世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

公開日: イタリア 世界遺産

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

12月4日
ヴェネツィアから電車で約1時間で行ける世界最古の植物園、パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)に行ってきた。やっぱり世界最古とか言われると興味が出てしまうよね。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

Botanical Garden (Orto Botanico), Padua
1997年、世界文化遺産に登録

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』

ヴェネツィアの西約30km、ヴェネト州にある街パドヴァにある1545年に造られた世界最古の植物園で、植物学者フェデリコ・ボナフェーデが構想し、建築家のアンドレア・モロニが設計した。

アクセスはヴェネツィアからトレニタリア社列車で約1時間、フィレンツェから約1時間半。
入場料はひとり10ユーロ。

入場料が地味に痛い。最近の俺たちは基本的に入場料が掛かるところには入らない事にしている。せっかく来たのだから1000円、2000円ケチっても仕方ないじゃないかと思う人もいると思うけれども俺たちの場合、これが毎日な訳で一回10ユーロの場所に100回入ったら二人で26万円だ。
10回でも2万6千円で、だいたい半月くらいで10カ所まわってしまう。

そうは言ってもパドヴァの植物園のようにわざわざ遠くから来て、中に入らないと何も見られないような場所は問答無用で入るしかない。イタリアは観光名所が多すぎてマジで金銭的にキツいが仕方が無い。

バジリカ・デル・サント

パドゥバからバスで『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』の近くまで行くといきなり現れたのがこの教会。

バジリカ・デル・サント
パドヴァでは植物園しかチェックしいなかったけれどもいきなりこんな凄い教会が現れるのがイタリアの凄いところ。せっかくなので軽くバジリカ・デル・サントを見学してからパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)へ向かった。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

うまそうな柿。ちなみにヨーロッパのスーパーなどでも柿は売っており『KAKI』と言うそのまんまの名称。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

1585年に植えられたヤシの木。この植物園、最古の植物だそうだ。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

この植物園では、ヨーロッパで最初にヒマワリの花を開花させることに成功したそうだ。今の時期のひまわりはこの有様だけど、これはこれでカッコいい。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ) パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

植物園なので植物だらけだが今は冬なのであまり良い時期では無さそうだ。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

見学客は俺たちの他に誰もおらず閑散としていたが、逆に貸し切り状態なので贅沢な空間だった。

サンタ・ジュスティーナ修道院

サンタ・ジュスティーナ修道院
植物園の裏にあった教会で先ほど見たバジリカ・デル・サントかと思っていたが地図を見るとどうやら別の教会だと言う事が判明。こんな近距離にこんな厳つい教会が2つもあるのがイタリアと言う事か・・・

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

温室の中は暖かくて、アジアが懐かしくなってくる。早く暖かい国に行きたいものだ。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

熱帯雨林に行きたくなってきた。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

植物園の壁がまたオシャレでイタリアのクオリティの高さを感じさせる。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

本当にいちいちオシャレでセンスがいいんだよなぁこの国は。

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

サボテン

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

サボテン

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

昆虫の模型
やけにデカかった。

パドヴァは植物園だけかと思っていたけれども何気に教会や旧市街っぽい街並も楽しくてとても見所のある街だった。しかし、イタリアにはこのような街がゴロゴロとあり、とてもじゃないけれども全部見てまわる事は出来ない。世界で一番、世界遺産の多い国イタリア、半端じゃないぜ!

イタリアの世界遺産、一覧

公開日: : 最終更新日:2015/12/27 イタリア 世界遺産

関連記事

スロバキアの世界遺産、一覧

スロバキアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

スロバキア共和国は、第一次世界大戦後、オーストリア・ハンガリー帝国からチェコスロバキアとして

記事を読む

映画ロード・オブ・ザ・リングのロケ地にもなった世界遺産『トンガリロ国立公園』

映画ロード・オブ・ザ・リングのロケ地にもなった世界遺産『トンガリロ国立公園』

2016年5月14日 世界遺産ハンター的にはニュージーランド観光のメインともなる世界遺

記事を読む

ヨルダンの世界遺産、一覧

ヨルダンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ヨルダン・ハシェミット王国の世界遺産は全部で4件、中でもペトラ遺跡は西アジア三大遺跡のひとつ

記事を読む

ワルシャワ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区 英名:Historic Centre of Warsaw 1980年

記事を読む

タジキスタンの世界遺産、一覧

タジキスタンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

出典:Irene2005 タジキスタン共和国の首都はドゥシャンベで公用語はペルシア語の

記事を読む

トルコの世界遺産 一覧

トルコの世界遺産、一覧 全13カ所のリスト

2014年、『ブルサとジュマルクズク:オスマン帝国発祥の地』と『ペルガモンとその重層的な文化

記事を読む

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 Kalw

記事を読む

タンザニアの世界遺産、一覧

タンザニアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

タンザニア連合共和国は、アフリカでも有数の大自然に恵まれ、スワヒリ語を公用語とし、アフリカ在

記事を読む

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区 | オーストリアの世界遺産

ウィーン歴史地区 Historic Centre of Vienna 2001年、世界文

記事を読む

アルメニアの世界遺産、一覧

アルメニアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

アルメニア共和国は1991年にソビエト連邦から独立した小さな国でトルコの西、イランの北に位置

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑