サウジアラビアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

公開日: 世界遺産

サウジアラビアの世界遺産、一覧

サウジアラビア王国は世界一の原油埋蔵量を持つ国で、独裁国家。しかし、王様が超お金持ちで税金も無く、公的な機関、病院や学校なども無料と言う太っ腹ぶりで国民の生活は安定している。また、関税も無い為にブランド品、貴金属などもかなり安い為にショッピング行くのも良いかもしれない。当然、ガソリンも安い。ただし、2014年に登録された新しい世界遺産『ジェッダ歴史地区:メッカへの玄関口』へはイスラム教徒以外、行く事が出来ない。

首都はリヤドで公用語はアラビア語、宗教はイスラム教で国民が他の宗教を信仰することは禁じられている。

世界文化遺産

アル-ヒジュル古代遺跡(マダイン・サーレハ)

英名:Al-Hijr Archaeological Site (Madâin Sâlih)
装飾の施された墓石群
2008年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)

紀元前1世紀から紀元1世紀頃の装飾の施された墓石群が特徴的で、ナバテア人の考古遺跡としては、ヨルダンのペトラ遺跡に次ぐ規模となっている。マダイン・サーレハは、サムード人やナバテア人が住んでいた古代都市。アル-ヒジュルとは「岩だらけの場所」と言う意味。

ディルイーヤのトライフ

英名:At-Turaif District in ad-Dir’iyah
第一次サウード王国時代の都市遺跡
2010年、世界文化遺産に登録 / (iv)(v)(vi)

ディルイーヤは、首都リヤド郊外に位置する都市で1744年〜1818年には第一次サウード王国の首都だった。トライフ(ツライフ)地区には第一次サウード王国時代の都市遺跡が多く残っておりユネスコの世界遺産に登録されている。主な建造物は『サルワ宮殿』、『サアド・ビン・サウード宮殿』、『迎賓館とツライフ浴場』、『イマーム・モハンマド・ビン・サウード・モスク』など。

ジェッダ歴史地区:メッカへの玄関口

英名:Historic Jeddah, the Gate to Makkah
中東有数の世界都市でイスラム教の聖地(メッカ)
2014年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)(vi)

ジッダはマッカ州(メッカ州)にある中東有数の世界都市でジェッダとも呼ばれている。イスラム教の聖地(メッカ)で巡礼者の中継地点として栄えた。2014年に登録されたばかりの新しい世界遺産。しかし、イスラム教徒以外立ち入る事が出来ないのでどうしても行きたければイスラム教に改宗するしか無い。

公開日: : 世界遺産

関連記事

仁和寺、宿泊出来る世界遺産

宿泊出来る世界遺産『仁和寺』 | 世界遺産『古都京都の文化財』その10

京都・奈良の旅、最後の宿は宿泊出来る世界遺産『仁和寺』。今回の旅行で一番楽しみにしている宿泊

記事を読む

ジャランジャクサ

プランバナン寺院群(インドネシアの世界遺産)| Young Age Vol.33

2001年7月25日 早朝、ジョグジャカルタに着いた俺は、人力車に乗ってウィスマカジャ

記事を読む

海岸寺院

世界遺産の町、マハーバリプラムの海岸寺院

南インドで最初の石造寺院と言われる海岸寺院 8世紀になるとインドの建築様式が石窟寺院か

記事を読む

ハイチの世界遺産

ハイチの世界遺産

ハイチ共和国は1804年にラテンアメリカで初の独立をとげ、世界初の黒人による共和制国家を誕生

記事を読む

リトミシュル城 | チェコの世界遺産

リトミシュル城 | チェコの世界遺産

11月10日 オーストリアからチェコのブルノに戻った俺たちはブルノを起点に3つの世界遺

記事を読む

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

グアテマラ東端部、イサバル県のモタグア川中流域にある古典期に繁栄したマヤ遺跡、キリグア(Qu

記事を読む

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | ジョージタウン編

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | ジョージタウン編

6月17〜18日 2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』で、衝撃的な

記事を読む

パオアイのサン・オウガスチン教会の正面

フィリピンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

2014年、6月に『ハミギタン山岳地域野生動物保護区』が世界遺産として登録。 フィリピ

記事を読む

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

サンサンと降り注ぐ太陽の光がベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場を強烈に照らし、なんとも神々し

記事を読む

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 Historic Centre of Kraków 1978年、世界文

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑