ジップライン | ターザンのように山から山へ飛んで行くアクティビティ

公開日: フィリピン

ジップライン

土曜日、相変わらず天気はよくない。この一週間は晴れわたる青空を見ていない。平日は基本的に勉強をしているので雨が降っても涼しくてちょうど良いのだが休みの日はシュノーケリングなどしに海に出かけたいので晴れてほしい。

天気は相変わらずだが雨は降っておらず、前から行きたいと思っていたジップラインにトライする事にした。

ジップライン

ジップラインはポンデロッサと言う場所にあり、ゴルフ場に併設されているアクティビティで、ターザンのように山から山へと張られたワイヤーロープを、ハーネス付きのプーリー(滑車)で飛んで行く事が出来る。

学校と同じ山にあるポンデロッサは、歩いて行く事も出来るが1時間くらいかかるのでアンジェラに頼んで車で連れて行ってもらう事にした。昼食後、誰か一緒にいく?と学校の仲間に聞いてみたのだがみんなの反応はノーリアクション。

超面白そうなのに何故か誰も興味をしめさない。

でも、こんなものは行きたい人だけ行けばいいし、無理して団体行動するような感じの学校ではないのでむしろ居心地が良い。学校の生徒は全部で8人いてみんなあまり出かけない。俺は四週間しかいないので土日はあと1回しか無い。だから毎週末、遊びに出かけたい派。

そんな訳で俺と妻とアンジェラとカトーさんの四人でジップラインをしに行くことになった。

ジップラインの送迎ジープ

アンジェラの車で山を登りポンデロッサに辿り着き受付を済ませるとイカツいフィリピンジープでスタート地点へと向かう。この道は荒れたオフロードで、ボッコボコの地面にゆられながらジャングルを進むアトラクションみたいで面白かった。

デコボコ道をジープで行く

俺の中で勝手にジップラインとは背中から吊るされてドラゴンボールの武空術のように空を飛ぶものだと勝手に勘違いしていたが実際のところは吊るされてターザンのように進むだけ。それでも別に構わない、ならば俺は進撃の巨人ごっこをするまでだ。

ジップライン

立体機動装置を装備したあと、気分はもうすでに調査兵団。緑の濃いジャングルを滑走し木々の上を抜けてリフトオフ!ジップラインで山から山へと飛んで行く。

気分は最高で景色も良く爽快だった。
Dioさま風に言うと

最高に『ハイ!』ってやつだァァァァァァアハハハハハハハハーッ

ただ1つだけ不安な事があった、それはどうやって止まるのかと言う事。大丈夫、行けばわかるさと言うけれど結構なスピードが出ている、止まり方は重要だ。

ジップラインの終わりの頃にライン上にタイヤがある、嫌な予感がすると言うかもうわかっちゃったけれども衝撃に備えるしかない。グハァっ!二個のタイヤで減速させて最後もグハァっ!なかなかの衝撃ですね。

止めてくれたフィリピーノがどうだった?と笑顔で聞いてくる、もちろん俺は笑顔で『最高だったぜ』と答えた。

やっぱり空を飛ぶのは本当に気持ちがいい。
本当は吊るされているだけだけど。

次に妻がやってきたのだが終わり間近で減速してタイヤにぶつかる前に止まってしまった。あれ?俺が早すぎたからスピードが出ないように紐を緩めたのかな?それとも体重の差なのだろうか?

ジップライン

その次にカトーさんが超楽しそうにやってきて、最後にアンジェラがノリノリでやってきた。明らかにみんな俺よりもスピードが出ていない。俺が止まったときは身体が70度近くまで振られたのに。

ジップライン

なぜか俺だけがリヴァイ兵長並みのスピードだった。

ジップラインはプエルトガレラのポンデロッサと言う場所で出来き、料金は一人500ペソ(1400円位)で飛行時間は大体1分くらい。ちょっと短かった気もするけれどめちゃくちゃ楽しかった。

公開日: : フィリピン

関連記事

プエルトガレラの夕日

プエルトガレラでの生活

プエルトガレラの生活はとてもまったりとしていて、毎日夕日を眺めている。昼間はけっこう暑いが夜

記事を読む

台風の後、おぞましい数の虫がやってきた | プエルトガレラ

台風の後、おぞましい数の虫がやってきた | プエルトガレラ

月曜日、フィリピンに台風がやってきた。 大雨が降り、学校は休校となった。俺たちはヒマで

記事を読む

プエルトガレラのヤギ

フィリピンのプエルトガレラで出会った動物達の写真

プエルトガレラで出会った動物達の写真 フィリピンのプエルトガレラでは沢山の動物達が放し

記事を読む

一般的なフィリピン人の収入と生活費

一般的なフィリピン人の収入と生活費

フィリピン来てあっという間に二週間が過ぎてしまった。 留学生活も残すところあとたったの

記事を読む

ビガンから天空都市『バギオ』経由で欧米人バックパッカーに人気の『サガダ』までの道のり

ビガンから天空都市『バギオ』経由で欧米人バックパッカーに人気の『サガダ』までの道のり

7月29日(水) 世界遺産の街ビガンからフィリピンの避暑地として有名なバギオを目指して

記事を読む

ホワイトビーチ空撮

フィリピンの海で拾った石ころを研磨してマクラメに

フィリピンの海で拾った石ころを研磨してマクラメに 7週間のフィリピン留学から帰り、

記事を読む

フィリピン人の生活と家畜と常識

犬食べる?フィリピン人の生活と家畜とペットと常識

アイビー12歳。 彼女は学校から帰ってきたらペットの山羊『ミー』の世話をするのが日課だった

記事を読む

マニラに到着

マニラに到着 | 旅立ち編

旅立ち 朝六時、眠たい目をこすりフラフラしながら起きると窓の外は薄暗く、シトシトと雨が

記事を読む

フィリピンで4週間、マンツーマンで英語の発音を勉強した結果

フィリピンで4週間、マンツーマンで英語の発音を勉強した結果

もう、フィリピンから帰国して大分経つけれども、4週間ほどマンツーマンで英語の発音を特訓してき

記事を読む

フィリピン・コルディリェーラの棚田群 | バナウェにある天国への階段と呼ばれる世界遺産

フィリピン・コルディリェーラの棚田群 | バナウェにある天国への階段と呼ばれる世界遺産

Rice Terraces of the Philippine Cordilleras

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑