セカンドクラスのバスでカンクンへ

公開日: メキシコ

ロサスシエテ

カンクンで泊まったロサスシエテの玄関。バーベキューとか出来ちゃうこう言う空間、俺たちの基地にもこう言うみんなでワイワイ出来るような場所が欲しいな。

セカンドクラスのバスでカンクンへ

2016年12月31日

世界遺産であるマヤ遺跡『チチェンイッツァ』のハントを終えた俺たちは、バヤドリドからメキシコ最後の目的地であるカンクンを目指す。料金はセカンドクラスのバスで113ペソ。

バヤドリドからカンクンまでは、地図上だと大した距離ではないので何も考えずにセカンドクラスのバスを前日に取ってしまったのだがこれが大失敗だった。何せこの日は大晦日だ、バスターミナルは尋常じゃないくらいに混んでいて、9:30発のはずのバスは大幅に送れ、結局、出発出来たのは10:20だった。

セカンドクラスのバスはADOのバスとは違い、指定席ではなく自由席なので並んで席を確保しなければならない。ただでさえ激混みでキツいバスターミナルで並びながら待っているのにバスは一時間遅れ、ようやくバスが来たと思ったらメキシコ人たちにもみくちゃにされながら今までの列は何だったの?状態。

ふざけんなよこのクソ野郎どもがぁ!

俺は横入りとかされるのが好きじゃないからもみくちゃにされた人ごみをかき分けて何とか二人分の席を確保する事に成功した。実は、バスを並んでいる時からこりゃ失敗したとか思って、もうセカンドクラスのバスチケットを捨ててADOの指定席の一等バスで行こうと考えていた。しかし、ADOのバスチケットは既に売り切れており、このまま並んでセカンドクラスのバスで行く事を余儀なくされたのだった。

セカンドクラスのバスが113ペソ(約650円)で、指定席の一等バスが200ペソ(約1100円)で差額はたったの500円くらい。

あぁ、とにかく、えらい苦労をしてようやく席に座ってほっと胸を撫で下ろしたんだ。だけど、このバスには、座席以上の人が沢山乗ってきて、運悪く、杖をついたよぼよぼのじいさんが俺の横に立っている。俺は別にいい人でもないし、基本的に他人の事なんて知ったっちゃないってタイプの人間なのだけれども、さすがに俺の隣でよぼよぼの杖をついたじいさんが立っているのはバツが悪い。

このじいさんの事なんて、正直な話、俺の視界に入らなければどうでもどうでもいいんだけれども、無視出来るほど図太くも無い。俺は、自分のこういう半端なところが好きじゃないのだけれども、そうは言っても仕方が無い。きっと承太郎だったら無視しただろうななんて思いながら席を譲って床に座る事にした。

すっげー並んで、くっそ苦労して座席を確保したのに、自分の半端さに自己嫌悪しながら床に腰を下ろすと、不意に悶々と考えていた事が全てがどうでもよくなって、心がひとつ自由になれた気がした。

ま、床も悪く無ない。

そもそも、金持ってる外国人は、セカンドクラスなんて乗るべきじゃないんだ。俺らは座席指定のあるADOのバスに乗るべきだったんだ。俺たちがセカンドクラスの席に座れば当然、その分、座れないメキシコ人が出て来る。特に年末の混んだ時期に彼らの迷惑になっているのは俺たちの方で、当然、俺たちが床に座るべき。

そう思うと気持ち的にすごくすっきりして気分が良くなったのだけれども、このバス、バカじゃね?って言うくらいに冷房をガンガンに効かせやがる。俺の座っていた通路はまるで冷蔵庫状態。

勘弁してくれよ・・・

って思いながら数時間すごしましたとさ。

ロサスシエテ

このあと、カンクンに着いた俺たちはロサスシエテと言う日本人宿で年越しをした。着いてそうそう、年越バーベキューにも誘ってもらえて久し振りのリトルジャパンを満喫した。この宿は、結構、ダラダラと出来ちゃう沈没宿で、俺たちは8日間も何もせずにダラダラと過ごしてしまった。

頑張るのをやめる | 2017年の目標

これが、カンクンでダラダラしていた時の日記。

カンクンの日本人宿、ロサスシエテのHP
http://www.geocities.jp/cancunrosas7/

そんな訳で、次回からいよいよキューバ編

公開日: : メキシコ

関連記事

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド 12月9日 プエブラに来たからには、せっかくなのでチ

記事を読む

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

12月21日 サンクリストバルの日本人宿『CASA KASA』に行った時、オーナーのタ

記事を読む

メキシコ国立人類学博物館 | 先古典期

メキシコ国立人類学博物館 | 先古典期

メキシコの遺跡で発掘された重要な石像や壁画が集まる『メキシコ国立人類学博物館』、そのあまりの

記事を読む

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

この写真はモンテ=アルバンで発掘されたコウモリ神の仮面。翡翠の破片をモザイク風に寄せ集めて作

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

南米の旅、まずはメキシコ

南米の旅、まずはメキシコ

2016年8月31日 7月の中頃にオセアニアの旅から帰国して早、一ヶ月半。長かった俺た

記事を読む

アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

ここメキシコ国立人類学博物館があるメキシコ・シティで栄えた文明でメキシコ人=アステカ人と言っ

記事を読む

光線銃を持つトゥーラの巨大戦士像 | 超古代文明の謎

12月6日 快適なメキシコシティでダラダラとした日々を過ごしていたが、このまま何処にも

記事を読む

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ | テンプロ・マヨール博物館

2016年9月1日 人口2000万以上!アメリカ大陸最大の都市メキシコシティー。この人口は

記事を読む

まるでSF映画!超かっこいい近未来的な図書館

まるでSF映画!超かっこいい近未来的な図書館 | メキシコ・シティ

2016年9月8日 前日にテオティワカン遺跡に行ってきたのでこの日は、休日にした。旅行

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑