ドイツの物価と治安 | 6泊7日の滞在費合計は6万7千円

公開日: ドイツ 旅の費用

ドイツの物価と治安 | 6泊7日の滞在費合計は6万7千円

写真はアレックスとマルガリータと一緒に行ったベルリンの卓球バーにて

2015年11月25日〜12月1日

ポーランドからドイツのベルリンに入った俺たちだったが、この頃のベルリンは雪が降っており、あまりの寒さに挫折して約1週間の滞在でイタリアへ飛行機で逃げた。そりゃそうだ、緯度で言えばベルリンは北海道よりも遥か北に位置する。

北ヨーロッパの冬は、ユニクロのウルトラライトダウンみたいな旅人のテンプレート装備じゃとてもじゃないが乗り切れない。

ドイツの物価(ベルリン)

ドイツと言えば科学力が世界一(シュトロハイム談)で、EUの実質的なリーダー国、つまり先進国で物価も日本以上に高いんじゃないのかと恐れていたが意外に物価は高くない。

ベルリンで6泊7日の総費用が507ユーロ
そのうち、飛行機代が40ユーロなのでベルリンの滞在費は大体、一日平均1万円くらい。

ドイツ(ベルリン)での宿代

アムステル ハウス ホステル(Amstel House Hostel)

6泊で211.68ユーロ
一泊約35ユーロだった。

宿は清潔だし快適なユースホステルって言う感じで物価の高いベルリンなら無難におすすめの出来る宿と言ったところ。

ベルリンでの食費

ドイツのソーセージ

ドイツに来たらまず食べたいと思うのがソーセージ。日本人なら誰でもドイツに行ったらまず、ソーセージが一番最初に思い浮かべるんじゃないかな?でも、ドイツ人の友達アレックスにソーセージが食べたいと言ったら『???』みたいな感じで、ソーセージが食べたいの?みたいに言われた。ドイツ人にとってソーセージは当たり前のようなもので別に誇らしげにドイツのソーセージは世界一ぃぃ〜!!とか思っていないみたい。
値段は忘れちゃったけれども多分1人、5ユーロくらいでマクドナルドなどのファーストフードと同じくらい。

まぁ俺たちはとりあえずドイツでソーセージが食えて満足かな。
ドイツのソーセージもうまかったけれども、俺グランプリでは、オーストリアのウィーンの路上で食べたソーセージが今の所、世界一かな

ドイツ料理

で、アレックス夫妻はソーセージなんかって感じで、ちゃんとしたドイツ料理食べさせてやるって言って別の日にローカルレストランに連れて行ってくれた。うん、こっちの方がソーセージより全然美味しかった。値段は忘れちゃったけれども4人で結構食べて60ユーロくらいだったから安い。

ドイツで作った日本のカレー

何気に金が掛かったのは日本食スーパーを見つけちゃって、ついうっかりコシヒカリとカレーのルーを買っちゃった事。確か、2kgで10ユーロか15ユーロくらいした気がする。日本食スーパーのせいで自炊がかえって高くつくという・・・
でも、久々に日本食が食えたのでよかったかな。

そんなこんなでベルリンじゃ結構食費が掛かった。

ベルリンでの観光費
ベルリンでは特別に観光費はかからなかった。
タダで見て回れる世界遺産が多かったし、世界遺産に登録されている団地とかほんとただの団地だったしね

ホーネッカーとブレジネフが接吻して挨拶するベルリンの壁の中でもっとも有名な絵

俺的な一番の見所はベルリンの壁。(世界遺産じゃない)

ドイツでの移動費
俺たちはベルリン近郊しか移動していないからよくわからないけれどもヨーロッパにはライアンエアーっていう格安のLCCが通っていて俺たちはベルリンからヴェネツィアまでたったの5ユーロっていうキャンペーンチケットをゲット出来た。実際には荷物料で15ユーロづつ取られたから二人で40ユーロ掛かったんだけれどもそれでも激安だよね 笑

片道わずか5ユーロの格安航空券ライアンエアーでベルリンからヴェネツィアまで行った結果

ベルリンの賃貸物件
俺たちはアレックスの家にしか行ってないからベルリンは賃貸がクソ安いとは言い切れないけれども、アレックスたちの住居はちょっと古い建物で中はヨーロッパ的なおしゃれな建物で結構広くて(多分60へーべはある)天井は高いし、ほんと、こんなところに住みたいな〜って憧れちゃうような賃貸で家賃はたったの500だか600ユーロだって。東京だったらマジであれ、月に20万くらいすると思う。

ドイツの治安(ベルリン)

俺たちが見て来た限りでは特別治安が悪いということはないと思う。むしろ、治安は結構いいんじゃないかな?
ただ、今回の2年近い旅の中で唯一スリにあったのもベルリン。スリと言っても被害はマリちゃんのバックパックからオークリーのサングラスをスラれただけだけど。

ドイツで怖いのは通常の治安よりもテロとデモとフーリガン。まぁテロは運が悪いと避けられないけれどもデモなどで暴徒と化すことがしばしばあるから近づかない方がいい。基本的には治安がいいのだろうけれどもあっちの人ってマジで体格がいいからね、ああいうゴツイ奴らが暴徒と化したらマジで北斗の拳の世界になっちゃうからほんと怖い。

俺たちがヨーロッパを旅していた時から結構、ヨーロッパには不穏な空気が流れていたけれどもまだ、ポーランドとかチェコなどはテロの危険があまり感じられなかった。だけれどドイツから南は警備も物々しくなって、テロの脅威に怯えているっていうことがはっきり分かるようになってくる。ニュースを見る限りそれはまだ続いているし、どんどん酷くなって来ている。

こればっかりは気をつけても運が悪いと巻き込まれちゃうからどうしょうもないけれどね。

公開日: : 最終更新日:2017/08/03 ドイツ 旅の費用

関連記事

コロマンデル

オセアニア・東南アジアの旅6カ国、3ヶ月間の旅、総費用は約122万円(内:飛行機代が約36万円)

2016年4月13日 〜 7月7日 総費用合計は 121万8900円 内 : 飛行機

記事を読む

オーストラリアの治安と物価 | レンタカーの旅、25泊26日間の滞在費は約35万3千円、飛行機代が6万4千円

2016年4月13日〜5月8日 1AUD = 84円で計算 もう、1年近くも前

記事を読む

スオメンリンナの要塞群

フィンランドの物価と治安 | 2泊3日の滞在費は約5万円、飛行機代が約3万円

2015年9月24日〜26日 もう今から一年半くらい前になってしまうけれども俺たちはロ

記事を読む

ヴィルニュスの歴史地区

リトアニアの物価と治安 | 7泊8日の滞在費は約3万8500円

2015年10月3日 〜 10月10日 ラトビを抜けた俺たちはリトアニアへとやってきた

記事を読む

キューバの物価と治安 | 10泊11日の滞在費は約7万5千円、飛行機代を含めて約12万5千円

キューバの物価と治安 | 10泊11日の滞在費は約7万5千円、飛行機代を含めて約12万5千円

2017年1月8日〜18日 キューバの物価 1USドル = 114円で計算

記事を読む

十字架の丘

グアテマラの物価と治安 | 63泊64日の滞在費は約37万8千円、飛行機代が二人で約24万円

9月14日〜11月18日(内2泊はホンジュラス) グアテマラの物価 1ケツァール

記事を読む

マナ島

フィジー18泊20日の滞在費は合計23万6千円、総費用は40万5千円

フィジー18泊20日の旅に掛かった費用 2016年5月23日〜6月10日(シンガポール

記事を読む

ラパス

ボリビアの物価と治安 | 10泊11日の総費用は約8万円

2017年2月8日〜18日 1ボリビアーノ = 16円で計算 ボリビアの物価

記事を読む

ブラックヘッド会館

ラトビア(リガ)の物価と治安 | 3泊4日の滞在費は4万1千円(本当はその半分くらい)

2015年9月30日〜10月3日 エストニアからやってきたのはお隣の国、ラトビアの首都

記事を読む

カフラー王のピラミッド

エジプト物価と治安 | 18泊19日の滞在費は9万4000円、飛行機代が6万円

2016年1月11日 〜 29日 1エジプトポンド = 15円で計算 エジプトの物価

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑