マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

公開日: モロッコ 世界遺産

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

2016年1月4日〜6日

世界遺産『アイット-ベン-ハドゥの集落』の見学を終えた足でワルザザードに戻り、そのままマラケシュを目指した俺たちは、ゲロバスの試練を乗り越え、4日の夜にはマラケシュに着く事が出来た。

ワルザザード〜マラケシュのバス
所要時間は、約5時間、料金はひとり70+荷物代が10dh、全部で大体1000円位。

マラケシュのフナ広場でオススメの屋台

マラケシュのフナ広場でオススメの屋台

ここはかつて公開処刑場であった『ジャマーア・エル・フナ広場』、ユネスコの無形遺産に登録されている。

今は巨大なフードコートとなっており魚のフライなどを楽しむ事が出来る。バスの長旅でおなかを空かせていた俺たちは早速食事タイム。モロッコの肉料理に飽きてきていたので久し振りに食べる魚はとても美味く、調子に乗って食べまくったら料金はなんと240dh(約3000円)!

畜生!
早速・ボ・ラ・レ・タ・ぜ・・・

こう言うのは旅の基本中の基本なのだが呼び込みが激しいところには行かない方がよい。わかっちゃいるが背に腹は代えられない。それにフナ広場はめちゃくちゃ沢山の屋台が出ているのでマジで迷うし、どれがいいのかさっぱりわからない。

空腹で行くとじっくり選ぶなど無理。なんせ美味そうな物がそこら辺に溢れている。

そこでネットなどで調べた上に、俺たちが食べた中で一番オススメだった屋台を紹介しておく。

マラケシュのフナ広場でオススメの屋台

98番の屋台がマジでオススメ

二人でたったの60dhで腹一杯になった、しかもちゃんと美味しい!
初日の1/4の価格。マジで初日の屋台は高かった・・・

フナ広場

この屋台の売り物の写真撮っていいかと聞いたら中に入って撮れ!と言われてこうなった。モロッコ人はフレンドリーな人が多い。マリちゃんもご機嫌。

ちなみにフナ広場はゲテモノも売っており、カタツムリのスープとかあったけど流石にあれは無理だった。マラケシュで再会したしんしょーハイドはカタツムリを食ったとか言ってて、若いってすごいなと思った。(多分、彼がタフなだけだけど)

マラケシュの旧市街

Media of Marrakesh

クトゥービヤ・モスクのミナレット

写真はクトゥービヤ・モスクのミナレット

マラケシュとはベルベル語で「神の国」を意味する。アトラス山脈山麓の丘陵地帯にあるモロッコ第4の都市で郊外にはオアシスが点在し「南の真珠」と呼ばれてきた。迷路のような路地が入組んだマラケシ旧市街(メディナ)が世界遺産として登録されている。主な見所は『王宮』、『バイーヤ宮殿』、『サード朝の大廟墓群』、『バルアベ陵』、『アグダル庭園』など。

サハラ砂漠から絶景続きで久し振りにやってきた賑やかな街マラケシュはどうにも落ち着かなかった。2日もいたがほぼ観光もする気になれず、街をウロウロしていただけだった。

マラケシュが悪い訳ではないのだけれども、タイミングが悪かったのか、疲れていたのか、ほとんど写真を撮る事も無かった。どうもモロッコの旧市街はやる気が出ない、今思えばもう少し、写真を撮っておけばよかったかなとか、もっと探せば見所はあっただろうなと思うのだが、この時は文化遺産系はちょっと飽きてしまっていた。

しかし、俺たちは限られた日程の中でモロッコの世界遺産をすべてハントすると言う目的があったので次に進まねばならない。モロッコはかなり面白い国だったのでもう少し、長く日程をとれればよかったな。

こして、俺たちはろくに観光もせずマラケシュを後にした。

フナ広場

写真は朝のフナ広場。夜の活気的なイメージが強烈だが朝は祭りの後みたいになっていた。

フナ広場

パノラマのフナ広場

モロッコの世界遺産、一覧 全9カ所のリスト

マラケシュで泊まった安宿 ホテル アデイ(Hotel Aday)

ホテル アデイ(Hotel Aday)

料金は一泊15ユーロ。場所はフナ広場の近くで結構いい場所にあるが部屋が狭い。
料金が料金なので値段相応かもしれない。物価の高いこの辺りでは値段が安いので日本人がよく使っているそうだ。

1日、2日宿泊するにはいいが長く泊まるにはおすすめ出来ない狭さ。

公開日: : 最終更新日:2016/09/16 モロッコ 世界遺産

関連記事

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

バルセロナを代表する建築物と言えばもちろんサグラダ・ファミリアをはじめとする『アントニ・ガウ

記事を読む

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

2016年1月4日 砂漠のオアシス、フィントを後にした俺たちはそのまま世界遺産『アイッ

記事を読む

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 Historic Centre of Kraków 1978年、世界文

記事を読む

2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』の衝撃的な結末

2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』の衝撃的な結末

レンゴン渓谷の考古遺産は2012年に登録されたばかりの新しい世界遺産で、"マレーシア政府観光

記事を読む

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

クルシュー砂州 英名:Curonian Spit 2000年、世界文化遺産に登録

記事を読む

ギリシャの世界遺産一覧

ギリシャの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

地中海文明のルーツの一つであるギリシャはヨーロッパ、アフリカ、アジアの文明の接点に位置し、そ

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

ジャランジャクサ

プランバナン寺院群(インドネシアの世界遺産)| Young Age Vol.33

2001年7月25日 早朝、ジョグジャカルタに着いた俺は、人力車に乗ってウィスマカジャ

記事を読む

モロッコの世界遺産一覧

モロッコの世界遺産、一覧 全9カ所のリスト

モロッコ王国と言えば北アフリカの中で治安も良く、エジプトと並び、旅行者に人気のある国だ。モロ

記事を読む

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) Duomo (S. M

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑