの模様、服とかによく使われている気がする。それにしても、本当にこの遺跡はカッコいい。

トニナ遺跡

イチイチ絵になるんだよね。
全くノーマークの遺跡だったけれども、これはマジで掘り出し物!

トニナ遺跡

造形がイチイチかっこいい。このトニナ遺跡の素晴らしい所は、他のマヤ遺跡みたいにあちこちに小さい神殿を何個も造る訳ではなく、どかーんと大きなピラミッドを建てて、ピラミッドの上に何個も神殿を建てていると言う事。これによって一個の巨大なピラミッドが圧倒的な存在感を放っていて、見るものを魅了する。

ま、結局、ヨーロッパで教会巡りをしていた時も感じたのだけれどもデカいは正義なんだよね。建物の巨大さは見るものを圧倒するし、デカいだけで、迫力がある。

トニナ遺跡

結構、登りがキツいけど、標高の高いサンクリストバルに比べると標高が低いから身体が大分楽な気がする。ちなみに標高2100mのサンクリストバルは、平地の3/4しか空気が無いらしい。

トニナ遺跡の石碑

石碑。本物は全部、博物館の中にあるそうだ。これらは全部レプリカ。

トニナ遺跡のピラミッド

青空と遺跡のコントラストが素敵。この巨大なピラミッドも他のマヤ遺跡同様に、何世代にも渡って拡張工事が行われて大きくなっていったそうだ。ま、普通は、いきなりこんな巨大なもん造れないよな。(しかし、ギザの大ピラミッドは一発で造ったくさい。やっぱりエジプトのピラミッドだけは別格)

トニナ遺跡

結構、登ってきた。遺跡の上からの風景は絶景。

トニナ遺跡

ピラミッド自体、上に登れば上に登るほど傾斜がきつくなってきて、足場も靴の半分くらいになってくるので、階段を上がると言う感じではなく、ほとんどよじ登る感じに近くなってくるので、結構大変。

トニナ遺跡

でも、当然、登るでしょ!
絶景、絶景!

トニナ遺跡 ピラミッドの頂上

ピラミッドの頂上は、見晴らしが良くて遠くの山々まで見渡せる。

トニナ遺跡

このピラミッド、見た目はカッコいいし、デカいし、頂上からの風景も良し!
超マイナーな遺跡の癖に超オススメ!

もしかしたら、何気に最近は少しずつ有名になってきているのかも知れない。なんて言っても世界遺産であるカラクムル遺跡よりも観光客が沢山居たからね。

トニナ遺跡、ピラミッドの頂上

トニナ遺跡のピラミッド、頂上。

この遺跡は、本当にガッツりと見応えがあって、メチャクチャかっこいいピラミッドがどかーーんと建っていた。マジでオススメ。

さ、次の遺跡はいよいよ世界遺産にも登録されているパレンケだ。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : メキシコ

関連記事

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

11月26日 見所の多いトゥルムで一番最初に行ったのはもちろん、世界遺産であるシアン・

記事を読む

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

この写真はモンテ=アルバンで発掘されたコウモリ神の仮面。翡翠の破片をモザイク風に寄せ集めて作

記事を読む

メキシコの世界遺産一覧

メキシコの世界遺産、一覧 全34カ所のリスト

中南米で最も世界遺産の多い国、メキシコ。 オルメカ文明、古代マヤ文明、アステカ文明、冒

記事を読む

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これから中米の遺跡を旅する人は絶対によった方がいい博物館、それがメキシコ人類学博物館。ここに

記事を読む

メキシコシティにあるアステカ遺跡『トラテロルコ三文化広場』

メキシコシティにあるアステカ遺跡『トラテロルコ三文化広場』

9月9日 メキシコ人類学博物館で沢山の刺激を受けた俺は、メキシコシティ内にあるアステカ

記事を読む

メキシコ国立人類学博物館 | 先古典期

メキシコ国立人類学博物館 | 先古典期

メキシコの遺跡で発掘された重要な石像や壁画が集まる『メキシコ国立人類学博物館』、そのあまりの

記事を読む

メキシコの治安

メキシコの治安と物価 | 14泊15日の滞在費は6万6千円

2016年8月31日〜9月14日 結論から言うとメキシコの物価はかなり安く、満足度もか

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

12月8日〜9日 俺たちは、メキシコシティから日帰りで行く事も出来る世界遺産『プエブラ

記事を読む

カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

11月24日 カラクムル遺跡を満喫した俺たちはベカンの宿をあとにして、次に向かったのは

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑