オマーンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

公開日: 世界遺産

オマーンの世界遺産、一覧

オマーン国はアラビア半島の東端にあり西にサウジアラビア、南西にイエメンと隣接する。首都はマスカットで公用語はアラビア語、宗教はイスラム教(主にイバード派)。通貨はオマーン・リヤルで物価は比較的安いのだがほとんど安宿が無いので宿泊費がかさむ。

世界文化遺産

バハラ城塞

英名:Bahla Fort
オアシス都市を防備する為に建設されたバハラ城塞
1987年、世界文化遺産に登録 / (iv)

バハラ城塞は、アフダル山の麓にある四つの歴史的城塞の一つで、オアシス都市を防備する為に13世紀〜14世紀にかけて建設された。近隣にはイズキ(Izki)、ニズワ(Nizwa)、ルスタク(Rustaq)の城塞がある。また、この町は陶磁器でも知られている。

バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群

英名:Archaeological Sites of Bat Al-Khutm and Al-Ayn
青銅器時代、マガン国の集落跡
1988年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)
ソハール近郊のバット、アル-フトゥム、アル-アインに点在するマガン国の古代遺跡群で、かつてはメソポタミアとの交易で栄えた。

フランキンセンスの国土

英名:Land of Frankincense
オマーン特産の高価な香料
2000年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)

フランキンセンスの国土は、アラビア半島南部に自生する樹木から高価な香料(乳香)が作られる事から古代より貴重で聖なる物とされ、乳香交易で栄えた事から「乳香の道」とも言う。クレオパトラやシバの女王も愛用したと言う。

アフラージュ、オマーンの灌漑システム

英名:Aflaj Irrigation System of Oman
オマーンの地下水路を利用する灌漑システム
2006年、世界文化遺産に登録 / (v)

アフラージュ(aflaj)とは、地下水路を利用する灌漑システム、ファラジ(falaj)の複数形でオマーン国内には3000以上のファラジが存在する。そのうちの重要な5つであるオマーン最大級のファラジ『ファラジ・アル=マルキ』、最古級のファラジ『ファラジ・ダリス』と『ファラジ・アル・カトメーン』、『ファラジ・アル=ムヤッサール』、『ファラジ・アル=ジェーラ』が世界遺産に登録されている。

アラビアオリックスの保護区 登録削除が削除された自然遺産

1994年に自然遺産として世界遺産に登録されたオマーンの中央部にある自然保護区で、野生種が絶滅したアラビアオリックスを野生に近い状態で保護・育成する保護区だったが環境の悪化した為に2007年に世界遺産リストから抹消された。

公開日: : 世界遺産

関連記事

京都の世界遺産『古都京都の文化財』一覧、全17カ所のリスト

古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市) 1994年、世界文化遺産に登録 京都は7

記事を読む

ニカラグアの世界遺産、一覧

ニカラグアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ニカラグア共和国は中央アメリカ中部にある国で首都はマナグア。公用語はスペイン語で通貨はコルド

記事を読む

マラウイの世界遺産、一覧

マラウイの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

マラウイ共和国の首都はリロングウェで公用語は、チェワ語と英語。宗教は国民の約8割がキリスト教

記事を読む

スフィンクス

エジプトの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

エジプトと言えば何と言ってもピラミッド。世界遺産条約が作られるきっかけとなった物件『アブ・シ

記事を読む

ベラルーシの世界遺産、一覧

ベラルーシの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ベラルーシ共和国と言えば現在のウクライナとの国境付近にあり1986年のチェルノブイリ原発の事

記事を読む

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観 | チェコの世界遺産

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観 | チェコの世界遺産

レドニツェ、ヴァルティツェへの行き方 11月4日 俺たちはオロモウツから電車に乗

記事を読む

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

11月6日から11月9日にかけてチェコのレドニチェからオーストリアのウィーンまで小旅行に出か

記事を読む

セーシェルの世界遺産、一覧

セーシェルの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

セーシェル共和国は、インド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国。首都はヴ

記事を読む

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

タリン、リガ、ヴィルニュス、ワルシャワと世界遺産に登録されているヨーロッパの旧市街をまわり、

記事を読む

海岸寺院

世界遺産の町、マハーバリプラムの海岸寺院

南インドで最初の石造寺院と言われる海岸寺院 8世紀になるとインドの建築様式が石窟寺院か

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑