トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

公開日: メキシコ

トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

トゥルム遺跡

トゥルム遺跡は、1200年頃から1542年まで栄えたマヤ文明、最後の都市のひとつでマヤ終焉の地で、スペインの探検隊が発見した時に、セルビアに匹敵する大都市があると言ったそうだ。

トゥルム遺跡への行き方

トゥルムの町からタクシーで、70ペソ。多分、決まった料金っぽくて帰りも70ペソと言われた。または、トゥルムの町にはレンタルサイクルが沢山あり、そんなに遠くないのでレンタルサイクルで行くのも良い。料金は一日80ペソ(約450円)くらい。

トゥルム遺跡の入場料は恐らく65ペソ。(例によって学生証が使えたので俺たちは無料だった)

この遺跡は他のマヤ遺跡に比べるとかなり沢山の欧米人たちが来ていて明らかに、他の遺跡と雰囲気が違う。なぜならばこの遺跡はマヤ遺跡としても有名だがそれ以上に、マヤ遺跡を眺めながら入れる海水浴場として超有名で、ほとんどの客は海水浴目当てだ。

カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

ぶっちゃけ遺跡自体はそんなに大した事無いのだけれども、このカリブ海とマヤ遺跡のコラボレーションはとにかく美しく、他のマヤ遺跡とは全く違った魅力がある。今までに何件ものマヤ遺跡を見てきたが、基本的にマヤ遺跡はジャングルにあり、それはそれで魅力的なのだけれどもこのトゥルム遺跡は別格だった。

セノーテの家

セノーテの家

セノーテの家

セノーテの上に建てられた事からそう呼ばれているらしい。

トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

遺跡自体は今まで見てきたマヤ遺跡の方がすごいけれども、海沿いにあるこの遺跡はなんか新鮮。

トゥルム遺跡

ただ、かなり観光地と言った感じで、テーマパークみたいだった。実際、超観光地だし。

トゥルム遺跡

でも、やっぱりビーチから眺める遺跡は最高で、カリブ海の綺麗さは半端じゃない。マジでカリブ海最高!

トゥルム遺跡のビーチ

今までに色々な海に行ってきたけれども、個人的にはカリブ海が一番好きかもしれない。海のキレイさ、極上のパウダーサンドっぷり、どれを取っても最高のビーチだった。

トゥルム遺跡のイグアナ

あと、イグアナが一杯で、普通に歩いているだけで結構、デカいのがウヨウヨ居る。

トゥルム遺跡

遺跡はテーマパークっぽいけど、ま、メインは海だからOK。

トゥルム遺跡

天気がよくてめちゃくちゃ気持ちよかった。

トゥルム遺跡のメインとなる神殿、カステージョ

最後にトゥルム遺跡のメインとなる神殿、カステージョ。この神殿も、他のマヤ遺跡のように被せ増築されている。

マヤ発祥の地、エル・ミラドールからマヤ最盛期のティカルカラクムルを巡り、ようやく辿り着いたマヤ終焉の地、トゥルム。

トゥルム遺跡

他の遺跡に比べると遺跡としては大した事無いけれども、美しいカリブ海とマヤ遺跡のコラボレーション、極上のビーチ、これは遺跡好きでなくてもマジでオススメできるマヤ遺跡だったので、カンクン近郊に行くならぜひ行ってみて欲しいと思った。

トルムで泊まった安宿 Weary Traveler Hostel

トゥルム、いや、カンクン近郊はメキシコの中でも1番物価が高い地域で、当然、安宿も高く、安い場所を探すのに一苦労だった。(超高級リゾートは沢山ある)

Weary Traveler Hostel

俺たちが泊まったのはハイシーズンだったので若干高くて一泊ダブルの部屋で475ペソ、トイレ、シャワー付きで朝食も付いている。ハッピーアワーには無料でお酒も振る舞っており、かなり良い安宿だった。スタッフは皆とても感じが良くて四泊したけれどもすごく良かった。

一点だけ難点を上げるとトイレの流れがすごく悪い。

それ以外は最高だったのでオススメ!

公開日: : 最終更新日:2016/12/11 メキシコ

関連記事

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 | メキシコシティ歴史地区

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 | メキシコシティ歴史地区

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 Catedral Metropolitana de

記事を読む

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

俺は、サンクリストバル・デ・ラスカサスと言う町が好きだ。 自由な空気が流れ、オシャレな

記事を読む

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

12月12日 俺たちは、オアハカから行けるもうひとつの世界遺産『オアハカ中部渓谷ヤグル

記事を読む

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド 12月9日 プエブラに来たからには、せっかくなのでチ

記事を読む

南米の旅、まずはメキシコ

南米の旅、まずはメキシコ

2016年8月31日 7月の中頃にオセアニアの旅から帰国して早、一ヶ月半。長かった俺た

記事を読む

光線銃を持つトゥーラの巨大戦士像 | 超古代文明の謎

12月6日 快適なメキシコシティでダラダラとした日々を過ごしていたが、このまま何処にも

記事を読む

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

メキシコシティの治安と物価 2016年9月1日 メキシコと日本との時差14時間、

記事を読む

アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

ここメキシコ国立人類学博物館があるメキシコ・シティで栄えた文明でメキシコ人=アステカ人と言っ

記事を読む

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

11月23日 俺たちは前日に、カラクムル遺跡を目指してベリーズからチェトゥマル経由でス

記事を読む

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

12月23日 オコシンゴでトニナ遺跡を見た後、俺たちはユネスコの世界遺産『古代都市パレ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑