プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

公開日: メキシコ 世界遺産

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

12月8日〜9日

俺たちは、メキシコシティから日帰りで行く事も出来る世界遺産『プエブラ歴史地区』に行くことにした。

出発の前日にグアテマラのペンション田代で一緒だった黒魔術師見習いのアカホリ君と言うぶっ飛んだ奴とメキシコシティーで再会出来た。長く旅をしていると色々と面白いやつに出会うけれども、その中でも彼は特にぶっ飛んでいて黒魔術を勉強している。ヤバいよね!

俺『黒魔術ってさ、極めるとどうなるの?』
アカホリ『えーっと、最高で人を殺せます。』

マジで!?超ヤバいじゃん!

その他にも、彼には面白いネタが沢山あるので名残惜しかったけれども予定通りにプエブラへ行くことにした。

メキシコシティからプエブラへの行き方

プエブラ歴史地区

プエブラへは、色々な行き方があるみたいだけれども、俺たちは、メキシコシティのメトロ駅1号線San Lázaro駅から徒歩すぐの東バスターミナル、通称TAPO(タポ)からADOのバスに乗って行った。

料金はひとり190ペソ(約1000円)と結構お高めで、所要時間は2時間ちょっと。その代わりバスはすこぶる快適だった。

この日は、サンフェルナンド館でお世話になったタナベさんに美味しくて安い日本食に連れてていって欲しいとお願いしていたので、アカホリ君と4人でCOMEと言うお店に連れて行ってもらった。プエブラは近いっしょ!などと、なめていたから出発が遅れてしまい結局、15:40分のバスで行くことになってしまった。

メキシコシティーで食べたアジ丼

でも、アジ丼は激ウマだった。お味噌汁と麦茶が付いて確か90ペソくらいだから激安!
これで、メキシコシティーに思い残す事は無い。

詳しくは世界遺産ハンター冒険MAPを参照

そんな事をしていたのでプエブラに着いたのは18:00。辺りも暗くなってきはじめたし、プエブラは思ったよりも広い町だったので、バスターミナルにあるタクシー乗り場からタクシーで宿に向かう事にした。料金は70ペソ。

俺たちが泊まった宿は旧市街からちょっと外れた場所にあり、タクシーの運転手がこの辺はあまり治安が良くないから夜は出歩かない方が良いと教えてくれた。確かに、安全な雰囲気ではなかったので出歩かない事にした。

プエブラで泊まった宿 Pensión Aguayo

Pensión Aguayo

一泊、415ペソでWi-Fi、ホットシャワーと問題なく使えたけれども立地はイマイチ。昼間は平気そうだが夜は危険。ただ、スタッフの人はとても感じが良い。チョルーラに行く際も、バスターミナルに行く際も、ウーバーを呼んでくれた。タクシー前提で行動する分には問題ない。また、昼間なら旧市街まで歩いて行ける。

プエブラ歴史地区

プエブラ歴史地区

Historic Centre of Puebla
1987年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)

16世紀にスペイン人がメキシコに入植していち早く築いた街で陶器(タラベラ)の町としても有名。正式名称は、プエブラ・デ・サラゴサ(Puebla de Zaragoza)。

中世のヨーロッパ的な街並みが残っているプエブラは、他のメキシコの都市とは違い、何も無い場所にゼロから建てた街でなので、道路は碁盤の目のように計画的に通っている。

プエブラ歴史地区

メキシコシティーからバスで2時間ちょっとなので日帰りで行く事も出来るが、俺たちはプエブラから次なる世界遺産があるオアハカに進みたかったし、せっかくプエブラまで行くのであれば、メキシコで1番大きいと言われるチョルーラの巨大ピラミッドにも行きたかった。でも、話が長くなるのでチョルーラの巨大ピラミッドの記事はまた、後日。

プエブラ歴史地区

プエブラはよく言えば、美しいヨーロッパの綺麗な街並だったが、正直、そう言う街並に沢山見ているので、もうお腹いっぱい。旧市街は治安も良くて安全な雰囲気が漂っているけれども、旧市街以外の治安面はまったく信用出来ない。チョルーラからミニバンで帰って来る時に通った道など、真っ昼間っから、いかにもギャングと言う出立ちの男がウロウロしていて、とてもじゃないが生身で歩けそうも無かった。観光客があんな所をウロウロ歩いていたら一発でカツアゲされちまう。

メキシコに来る前は、メキシコは治安的に怖いと思っていたけれども、実際にメキシコに来てからはそこまで治安が悪いとは思わなかった。だけど、ミニバンから見た風景は、俺がメキシコに来る前に想像していたギャングスターパラダイスそのものだった。

プエブラ歴史地区 Templo de San Francisco

Templo de San Francisco

旧市街だけ歩く分には良いが、俺はプエブラはちょっと治安が悪いと思った。だからあんまり好きじゃない。もし、プエブラに行くならちょっと高くても旧市街に泊まる事をおすすめしたい。

Iglesia de Santo Domingo

Iglesia de Santo Domingo

La Compañia Templo del Espíritu Santo

La Compañia Templo del Espíritu Santo

La Compañia Templo del Espíritu Santo

La Compañia Templo del Espíritu Santo

プエブラ歴史地区 Templo de San Cristóbal

Templo de San Cristóbal

Catedral de Puebla

Catedral de Puebla

プエブラは良くも悪くも、美しいヨーロッパの街並と言った感じ。
個人的にはチョルーラの方が好き。

公開日: : 最終更新日:2016/12/16 メキシコ 世界遺産

関連記事

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区 Historic Centre of Vienna 2001年、世界文

記事を読む

シンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)| 世界遺産

シンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)

6月10日 フィジー最終日 ナンディ23:00発のシンガポール行きの便に乗って、201

記事を読む

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

2016年12月26日〜29日 カンペチェから魔法使いのピラミッドで有名なウシュマル遺

記事を読む

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

タリン、リガ、ヴィルニュス、ワルシャワと世界遺産に登録されているヨーロッパの旧市街をまわり、

記事を読む

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

2016年1月4日 砂漠のオアシス、フィントを後にした俺たちはそのまま世界遺産『アイッ

記事を読む

マカオ歴史市街地区

マカオ歴史市街地区 世界遺産、全30カ所のリスト

マカオ歴史市街地区は約400年掛けて出来た中国文化と西洋文化との融合で、町中至る所に中世の雰

記事を読む

法隆寺地域の仏教建造物

世界最古の木造建築、法隆寺、法起寺 | 奈良の世界遺産『法隆寺地域の仏教建造物』

古都奈良には沢山の世界遺産がある。古都奈良の文化財として登録されている『東大寺(正倉院を含む

記事を読む

ソチカルコの古代遺跡地帯 | メキシコの世界遺産

ソチカルコの古代遺跡地帯 | メキシコの世界遺産

9月10日 メキシコシティ近郊にある世界遺産の中で、古代都市テオティワカンの次に楽しみ

記事を読む

世界遺産、東寺(教王護国寺)

東寺(教王護国寺)| 世界遺産『古都京都の文化財』その5

京都ゆるチャリ倶楽部で自転車を借り、すぐ近くにある西本願寺へ行ったのだが本願寺は18:00ま

記事を読む

キューバの世界遺産一覧

キューバの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

キューバ共和国は、カリブ海の大アンティル諸島に位置するラテンアメリカの共和制国家で、アメリカ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑