世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

アルジュナの苦行

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行

この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300年以上の時がたち、やがて主題が忘れ去られ、今ではインド最大の叙事詩『マハーバーラタ』のなかの「アルジュナの苦行」、または「ガンガーの降下」の場面を描いたと言われている。

「アルジュナの苦行」はパーンドゥ家の王子アルジュナはシヴァ神の加護を得るべく、構図の中央で神話上の神々や動物たちに取り巻かれながら、一本足で立ちつづける苦行をしているというもの。

ガンガーの降下

ガンガーの降下

別名、ガンガーの降下とも呼ばれガンガーがこの世に降りてきた物語を幅29m、高さ13mの大岩に彫ってレリーフにしたと言われている。
ヒンドゥ神話で中央の亀裂が天界から地上に落下するガンガー(ガンジス河)に見立てられ、シヴァ神の心を動かして河水を落下させた苦行者バギーラタを描いているというもの。

等身大のゾウのレリーフ

このゾウのレリーフは実物のゾウと同じサイズで彫られている。これらの彫刻はとにかくでかくて迫力があるので見応え十分な世界遺産だった。

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

アルジュナの苦行はとにかく大きい岩でパンチャパーンダパ・マンダパ窟と繋がっており石造寺院の先にレリーフが描かれている。
当時のインド人はスケールが大きくの岩を掘って寺院を作りその先には巨大なレリーフと言う巨大な建造物を一つの岩を削りながら作り上げていた。

未完成のレリーフ

石窟を中心とする古代から石造を主とする中世への建築史上の転換

マハーバリプラムは6世紀以降、パッラヴァ朝における東西貿易の一大拠点として栄え、町には数多くのヒンドゥー教寺院が建立された。
7世紀から8世紀にかけてマハーバリプラムの建造物群は、石窟を中心とする古代の建築から石造を中心とする中世の建築へと転換した事により、沢山の石窟寺院やレリーフが未完成のままに残されていると考えられている。この建造物群は、石窟寺院、石彫寺院、石造寺院へと時代と共に建築技術が転換して行った事を示し、マハーバリプラムが南インドのヒンドゥー建築を主導していたと示す重要な資料となっている。

遺跡周辺でくつろぐインド人

アルジュナの苦行はクリシュナのバターボールがある公園内にあり、遺跡周辺にいるインド人達もくつろいでいて雰囲気がとても良く観光しやすい場所になっている。

世界遺産の町、マハーバリプラムは見所満載で物価も安く過ごしやすい町なのでバックパッカーにも人気のある、超おすすめスポット。

世界遺産マハーバリプラムの記事一覧

インド旅行記の記事一覧

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 インド 世界遺産

関連記事

チェスキー・クルムロフ歴史地区 | チェコの世界遺産

チェスキー・クルムロフ歴史地区 | チェコの世界遺産

11月16日 俺たちはチェコでもっとも有名な観光地のひとつ世界遺産『チェスキー・クルム

記事を読む

アルジェリアの世界遺産、一覧

アルジェリアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

アルジェリア民主人民共和国はアフリカ世界、地中海世界、アラブ世界の一員でアフリカ大陸で最も領

記事を読む

南アフリカの世界遺産、一覧

南アフリカの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

南アフリカ共和国は、アフリカ大陸最南端にあり、1994年までアパルトヘイトがおこなわれていた

記事を読む

インドのキングコブラ

インドで出会った動物たちの写真 | インド旅行記15

念願のキングコブラマスターに会う インドと言えば少年の頃よりピーヒョロロ、ピーヒョロロと笛

記事を読む

ウガンダの世界遺産、一覧

ウガンダの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ウガンダ共和国の首都はカンパラで、公用語は英語、スワヒリ語。通貨はウガンダ・シリング (UG

記事を読む

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群 | ロシアの世界遺産

セルギエフ・ポサードはモスクワから鈍行列車で約1時間30分。モスクワからの日帰り観光も出来る

記事を読む

マチュ・ピチュ(machu picchu)

マチュ・ピチュ(machu picchu)| ペルーの世界遺産

2017年1月30日 俺たちは約1週間にわたる聖なる谷の旅の末に、ペルーを代表する世界

記事を読む

パラグアイの世界遺産

パラグアイの世界遺産

パラグアイ共和国の首都はアスンシオンで、公用語はスペイン語、グアラニー語。宗教の選択は自由だ

記事を読む

イスラエルの世界遺産、一覧

イスラエルの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

イスラエル国は、北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接し、アラブ諸国との

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

  1. misapon より:

    世界遺産ハンターさんが、世界遺産ハントの道中で出会った愉快な人々や、面白エピソードなどを盛り込んでくれることを期待します!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑