レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観 | チェコの世界遺産

公開日: チェコ 世界遺産

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観 | チェコの世界遺産

レドニツェ、ヴァルティツェへの行き方

11月4日

俺たちはオロモウツから電車に乗ってレドニツェへとやってきた。オロモウツからは電車に乗ってブルジェツラフ駅まで行き、そこから570番のバスでレドニツェに行くことが出来る。オロモウツからブルジェツラフまでの料金はかなり安くてひとり150.5コルナ(約750円)、電車の乗り心地は最高だし時速150kmくらいで進むのですぐにブルジェツラフまで着いた。

ヴァルティツェへのアクセスはブルジェツラフ駅から電車を乗り換えて行くかバス。俺たちは宿の安かったレドニツェを起点にして555番のバスでヴァルティツェへ向かった。

この辺りはあまりバスが出ておらず良くて1時間に一本程度なのであまり便利ではない。バスの料金はブルジェツラフ〜レドニツェがひとり20コルナでレドニツェ〜ヴァルティツェはひとり16コルナ。所要時間はどちらも大体20分程度。

世界遺産である『レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観』はレドニツェからヴァルティツェ近辺に点在しておりバスと徒歩で全部まわるのはかなりキツい。ヴァルティツェでレンタルサイクルが借りられるのでレンタルサイクルでまわるのがオススメ。

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観

Lednice – Valtice Cultural Landscape
1996年、世界文化遺産に登録

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観

南モラヴィア州にあるレドニツェとヴァルティツェには17~20世紀、リヒテンシュタイン公爵家によって造られた城郭、庭園、聖堂、礼拝堂などの建造物がある。レドニツェ宮(レドニツェ城)とヴァルティツェ城の周辺に『ディアナ寺院(ランデヴー)』、『聖フベルトゥス礼拝堂』、『聖マリア教区教会』、『境界の家』、『三女神の寺院』、『アポロ寺院』、『ヨハン城』、『境界の家』、『ミナレット』などがある。

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観

この中で一番の見所は何と言ってもレドニツェにあるネオゴシック様式のレドニツェ城。なんでも壁の色をこまめに塗り替えているらしくとても奇麗で遠目にはまだ新しいのでは?とすら感じさせる。あとファイナルファンタジーっぽくて良い。

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観

俺たちは一番最初に来てしまったが『レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観』での一番の見所はレドニツェ城だった。ちなみに今はシーズンオフのため中には入れない。と言うかチェコにある殆どのお城などはシーズンオフなので入れない、チェコに来るならオンシーズンの夏がオススメ。

アクセスはレドニツェのバス停からすぐ。

レドニチェのサンセット

レドニツェ城を見た後は夕暮れのとても美しい庭園を抜け、奥にあるミナレットを目指す。

レドニチェのサンセット

サンセットが庭園を金色に染め、そのあまりの美しさにレドニツェ城もミナレットもどうでも良くなってしまう。人間の造ったものなど自然の美しさには遠く及ばない。

とは言え、この庭園も人が造ったもの。

レドニチェのミナレット

夕暮れのミナレット。
ムーリッシュ・リヴァイヴァル様式(Moorish Revival)の高さ62mの塔で1804年に完成した。この塔は展望台等として使われているが現在はオフシーズンの為、登る事は出来ず。この塔はちょっと登ってみたかったので残念。

何気にレドニツェ城からこの塔まではけっこう遠く、いって帰ってくるのに徒歩で1時間以上かかる。しかし、このサンセットが見られたので全てOK。レドニツェ城のサンセットは本当に素晴らしかった。

ヴァルチツェ

11月5日

翌日、朝から555番のバスに乗ってヴァルティツェへ向かうがすごい霧だった。霧の中でうごめくおじいさんやおばあさんが遠くから見るとゾンビにしか見えない。もはやバイオハザードの世界観。

霧の濃いヴァルティツェ

ヴァルティツェ(ヴァルチツェ)で世界遺産の位置を示す看板を発見したが大雑把すぎて全然場所がわからない。霧が濃くて肉眼では50m先も見えない中で全然わからない道を進んでみるが挫折しそう。

世界遺産が分布し過ぎており、とてもじゃないが徒歩でまわるのはキツいと判断してレンタルサイクル屋さんを探す。英語のあまり通じない街の人にレンタルサイクル屋さんの場所を尋ねながらなんとかレンタルサイクル屋さんを発見。

旅の基本はドラクエと一緒、町に着いたら人々に話しかけ、ミッション(レンタルサイクル屋さん)を遂行し、謎を解き(チェコ語なので何行ってるのかさっぱりわからない)、新しい装備を手に入れる(自転車)。

最近はインターネットとGoogleのおかげで忘れかけていたけれども旅の基本をヴァルティツェが思い出させてくれた。

ヴァルティツェのレンタルバイク

俺たちが借りたマウンテンバイクよりのクロスバイク。フロントのサスがよく効いて山道でも快適だった。料金は思ったより高くて一日、250コルナ。4時間位しか使用しなかったが二台借りたので500コルナ(2500円)も掛かってしまった。ちなみに俺たちが泊まっていたレドニチェの宿も一泊500コルナ。

ヴァルティツェ城

ヴァルチツェで一番の見所と言えばバロック様式のヴァルチツェ城。濃い霧のために敵のボスが住んでいそうなお城に見えるが、なかなか見応えがあり、奥にある庭園も素晴らしかった。

聖マリア教区教会

ヴァルチツェ城のすぐ隣にある聖マリア教区教会。この頃にはだいぶ霧がはれ、青い空が見えてきた。

ヴァルティツェの地図

ざっくりしすぎた地図で場所が良くわからなかったがヴァルチツェ城の近くになるKOLONADAと言うところを目指す。

ヴァルティツェの美しい風景

とても気持ちのよい道で畑が何処までも広がっていた。なだらかな坂道をのぼって行ったのだがいっこうにお目当てのKOLONADAは見つからず、ヒルクライムのせいで太ももの筋肉はパンパンになってしまった。このまま進んで行くと国境を越えてしまいそうだったのでKOLONADAはあきらめて引き返す事に・・・

でも後悔は無い、とても素晴らしい道を自転車で走れたのだからむしろ最高のサイクリングだった。

ヴァルティツェの世界遺産

次に向かったのが寂れた場所にぽつんと立っていたBELVEDER。

ヴァルティツェの紅葉

建物自体は大した事無かったけれども行くまでの道の紅葉がうつくしかった。

ヴァルティツェのランデヴー

そして最後に向かったのが重厚な造りで迫力のあったランデヴー。建物自体も良かったのだが何よりもここに来るまでの道のりが素晴らしく、山道をマウンテンバイクでサイクリング。

ヴァルティツェのサンセット

そしてこの日のハイライトは帰り道のこのサンセット。
本当はもっと自転車でまわりたかったのだけれどもどうやら時間切れのようだ。最近は17時には日が沈んでしまうしレドニチェへ向かう最終バスが17:11だったので名残惜しいが自転車を返しに行く事にした。

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観は全然まわりきれなかったけれどもサイクリングとサンセットはマジで最高だった。最近は普通の観光ばかりだったけれども久し振りにアクティブな観光を楽しめたのでとても満足だった。

チェコの世界遺産、一覧

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 チェコ 世界遺産

関連記事

カザフスタンの世界遺産、一覧

カザフスタンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

カザフスタン共和国の首都はアスタナで、最大都市はアルマトイ。公用語はカザフ語とロシア語だがロ

記事を読む

コパンのマヤ遺跡 | ホンジュラスの世界遺産

コパンのマヤ遺跡 | ホンジュラスの世界遺産

Maya Site of Copan 朝、目覚めると相当な疲れが身体に残っている、どう

記事を読む

イラクの世界遺産、一覧

イラクの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

イラク共和国は2003年にフセイン政権が崩壊して以来、混沌としており現在も内戦中でとても旅行

記事を読む

コロンビアの世界遺産、一覧

コロンビアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

コロンビア共和国の首都はボゴタで、公用語はスペイン語。現地の白人であれば英語も通じる事が多い

記事を読む

マラウイの世界遺産、一覧

マラウイの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

マラウイ共和国の首都はリロングウェで公用語は、チェワ語と英語。宗教は国民の約8割がキリスト教

記事を読む

フィンランドの世界遺産、一覧

フィンランドの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

フィンランド共和国は西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接している北欧の名所。首

記事を読む

二荒山神社本殿

二荒山神社の見所 | 世界遺産『日光の社寺』

写真は世界遺産、二荒山神社本殿。 古くから霊峰二荒山(ふたらさん・男体山)を神の鎮まり

記事を読む

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 Historic Centre of Oax

記事を読む

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 Historic Centre of Telč 1992年、世界文化遺

記事を読む

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 | ボリビアの世界遺産

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 | ボリビアの世界遺産とオーパーツの謎

2017年2月12日 プーノからコパカバーナ経由でボリビアの首都ラパスに入ったのだがボ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑