クスコ市街 (City of Cuzco) | ペルーの世界遺産

公開日: ペルー 世界遺産

クスコ市街 (City of Cuzco) | ペルーの世界遺産

太陽の帝国インカ

クスコはインカ帝国の首都だった場所で、伝説によると、創造神ビラコチャの息子マンコ・カパックと娘のママ・オクリョがチチカカ湖の「太陽の島」に降り立ち、金の杖タパク・ヤウリを投げると、杖が場所が大地のへそ(クスコ)を示した。マンコ・カパックは、クスコに太陽の神殿コリンカチャを建設し、インカ帝国を創り上げたと言われている。 ※クスコとはケチュア語で「へそ」の意味

こうして西暦1200年頃からスペイン人がやって来る1532年までの約330年間、インカ帝国(正式名称:タワンティン・スウユ)として栄えた。

クスコ市街 (City of Cuzco)

クスコ市街 (City of Cuzco) | ペルーの世界遺産

かつて黄金が輝いていたインカ帝国の首都
1983年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)

クスコ (Cusco;Qusqu) は、アンデス山脈中の標高3,400mにある人口約30万人の大都市で、飛行機でいきなり来ると高山病になる恐れがある。実際、俺たちはキューバからクスコに飛行機で行ったのだがその際に、高山病になってしまい、三日間も寝込むハメになってしまった。

飛行機でマチュピチュのあるクスコに行く方は高山病に注意!

クスコ市街 (City of Cuzco)

インカ帝国の中心だったのはこの神殿、コリンカチャ(太陽の居場所)だが、今は土台だけを残し、スペイン人が建てたサント・ドミンゴ教会が建っている。元々は、黄金で覆われた光り輝く神殿だったそうだがスペイン人たちが全ての黄金をひっぺがして国に持って帰り、神殿を取り壊し、教会を建てた。

大航海時代にスペインに伝わったアンデスの奥地に存在するとされた伝説上の土地、エル・ドラド(黄金郷)とはまさにこのコリンカチャの事だった。一面、黄金が張り巡らされ、金ぴかに輝く太陽神殿とかマジで見てみたかった。

サント・ドミンゴ教会

このスペイン人がコリンカチャの上に建てたサント・ドミンゴ教会や、街は1650年と1950年に起きた巨大な地震で、崩壊してしまったがインカ時代からあるこの強固な石組みはびくともしなかったと言う。

インカの石組み

インカの石組み

12角の石

中でも有名なのがこの12角の石で、複雑な形の石をカミソリの刃一枚通さないほど精密にぴっちりと合わさっているので大きな地震があってもびくともしない言う。

インカの石組み

マジでこの精密具合はヤバい。
インカ帝国と言えばマチュピチュが有名だが、インカ帝国の首都はここクスコで、石組みのクオリティもマチュピチュよりも数段上のレベルで組まれている。

ちなみに、本当に最高に凄いのは、ここから歩いても行ける距離にあるサクサイワマン遺跡の石組みだ。

サクサイワマン (Saksay Waman) | 世界遺産『クスコ市街』に登録されている巨大なインカの石組み

はっきり言ってクスコで一番の見所なので見逃さないようにしたい。

プラザ・デ・アルマス(アルマス広場)

後は、プラザ・デ・アルマス(アルマス広場)の教会なども保存状態がよく、そこら辺の旧市街として世界遺産に登録されている都市よりもスペインらしさが残っていると言われている。

プラザ・デ・アルマス(アルマス広場)

確かに、他の旧市街などよりも綺麗で見応えはあるが、やはりクスコと言えばインカ帝国の遺跡のほうが興味深い。

インカの末裔

インカの血を引く人々。

クスコの街並

スペインっぽいクスコの街並。

クスコの街にあった壁画

クスコの街にあった壁画

クスコのお店

ベビーアルパカの毛を使ったオシャレなアパレルショップなども沢山あって、お土産や買い物もとても魅力的。今まで色々な国をまわってきたけれどもヨーロッパ以外で1番、お土産が欲しくなったのはペルーだ。その次はメキシコかな。

クスコの美術館にあった絵

クスコの美術館にあった絵

クスコの美術館にあった絵

何だか凄くペルーっぽくて素敵だった。

クスコは標高が高いので、観光する際には高山病に十分に注意したい。

クスコで泊まった安宿 ネイティーズ ゲストハ ウス(Naty’s Guest House)

ネイティーズ ゲストハ ウス(Naty’s Guest House)
一泊ツインで76ソル〜 Wi-Fi、ホットシャワー、朝食つき。ホットシャワーの出が良くて快適だったのは高評価。料金は安く無いが立地はコーリカンチャや12角の石のすぐ近くで、クスコのド真ん中。

親切な老夫婦が経営している宿で、最後の日、チェックアウトは朝の10時なのに夜の10時出発のバスだった為にそれまで宿に居ていいよと言ってくれた。本当にありがたかった。

マジでオススメの宿。

公開日: : 最終更新日:2017/02/17 ペルー 世界遺産

関連記事

フィレンツェ歴史地区

イタリアの世界遺産、一覧 全53カ所のリスト

2015年に『パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖

記事を読む

エクアドルの世界遺産、一覧

エクアドルの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

エクアドル共和国は、ダーウィンの進化論で有名なガラパゴス諸島(世界遺産)を有する国で、首都は

記事を読む

アンコールワット

カンボジアの世界遺産アンコールワット

約10年前、タイからカンボジア、ベトナム、ラオスとまわるメコンの旅に出た際にカンボジアのアン

記事を読む

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

11月17日 農村的なバロック様式の建物が並ぶ町、ホラショヴィツェに行ってきた。この町

記事を読む

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

メキシコシティの治安と物価 2016年9月1日 メキシコと日本との時差14時間、

記事を読む

マケドニアの世界遺産 | オフリド地域の自然遺産及び文化遺産

マケドニアの世界遺産 | オフリド地域の自然遺産及び文化遺産

写真は世界遺産に登録されているスヴェーティ・ヨヴァン・カネオ聖堂とオフリド湖 出典:Ele

記事を読む

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

7月28日(火) この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

記事を読む

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

1月16日〜21日 夜行列車に乗ってカイロからルクソールへとやってきた。この町は古代エ

記事を読む

ミャンマーの世界遺産

2014年、ピュー遺跡群がミャンマーで初めての世界遺産に登録

2014年6月、ピュー遺跡群がミャンマーで初めての世界遺産に登録された。ミャンマーは最近、タ

記事を読む

平等院、古都京都の文化財

十円玉の建物や一万円札の鳳凰で有名な平等院 | 世界遺産『古都京都の文化財』その1

最初の二日で奈良の世界遺産『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』をまわり京都奈良の

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑