グラン・セノーテ(Gran Cenote) | 極上の透明度に差し込む光のカーテン

公開日: メキシコ

グラン・セノーテ(Gran Cenote) | 極上の透明度に差し込む光のカーテン

11月28日

俺たちは泊まっていた宿で自転車を借りて、もっとも美しいセノーテのひとつと言われているグラン・セノーテを目指す事にした。宿からグラン・セノーテまでは片道30分、自転車のレンタルは一日80ペソ。ついでにシュノーケルセットを50ペソで借りられたがセノーテでも借りられると言うので自転車だけ借りて出発した。ちなみにグラン・セノーテでシュノーケルセットを借りると80ペソ掛かるので事前に借りた方が安かった。

トゥルムからグラン・セノーテまでの道のりは、メキシコらしいまっすぐな平坦な道をひたすら走るだけなのでとても気持ちがよかった。トゥルムに泊まっている人には、是非、自転車で行くことをオススメしたい。

グラン・セノーテ(Gran Cenote)

セノーテとはメキシコ、ユカタン半島の石灰岩地帯にある陥没穴に地下水が溜まって出来た泉で、マヤの人々の貴重な水の供給源となっており、マヤの雨神チャクへの生け贄を捧げる場としても使われていた。

グラン・セノーテ(Gran Cenote)Photo by ワールドランナー

中でも抜群の透明度を誇るグラン・セノーテは有名で、泉に差し込む太陽の光がカーテンのように、オーロラのように見えてとにかく美しい。

グラン・セノーテ(Gran Cenote)

グランセノーテの入場料は150ペソ(約850円)と他の遺跡などに比べるとかなり高く、お得意の学生証も使えなかった。しかし、泉の美しさを一目見た瞬間、そんな事はどうでもよくなってしまう程、美しかった。この美しさは、ニュージーランドで行ったブルースプリングと同じくらいの衝撃だった。

信じられないほど青く透通った泉『ブルースプリング(Blue Spring)』

グラン・セノーテ(Gran Cenote)

しかも、こちらの泉は泳げる!(くそ寒い中、ブルースプリングでも一部の欧米人は泳いでいたけど)

グラン・セノーテ(Gran Cenote)

かなり観光地化されているけれども、このグラン・セノーテは雰囲気抜群で、水の綺麗さが半端じゃない。ただ、ひとつだけ難点があって、水が冷たい。(ニュージーランドほどじゃない)

グラン・セノーテ(Gran Cenote)Photo by YUMI ARAMAKI

しかし、一旦、水の中に入ってしまうと、水が冷たいなんて事は忘れてしまうくらいに美しい風景が広がっている。特に、水中に太陽の光が差し込み、光のカーテンのように見える光景は今まで見た水中の風景の中で一番素敵だった。

グラン・セノーテ(Gran Cenote)Photo by ワールドランナー

グラン・セノーテは、水の上から見える風景も最高に美しいが水中の風景はままで見てきたどの水中の風景よりも圧倒的に美しかった。

グラン・セノーテ(Gran Cenote)Photo by YUMI ARAMAKI

俺たちは、GoProを紛失してしまったのでこの極上の風景を撮影する事が出来ず、ワールドランナーと、ユミちゃんが撮った写真を使わせてもらう事にした。

グラン・セノーテ(Gran Cenote)Photo by ワールドランナー

グラン・セノーテには30ペソでロッカーも借りられるし、シャワーもあるし(冷たい)、更衣室もある。入場料が高いだけあって設備は充実しているので安心して楽しむ事が出来る。また、ダイビングが好きな人はダイビングもする事が出来き、トゥルムのダイビングショップで聞いたところ一本US80ドル、120ドル払えば別のセノーテで2本目が潜れるそうだ。

グラン・セノーテはそんなに深くないので潜ろうかと思ったが、水中の洞窟を潜るとの事だったので俺はやめておいた。ただでさえ、狭い所が好きじゃないのにダイビングで洞窟を潜るなんて俺には出来ん・・・

それにグラン・セノーテは、気軽なシュノーケルでも本当に素晴らしくマジで楽しかったので超オススメ。それにしてもトゥルムはマジでヤバい。何処行っても凄すぎるぜ!

グラン・セノーテ(Gran Cenote)

あと、帰り道に緑のヘビを見た。
やっぱメキシコはワイルドだぜ!

トルムで泊まった安宿 Weary Traveler Hostel

トゥルム、いや、カンクン近郊はメキシコの中でも1番物価が高い地域で、当然、安宿も高く、安い場所を探すのに一苦労だった。(超高級リゾートは沢山ある)

Weary Traveler Hostel

俺たちが泊まったのはハイシーズンだったので若干高くて一泊ダブルの部屋で475ペソ、トイレ、シャワー付きで朝食も付いている。ハッピーアワーには無料でお酒も振る舞っており、かなり良い安宿だった。スタッフは皆とても感じが良くて四泊したけれどもすごく良かった。

一点だけ難点を上げるとトイレの流れがすごく悪い。

それ以外は最高だったのでオススメ!

公開日: : 最終更新日:2016/12/15 メキシコ

関連記事

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これから中米の遺跡を旅する人は絶対によった方がいい博物館、それがメキシコ人類学博物館。ここに

記事を読む

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 | メキシコシティ歴史地区

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 | メキシコシティ歴史地区

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 Catedral Metropolitana de

記事を読む

メキシコの治安

メキシコの治安と物価 | 14泊15日の滞在費は6万6千円

2016年8月31日〜9月14日 結論から言うとメキシコの物価はかなり安く、満足度もか

記事を読む

カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

11月24日 カラクムル遺跡を満喫した俺たちはベカンの宿をあとにして、次に向かったのは

記事を読む

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ | テンプロ・マヨール博物館

2016年9月1日 人口2000万以上!アメリカ大陸最大の都市メキシコシティー。この人口は

記事を読む

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

12月12日 俺たちは、オアハカから行けるもうひとつの世界遺産『オアハカ中部渓谷ヤグル

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

モンテ・アルバンへの行き方 12月11日 オアハカのソロカ周辺からモンテ・アルバ

記事を読む

メキシコの世界遺産一覧

メキシコの世界遺産、一覧 全34カ所のリスト

中南米で最も世界遺産の多い国、メキシコ。 オルメカ文明、古代マヤ文明、アステカ文明、冒

記事を読む

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

この写真はモンテ=アルバンで発掘されたコウモリ神の仮面。翡翠の破片をモザイク風に寄せ集めて作

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑